考えるサッカーには、基準の設定と日常の意識づけが必要

考えろ!頭を使え!

これを言われて本質(指導者が求める事)を理解している子ども達が何人いるだろうか?

サッカーのゲームは、流れが途切れる事なく連続して時間が進む。

野球みたいに場面場面を切り取る事ができるなら、

より答えを導き易い状況なんだろうが、

場面場面の答えには、いくつもの判断要素が隠れていて、

そこから1つの答えを導き出すのは、難しい。

また、全く同じ場面が存在する事がないので、なおさら答えを導き出すのが難しくなる。

考えろ!頭を使え!

という前に、指導者と子ども達で整理する部分があるはずだ。

参考:意識のスレ違いから感じる「共通理解」を持つべき意味

答えを導き出すための基準を示す

おそらく、サッカーにおいて「これだ!」という答えを、

1つ1つのプレーから導き出していく事は難しい。

そして、その答えが絶対という事もない。

最適な答えを判断する

というべきだろう。

その最適の答えを導き出すのに、大切なのは、

プレー基準を明確にし、指導者と子ども達の間で共有しておく事。

参考:情報共有に必要な3つの視点

トレーニングテーマだったり、ゲームテーマだったりすることもあれば、

プレーエリア毎の優先順位だったりもする。

考えろ!頭を使え!

で子ども達がポカーンとする様子を見る事があるが、

それは、基準が示されてないのに答えを求めてるからじゃないだろうか??

普段の意識づけ

ここまで到達するには、常日頃から子ども達に頭を使ってサッカーをする

という意識づけができてなくてはいけない。

先日、面白い試合があった。

うちは、5年生。

相手は、6年生で、そのチームもそこそこ強いチーム。

明らかに体格差、技術差はあるものの結果2対1で勝利。

参考:「大きく」て「強い」選手に対抗するための「脱力」の大切さ

内容的には、7割攻められるような展開で、内容的には負けゲーム。

やろうとした事もそんなにできたとは言えなかったが、

それぞれが持てる力を出しきった。

ここで

重要なのが、なぜ勝てたか?

という事。

よし、お前達が必死に頑張ったからだ!!

とは言わなかった。

頑張るのは当たり前。その中で、それぞれが

・どこを守ればいいか考えてポディションを取れた事。

・いつが奪いどころかを考えた事

・攻撃のチャンスのタイミングを考えて、枚数をかけれた事

・頑張りどころを考えてパワーを使った事

頭をしっかり使って考えれたからこそ勝てたんだ。

とゲーム後に話をした。

その前提には、

「いつも頭を使って考えてサッカーをしよう!!」

という日常からの意識づけがある。

参考:トライ&エラー&think(考える事)=growth(成長)の法則

これがあるからこそ、基準を示した時、考えてサッカーをする癖がついてくる。

まとめ

サッカーには色んな楽しさがあるが、

局面の判断で何を選択するか?

を楽しむ方法もある。

選択肢は多く持っておいた方がいいし、選択肢を増やす方法としては、

いい準備をする。

という事があるが、選択肢の中から、適切な答えを選ぶには、

どれだけ日常から考えてサッカーをしているかが重要になる。

同じ場面はない中で、答えを出すという事は、答えがパターン化されてないという事だから、

何かの基準をもとに、適切な答えを判断する必要がある。

ここに、サッカーの楽しさと難しさがある。

いきなり、子ども達に考えろ!は難しい。

まずは、基準づくりをしながら考えてサッカーする癖をつけさせる事が大切だ。











クリックをお願いします!!

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村


少年サッカーランキング

関連記事



サッカーで子どもをぐんぐん伸ばす11の魔法

池上正 小学館 2008年01月28日
売り上げランキング :

by ヨメレバ

少年サッカーは9割親で決まる

島沢優子/池上正 カンゼン 2014年06月
売り上げランキング :

by ヨメレバ

はてブてシェアをお願いします!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

筑波大学体育専門学群卒業。大学4年次に【日本一】を経験する。卒業後、地元熊本に帰り、高校保健体育の教員として3年間教育現場に立つ。 その後、現在のソレッソ熊本で指導を始め、現在に至る。ソレッソ熊本で指導を始めておよそ10年間。 その中で培ってきた経験を、ブログという形で発信し、独自の視点で少年サッカーについての考えを述べていきたい。