文句を言う子には、どういう対処が必要か??

練習中・試合中にうまくいかなかった時、子ども達の口から出てくる文句。

チームスポーツなのに、チームの雰囲気を乱すような言動には、

意識的に注意を払うようにしている。

誰もミスしたくてミスしているわけじゃない。

うまくなりたいと思って練習に取り組んでるはずだし、

勝ちたいと思って試合をしてる。

一生懸命やってる姿には、少なからず前進があるはずだ。

なので、文句を言う。人のせいにする。

そんな言動は、その場ですぐに対処する。

すぐに対処しないと、それがどんなに無意味な事か、

どれだけいけない事なのかを気付かせる事ができない。

すぐに対処してこそ、子ども達に大きな気付きと学ぶ機会を与えれると思っている。

文句を言う理由

これは、その子中で、勝手に順位付けをしてしまっているから。

大体、文句を言うような子は、

自分よりサッカーができないと思ってる子に対して、やたらと厳しい。

そして、自分より力があると思ってる子には何も言えない。

しっかりと自分の中で、勝手な順位付けをしている証拠だ。

この原因は、少なからずとも、指導者にもある。

チームの中で、王様を作ってしまう

フラットな目で評価できない

それが、子ども達に見えてしまえば、子ども達も勝手に順位付けをするわけだ。

ただし、

矛盾するようだけど、指導者は順位付けをしなくてはいけない。

順位付けと言うと誤解を招きそうだが、それぞれのレベルを把握して、

個々に対して適切なアクションを起こさなければいけない。

この順位付けは、前者の順位付けとは全く異なる。

チャンスは平等、基準をはっきりさせた上での順位付けになるから、

ひいき目の要素は全くない。

子ども達が勝手に順位付けしないよう、フラットな目で評価することが必要だ。

文句を言う子への対処の仕方

子どもだから間違いを犯すのは当たり前。

冷静になれない事もあるのも当たり前。

それを分かってないと、こちらも冷静に対処する事はできないし、

感情で怒ってしまえば、文句じゃないにしても、

考える力を育てるわけじゃないから、別の間違いを犯すだけ。

だが、まずは、

「絶対にダメという態度を本気の目をして伝える」

ここの本気度で、良い・悪いのライン設定ができるんじゃないだろうか。

やはり、経験上、だいたいで怒っても本人達には全く伝わらない。

その後にしっかりフォローできればオッケーだ。

このフォローは、自分でする事もあるし、コーチに頼む事もある。

基本は、自分でやるんだが、状況だったり、その個人を見て、

コーチの方がいいと思ったら、

⚪⚪が⚪⚪だったから、フォローしといて

と頼むようにしている。

逆に、気付いてフォローする時もある。

色んな大人が関わった方が、

子ども達も、これは絶対駄目なんだと理解が深まるはずだ。

まとめ

少年サッカーでは、よくある話と思うが、

子ども達同士の人間関係でサッカーが嫌になる事はたくさんある。

その問題の種は、いつも落ちてるから、すぐに対処していかないといけない。

好きでやってるサッカーなのに、そんな理由で辞める選択に至るのは可哀想だから。

一方で、大人が子ども社会に介入しすぎるのも良くないと思ってる。

それは、間違いを犯さなくなるから。

そして、この姿勢は消極的な姿勢に繋がっていく。

子どもは間違いを犯す。

ただ、その時どう対処して学びの機会を与えてやるのかが重要だ。

子ども達にもチームワークがあるように、指導者にもチームワークがある。

何がいけないかを共有して、同じ対処をしなくてはいけない。

と言っても、絶対に駄目のラインを明確にしているくらいだが。

フォローし合える体制が指導者の中で作れるといい。

指導者だって見えない事はたくさんある。

むしろ、子ども達は、見えないようにしている。

だから、問題があれば、子ども達はまず指導者に相談すべき。

そしたら、指導者は、子ども達を守ってくれるはずだ。

「何かあったらコーチに言いなさい」

この一言で、救われる子がたくさんいるだろう。

参考:「競争」によるマイナスの側面の理解とマネジメントの方法

個とチームが成長するために~コミュニケーション能力の必要性~

トライ&エラー&think(考える事)=growth(成長)の法則

こちらのブログでは、「反抗期」について書かれています。

同じように、起こりうる問題と思いますので、ぜひ参考にされてください。

参考:反抗期(ひろぴえろさん)

 











クリックをお願いします!!

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村


少年サッカーランキング

関連記事



サッカーで子どもをぐんぐん伸ばす11の魔法

池上正 小学館 2008年01月28日
売り上げランキング :

by ヨメレバ

少年サッカーは9割親で決まる

島沢優子/池上正 カンゼン 2014年06月
売り上げランキング :

by ヨメレバ

はてブてシェアをお願いします!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

筑波大学体育専門学群卒業。大学4年次に【日本一】を経験する。卒業後、地元熊本に帰り、高校保健体育の教員として3年間教育現場に立つ。 その後、現在のソレッソ熊本で指導を始め、現在に至る。ソレッソ熊本で指導を始めておよそ10年間。 その中で培ってきた経験を、ブログという形で発信し、独自の視点で少年サッカーについての考えを述べていきたい。