サッカー指導者をうならせるアシストとは?~アシストの魅力について~

ジュニアサッカーの得点パターンを分析したわけではないが、

大体の得点パターンは、個の打開によるものが多い。

身体能力も、技術の質に関しても、レベルの幅が広いのがジュニアサッカー。

参考:身体能力の差がある相手への1対1の守備の対応方法

要するに、

レベルの違いが大きければ大きいほど、得点を取るために試行錯誤しなくていいという事だ。

子ども達には、プレーの選択肢を持つ事の大切さを伝えてるが、

選択肢の中で、個での打開をできる場面で

パスしろ!!

とは言えない。

パスの選択肢はあった??

と聞いたとしても、そこにリアリティー(実際に選択をしてパスする等)がなければ、

その子達に本当に選択肢があったかどうかは分からない。

できるのは、選択肢があるという事を言葉で示してあげれるくらいだ。

なので、そんな状況の中でも、

意図あるアシストから得点が生まれるシーンを見ると、

思わず、「凄い!!」とうなってしまう。

指導者をうならせる魅力的なアシストとは

ここで言うアシストは、偶然によるアシストではない。

たまたま裏にクリアしたボールが得点に結び付く

中の状況を見ずにとりあえずあげたセンターリングが得点に結び付く

足元に何気なくつけたパスが、最終的にはFWの個の打開により得点に結び付く

アシストとしては、これらも成立しているんだろうが、

次も同じ状況で得点に結び付くかどうかは、分からない。

アシストとは、

ゴールという目的のために、一番良い選択肢として出したラストパス。

こう定義すると、

ゴールと同じくらい価値が出てくる。

子ども達は、ゴールを決める事に喜びを感じる。

もちろん、それが一番大事だが、ゴールを決める方法が自分だけになると、

強引になったり、判断をなくしたりする。

ゴールは、チームで奪うものという共通理解をしっかりと持たせないといけない。

アシストできる選手になるためには

まずは、今述べた通り、

ゴールは、チームで奪うものという共通理解が前提になければいけない。

その上で、アシストできる選手になるためには?

というのを考えると、当たり前の事だが、

・パス(キック)の技術が高い

・視野が広い

・判断力に優れている

この3つになる。

これでは面白くないんで、

うちのチームにいるアシストがうまい選手を例にもう少し具体的に掘り下げてみる。

その子は、本当にセンスの塊のような子。

指導者をうならせるアシストを次々に決めてくれる。

なぜうなってしまうのかと言うと、

予想外のプレーを見せてくれるから。

右を向いて左に。

ワンタッチでのスルーパス

敵を引き付けておいてラストパス

針の穴を通すような長距離のスルーパス

こんなプレーは、観る人をワクワクさせてくれる。

子ども達のプレーを観ると、大体は想定内でおさまるんだが、

見事に裏をかかれるし、次何をやるのか予測がつかない。

参考:想定外を想定内にする方法~技術・予測・経験値~

こんな選手を育てるには、ある程度の自由が必要だ。

システム・戦術・約束事などに縛られ続けては、

こんな発想豊かな選手は育ってくれない。

まとめ

よくゲーム中に、

そこシュートじゃなくてパスだろ!

パスの選択肢も持ってろ!

なんて言葉を聞くが、

それでは子ども達にアシストの魅力は伝わらないし、

自分がゴールを決める事に夢中になってしまう。

子ども達には、あんまり響かないと言ってもいいだろう。

試合中に言うと見苦しいから言わないが、

良いアシストを見れたら、ハーフタイムなどで、みんなの前で、

あのパスは、⚪⚪だったし、そのおかげで得点に繋がったよ

あのスルーパスは、なかなか出せない

俺もあのパスは騙された

というように、一工夫して言語化してあげるといい。

参考:言語化する事で得られる3つの効果

魅力ある事は、実は作り上げる事は難しく、予期せぬ所で積み上がっていくように感じる。

指導者をうならせるような魅力的なアシストも同じで、

子ども達の自由な発想の中から、予期せぬ所で出てくるものだ。

アシストの定義をしっかり定めて、

ゴールはチームで奪うものという前提を共通理解させ、

指導者の声かけで一工夫する。

この下準備をしっかりできれば、

指導者がうなるような魅力的なアシストが、

子ども達の自由な発想の中から自然に出てくるだろう。











クリックをお願いします!!

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村


少年サッカーランキング

関連記事



サッカーで子どもをぐんぐん伸ばす11の魔法

池上正 小学館 2008年01月28日
売り上げランキング :

by ヨメレバ

少年サッカーは9割親で決まる

島沢優子/池上正 カンゼン 2014年06月
売り上げランキング :

by ヨメレバ

はてブてシェアをお願いします!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

筑波大学体育専門学群卒業。大学4年次に【日本一】を経験する。卒業後、地元熊本に帰り、高校保健体育の教員として3年間教育現場に立つ。 その後、現在のソレッソ熊本で指導を始め、現在に至る。ソレッソ熊本で指導を始めておよそ10年間。 その中で培ってきた経験を、ブログという形で発信し、独自の視点で少年サッカーについての考えを述べていきたい。