育成年代のサッカーに活かすべき風間監督の思考法・指導法とは?

作シーズンは、ギリギリのところでJ1残留を決めた名古屋グランパス。

今シーズンは、11節終了時点で、勝ち点23の2位につけている。

もちろん、選手の補強も躍進の大きなポイントだと思うが、

選手の補強だけでは、勝ち点を積み重ねる事ができない。

その事実は、ヴィッセル神戸が示しているんだが。。。

監督である風間さんが、

「やるべきサッカー」

を明確にして、それがようやく実を結んできたんだろう。

風間監督の考え方は、育成の指導者にとっても勉強になる。

むしろ、育成だからこそ、

もっと風間監督のような考え方をすべきなんじゃないかと思う。

以下、その考え方についてまとめたい。

思考のベースとなるもの

著書の中でも、個人の技術が大切と言われているように、

そのベースは、

「止める」「蹴る」「運ぶ」「(相手を)外す」

の徹底にある。

それが、チームとして機能するためには、徐々にチーム作りをやっていかないといけないが、

昨シーズンまでは、細かい所でのミスも多く、

失点が重なって(リーグワースト59失点)、順位が伸びなかった。

風間監督は、その結果に対し、

種まき、水をやった

と表現している。

ここで学ぶべき事は、

・サッカーのベースになるのは、個の力であって、個の力を伸ばすには、基本技術の徹底が必要という事

・目標を明確にし、コツコツ積み上げれば徐々に目標にたどり着く事

この2つだろう。

結果が重視されるプロの世界では、目の前の試合に勝つ事が優先され、

個の力より、チーム(組織)の力(戦術)が重要視される。

そんな中でも目先の結果だけにとらわれずに、スタイルを作り上げたのは、

評価されるべき点だと思う。

この考え方は、そのまま育成年代のサッカー指導に活かせる。

意識の変化について

いくら監督が「こういうサッカーをやろう

と選手達に提示しても、選手が理解できなければ、目指すサッカーに到達する事はない。

風間監督の言葉にこういうものがある。

「頭の中が変われば、すべてが変わっていく。『頭の中を変えよう』という意志があるのは自分としっかり向き合って、自分で考えている人間だけ」

きっとグランパスの選手は、頭を使う事ができてきたに違いない。

「止める」「蹴る」「運ぶ」「(相手を)外す」

は大切な要素なんだろうが、この精度を高めるには、

「なぜ??」「どこに??」

がそれぞれの言葉の前につくと思う。

どこに止めるのか

なぜ運ぶのか?

この答えは、頭を使える使えないで大きく変わるはずだ。

この事もまた、育成年代の指導に活かす事ができる。

いや、活かさないといけない。

与えられる事が当たり前になっては、頭を使い考える力は育たない。

スピード感が求められるサッカーの中では、

より速く判断する事が大切になる。

一瞬の閃きや判断が勝負を分ける事もあるし、その閃きや判断は、

日頃の思考の足跡の中から生まれるはずだ。

参考:積み重ねた経験と思考の足跡~インテリジェンスさを発揮するには~

育成年代でどれだけ考えながらサッカーしてきたかが、次のステップで必ず活かされる。

指導者は、ただ練習内容を与えるんじゃなく、練習の中で考える機会を与えないといけない。

まとめ

プロのサッカー監督の考え方は、どこか遠くの考え方のように感じてたが、

風間監督の監督は、すっと府に落ちた。

それは、当たり前の事の大切さを再確認できたからじゃないかと思う。

・基礎・基本の徹底

・目標を明確にして積み上げる

・頭を使い考えてサッカーする

世代を問わず、大切なものだ。

参考:基礎・基本の徹底

育成年代でも勝ちに拘り、色んな事を割りきるチームを見る事がある。

そんな指導者が増えないように、最後に風間監督の一言。

「勝つと楽しむ、その両方を追い求めていくのがサッカーの醍醐味」

子ども達にサッカーの楽しさ勝つ喜びを伝えていこう。

参考:成長の過程に「楽しさ」を











クリックをお願いします!!

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村


少年サッカーランキング

関連記事



サッカーで子どもをぐんぐん伸ばす11の魔法

池上正 小学館 2008年01月28日
売り上げランキング :

by ヨメレバ

少年サッカーは9割親で決まる

島沢優子/池上正 カンゼン 2014年06月
売り上げランキング :

by ヨメレバ

はてブてシェアをお願いします!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

筑波大学体育専門学群卒業。大学4年次に【日本一】を経験する。卒業後、地元熊本に帰り、高校保健体育の教員として3年間教育現場に立つ。 その後、現在のソレッソ熊本で指導を始め、現在に至る。ソレッソ熊本で指導を始めておよそ10年間。 その中で培ってきた経験を、ブログという形で発信し、独自の視点で少年サッカーについての考えを述べていきたい。