サッカー指導は、プラモデルの組み立てに似ている~全体像をイメージし、細部をコツコツと~

子ども達にサッカーを教えるのは、忍耐が必要である。

大人だし、それなりにサッカー経験があるからこそ、このジレンマがあると思うんだが、

子ども達は、組み立て前のパーツの状態みたいなもん

ってしっかり頭に入れといた方がいい。

プラモデルを作った経験が誰しもあるだろうが、

一気に完成を目指すと、どこから手をつければいいか分からないものが、

1つずつパーツを組み立てていく事で、段々と完成に近づいてくる。

これは、サッカーの指導にも言える事で、

何でも教えてしまおう

と思えば、結局身に付けさせたい事を身に付けさせる事ができず、

1つ1つ根気強く教えていく事で、いつの間にか上達へ導く事ができる。

そう、プラモデルが完成に近づくみたいに。

全体像をイメージする事からはじめる。

まずは、どんな選手に育っていくかをイメージしなくてはいけない。

間違えてはいけないのが、

どんなイメージに子ども達を育てたいか?

ではない事。

これは、同じようだが違う。

子ども達の特徴はそれぞれ違っていて、武器も違う。

うちのクラブでは、

子ども達の個性を最大限に活かす事が大前提なので、

指導者のイメージするサッカー選手像の型に子ども達をはめ込む事はしない。

参考:「勝ちたくないんですか?」の問いの答え~子ども達の「勝ちたい」の引き出し方~

原理原則を押さえつつ、個性を活かすには、どう育てるべきかを考える。

全体像は、子ども達によって違うはずだ。

細部からコツコツ積み上げる

その上で、細部を1つずつ積み上げる。

さっきも述べたが、最初は土台作りから。

原理原則を押さえながら子ども達の個性を掴んでいく事が大切だ。

その上で、特徴を活かすにはどんなプレーが有効かを考えさせ、

少しずつ積み重ねていく。

指導者の資質として求められるもの~全てはコツコツの積み重ね~

その際、色んな事を詰め込もうとしてはいけない。

技術を修得するには、反復と頭の整理が必要だ。

身に付けようとするものが多くなればなるほど、反復の質は落ち、頭の中は混乱してしまう。

与える量を指導者がコントロールしなければいけない。

まとめ

プラモデルで例えてみたが、子ども達には感情がある。

完成に近づくためには、指導者と子ども達のコミュニケーション。

指導者と子ども達の信頼関係の構築が必要だ。

実力を発揮するための信頼関係の構築

預かっている育成年代は、ステップアップしていく大事な時期である。

まだまだ、長いサッカー人生の中では、スタート地点を少し過ぎたあたり。

助走期とも言うべきか。

決して、完成に近づく事はない事も、また、知っておかなくてはいけない。

未完成でバラバラのパーツを次の世代に渡していては、次の指導者が困ってしまう。

ここまでは、ジュニア年代で育てましたという基準が必要だ。

育成と勝つことを並行して求める事は難しい。

けど、欲張らずコツコツやる事で、両者はしっかり結び付く。











クリックをお願いします!!

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村


少年サッカーランキング

関連記事



サッカーで子どもをぐんぐん伸ばす11の魔法

池上正 小学館 2008年01月28日
売り上げランキング :

by ヨメレバ

少年サッカーは9割親で決まる

島沢優子/池上正 カンゼン 2014年06月
売り上げランキング :

by ヨメレバ

はてブてシェアをお願いします!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

筑波大学体育専門学群卒業。大学4年次に【日本一】を経験する。卒業後、地元熊本に帰り、高校保健体育の教員として3年間教育現場に立つ。 その後、現在のソレッソ熊本で指導を始め、現在に至る。ソレッソ熊本で指導を始めておよそ10年間。 その中で培ってきた経験を、ブログという形で発信し、独自の視点で少年サッカーについての考えを述べていきたい。