体の使い方の理解とボールの置き所を改善する方法

サッカーをする上で、体の使い方は重要。

育成年代の子ども達を見てて感じるのが、

ボールと自分の体との関係が結び付いてないという部分。

自分の体を思うように操れる事ができる子も、動きの中にボールが加わる事で、

ぎこちなくなってしまうという現象が起きてしまう。

技術が未熟な頃は、まず始めに、自分とボールとの関係を意識させるんだが、

その手順について、まとめてみたいと思う。

トレーニング時のアップの中で、コツコツやる事でだいぶ体の使い方が改善されてきた。

体の使い方を覚えるのに大切な姿勢

今から書いていく事は、全て、サッカーでの体の使い方を意識した手順になる。

まずは、姿勢なんだが、

上半身を脱力させ、自然と胸を張るくらいの状態を意識させる。

サッカーでは、速く動く事が大切なんだが、速く動く事を意識しすぎると、

体全体に余計な力が入ってしまい、速く動けなくなってしまう。

サッカーにおいて考えておかなければいけない事は、

必ず相手の存在があるという事。

ドリブルで相手をかわす時も、守備する時も、

相手の存在を無視してしまうと、いくら良い体の使い方ができていても、

効果的なプレーには結び付かない。

という事は、相手の動きに対して反応する速さが求められてくる。

そのような場面で、体に力が入ってると、反応は遅れてしまう。

脱力し、いつでも反応できる準備をしておく事が必要だ。

参考:「大きく」て「強い」選手に対抗するための「脱力」の大切さ

また、自然と胸を張る事で、プレーする視野は自然と広がる。

その副産物なのか、姿勢が改善される事で、

プレーにも余裕が生まれてきた感じがする。

自分とボールとの関係の中で体の使い方を意識する

姿勢を意識させる事ができたら、次に、自分とボールとの関係を意識させる。

ここで、重要になるのが、

ボールの置き所をどうするか?

という事だ。

正面に置いた方がいい。

利き足の斜め前に置いた方がいい。

色んな置き所を聞く事があるが、

「しっかり自分の懐に置くことを意識しなさい。」

というようにしている。

参考:自分の【家】を探す

もちろん、懐をイメージさせる手段として、身振りを交えながら説明するんだが、

このイメージは、自分がボールを自由に扱える範囲という事になる。

さっきものべたが、サッカーには必ず相手というものが存在する。

相手を意識した場合、置き所が足元すぐになったり、利き足の逆になったりもするはずだ。

なので、最低限ボールを置いて欲しい範囲として、という表現をしている。

この懐という範囲を意識する事ができたら、

懐にボールが常に収まってる状態を意識させる。

サッカーにミスはつきものなんで、懐からボールが逃げていく事もある。

また、自然と自分の懐に入ってくればいいが、

横にズレたり、弾んでいる状態もある。

その時、多くなるのが、

足先でプレーしてしまう事。

つまり、体とボールとの関係が離れている状態にあり、

体をうまく運べていないという事になる。

「体をしっかり運んで懐にボールを置きなさい。」

これを意識させる事で、できるだけ正面でボールを捉えれるようになるし、

守備の際も足を出さず、粘り強く対応できるようになり、

懐にボールを入れ、奪いきれるようになる。

つまり、自然と体の使い方が、良くなるというわけだ。

まとめ

子ども達は、ボールを扱おうとするあまり、余計に力が入ったり、

どうしても足先だけでプレーしようとしてしまう。

ボールと体は一体である。

このイメージができないと、サッカーにおける体の使い方は改善できないだろう。

また、発達段階において、U-12までは神経系の発達が著しく、

この時期の体の使い方の経験が、大きく先のサッカーの動きに関わってくる。

体の使い方は大事と分かりながら、十分な時間を取ってやる事はなかなか難しい。

だが、これも積み重ね。

アップの時間や、基礎的な練習の時に、しっかり自分とボールとの関係を整理してあげる事が大切だ。

体の使い方の上手さは、感覚的なものより、トレーニングで培ったものの方が大きい。

そして、技術よりも簡単に成果が見えるものだ。

ぜひ、参考にしてもらえればと思う。

参考:体の使い方が上手い選手の特徴と、トレーニング方法

サッカーに必要なアジリティ能力~認知・判断・行動を速くする~











クリックをお願いします!!

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村


少年サッカーランキング

関連記事



サッカーで子どもをぐんぐん伸ばす11の魔法

池上正 小学館 2008年01月28日
売り上げランキング :

by ヨメレバ

少年サッカーは9割親で決まる

島沢優子/池上正 カンゼン 2014年06月
売り上げランキング :

by ヨメレバ

はてブてシェアをお願いします!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

筑波大学体育専門学群卒業。大学4年次に【日本一】を経験する。卒業後、地元熊本に帰り、高校保健体育の教員として3年間教育現場に立つ。 その後、現在のソレッソ熊本で指導を始め、現在に至る。ソレッソ熊本で指導を始めておよそ10年間。 その中で培ってきた経験を、ブログという形で発信し、独自の視点で少年サッカーについての考えを述べていきたい。