目標設定における2つの型の考え方

サッカーをやっていくうえで大切になってくる目標設定。

その目標設定には、2つの型がある。

1つは、証明型。

もう1つは、修得型。

この2つの型の特性を理解する事で、目標設定への意識が変化するだろう。

証明型の特性

証明型とは、対象が、他者にあり、他者との比較で目標設定をしようとする事。

例えば、

⚪⚪君に1対1で勝てるようになりたい。

レギュラーとして試合に出たい

⚪⚪の大会で優勝したい(⚪⚪のチームより優れている)

このように、

自分の立ち位置が、他者の存在よりもどうであるかが重要になる。

つまり、

他者との関係の中での自分の立ち位置の証明が、目標設定の基準になるという事。

ライバルという存在はその最たるもので、

自分自身の事より、ライバルと比較してどうかが強いモチベーションになる。

参考:ライバルの存在

ライバルの存在は、自身を成長させるエネルギーになる。

だが、ライバルに限らず、他者だけが基準になってしまうと、心がもたなくなってしまう。

そういった意味で、この証明型というのは、

短期間で目標を達成するためには、大きなエネルギーになるが、長期的な目標には向かない

と言えるだろう。

修得型の特性

修得型とは、自己が基準になり、目標設定をしようとする事。

例えば、

ボールをなかなか思い通りコントロールできないから、ファーストタッチを意識しよう。

すぐにプレッシャーを受けて慌ててしまうから、ボールを受ける前の工夫をしよ

点を取れるように、もっとシュートを意識高めよう

このように、

自己が判断基準となり、技能を修得する事が目標設定の基準になる。

しっかりと自分軸を持って、目標設定をするのだが、

自分自身がしっかりしていないと、モチベーションを維持する事は難しい。

参考:自分軸を持つ!!

つまり、

自分に焦点をあて、しっかりした自己基準の元、目標設定をする事で、長期的な目標設定に向くのだが、自分軸がないと、モチベーション維持が難しい

と言える。

まとめ

結論から言うと、目標設定においてどちらの型が優れていると言う事はできない

目標設定を行う上で、短期目標・長期目標があるように、

証明型・修得型の両方を意識しながら目標設定ができないといけない。

参考:自分を客観視できる賢さを~「競争」に勝つ事と「自分軸」を持つ事~

チーム内の競争が激しくなればなるほど、証明型の目標に偏るようになってしまう。

これは、指導していて強く感じるところ。

メンバー発表に一喜一憂したり、

チーム内の自分の立ち位置で、満足したり、悲観したりが出てしまう。

Aチームで試合出場する事よりも重要な事

だが、子ども達にはもっと先の目標があるはずだ。

節目節目において、自分の成長を実感するために、立ち位置の確認は必要だと思うが、

そればっかりになると、今なにをすべきか?

が見えなくなってしまう。

そんな時は、

なぜ自分はサッカーをやってるのか?

というのを見つめ直してみたらいい。

自ずと、目標に対して何を修得すべきかが見えてくるはずだ。

両者の特性をしっかり理解し、モチベーションを維持するためには、

バランスの良い目標設定ができるようにならないといけない。











クリックをお願いします!!

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村


少年サッカーランキング

関連記事



サッカーで子どもをぐんぐん伸ばす11の魔法

池上正 小学館 2008年01月28日
売り上げランキング :

by ヨメレバ

少年サッカーは9割親で決まる

島沢優子/池上正 カンゼン 2014年06月
売り上げランキング :

by ヨメレバ

はてブてシェアをお願いします!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

筑波大学体育専門学群卒業。大学4年次に【日本一】を経験する。卒業後、地元熊本に帰り、高校保健体育の教員として3年間教育現場に立つ。 その後、現在のソレッソ熊本で指導を始め、現在に至る。ソレッソ熊本で指導を始めておよそ10年間。 その中で培ってきた経験を、ブログという形で発信し、独自の視点で少年サッカーについての考えを述べていきたい。