サッカーの試合でテーマに気付かせるためのひと工夫

サッカーの練習をする時、必ずテーマを決めている。

練習時間は90分。

ウォーミングアップから、練習を2つくい挟んで、

最後30分を目安に試合をやって終了の流れだ。

その最後の試合のところで、テーマの達成度を見る。

もちろん、1回の練習で劇的に変わる事はないが、

テーマに対する意識の変化は見えるようになる。

正確に言うなら、テーマを意識してる子は、

変化が見えるようになる。

考えるサッカーには、基準の設定と日常の意識づけが必要

テーマに沿って練習内容を工夫する事で、子ども達は、チャレンジをしながら気付きを得る。

同じように、試合の中でも、ひと工夫する事で、子ども達に気付きを与えることができる。

メンバーを工夫し、サッカーの試合をやらせる

大体、最後の試合をやらせる時は、力が均等になるようにやらせるんだが、

テーマに沿って、メンバーを工夫して分けてみると面白い現象が起こる。

例えば、ファーストタッチがテーマで、

コートを狭くして、プレッシャーがよりかかりやすい設定にする。

サッカーにおける1対1の重要性~1対1に勝つには?準備・ファーストタッチ・ドリブル編~

一方は、ファーストタッチを考えてできるメンバー。

もう一方は、意図なくファーストタッチをしてしまうメンバー。

たまたまフィジカル的に勝るメンバーとフィジカル適任劣るメンバーに別れたんだが、

ゲームは、フィジカル的に劣るメンバーの方が勝ってしまった。

もちろん、フィジカル的に劣るメンバーの方が、

ファーストタッチを考えてできるメンバー達。

予想できていて、そういうメンバー分けにしたんだが、

このように、ひと工夫する事で、子ども達は、

やっぱりファーストタッチは大切なんだな

と課題に気づく事ができる。

体格で劣るチームがフジパンカップ九州大会を勝つためには??

サッカーの試合中は何も言わない

試合をやっている時のポイントは、何も言わない事。

黙ってるわけではないが、

こうしなさい

答えを与える事はない。

特に、その日の練習のテーマにしている事ならなおさら。

それは、試合の中で達成度を見たいからだ。

もちろん言った方が、意識も上がり、達成度も上がるんだが、

ひと工夫の中に、

何も言わない

というのを加えても、面白いと思う。

その方が、メンバー分けしたグループ差がしっかり出て、

より与えられたテーマの意味を考え、気付きを得てくれるはずだ。

まとめ

このようにして、メンバー工夫し、試合をさせた後大切になるのが、

練習後の話。

なぜ、試合がうまくいかなかったのか?

を話す事で、より練習テーマに対する気付きを与える事ができる。

・「今日の練習のテーマは何だった?」→

・「何で、最後の試合、⚪⚪のメンバーの方がうまくいったと思う」→

・「簡単にボールを失わなかったからだよな」→

・「⚪⚪の方は、ボールを受けた後、ファーストタッチがうまくいかずすぐボールを失ってた。」→

・「だから、ファーストタッチには、意図がある必要がある。」→

・「フィジカルよりも技術がサッカーには大切なんだ」

こんな感じになるかな。

試合でうまくいかなかった事を「言語化」する事で、より実感がわく。

うまくいった方も、

やっぱり意識する事は大切なんだな

とさらに、実感するはずだ。

これは、実際にあった練習の際の1コマで、

4年生2人、5年生2人と6年生の混合メンバーが、6年生単独メンバーが試合をした話。

悔しいという感情や、できたという感情が、

よりテーマに対しての意識を高めてくれたに違いない。

色んな工夫で、練習・試合に取り組む事で、子ども達の心とも勝負してるつもり。

心の安定を保ち行動を変容させるための3つのポイント

色んな工夫があると思うが、1つの参考例にしてもらいたい。











クリックをお願いします!!

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村


少年サッカーランキング

関連記事



サッカーで子どもをぐんぐん伸ばす11の魔法

池上正 小学館 2008年01月28日
売り上げランキング :

by ヨメレバ

少年サッカーは9割親で決まる

島沢優子/池上正 カンゼン 2014年06月
売り上げランキング :

by ヨメレバ

はてブてシェアをお願いします!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

筑波大学体育専門学群卒業。大学4年次に【日本一】を経験する。卒業後、地元熊本に帰り、高校保健体育の教員として3年間教育現場に立つ。 その後、現在のソレッソ熊本で指導を始め、現在に至る。ソレッソ熊本で指導を始めておよそ10年間。 その中で培ってきた経験を、ブログという形で発信し、独自の視点で少年サッカーについての考えを述べていきたい。