グッドルーザーの精神が成長スピードをあげる!




グッドウィナーと聞く事は少ないと思うけど、

「グッドルーザーになれ」

という言葉は、一度は耳にした事がある言葉だと思います。

日本サッカー協会のウィークリーコラムの中で、川渕キャプテンは、

「トップレベルの選手こそ、グッドルーザーであるべき」

と述べています。

参考:JFAウィークリーコラム(2008/5/16)

「グッドルーザーの精神」は、

人間力を形成していく上で大切な精神になります。

「グッドルーザーの精神」をしっかり理解して、

負けた時こそ、敗者としての最善の振る舞いができるようになりましょう。

グッドルーザーの精神で身に付く力

「グッドルーザーの精神」とは、

・負けた後もしっかり挨拶をする

・勝者を拍手で讃える事ができる

・相手の力を素直に認める

このような、態度・振る舞いの事を言いますが、

なぜこのような態度が負けた時に必要なんでしょうか?

試合に負けたら当然悔しいはずです。

負けてピッチに倒れこむ事もあれば、

泣きじゃくって悔しい感情が涙になって流れる事だってあります。

指導者として、全力で闘った後の子ども達の姿を見れば、

その気持ちは分かる

とそっと背中を支えてあげたくなるのが正直な気持ちです。

でも、感情を流しきってしまえば、悔しさは薄れていきます。

悔しさをこらえ、自分達の足りなかった事を認め、相手を心から讃える事ができたら、

きっと、

自分達も勝つ喜びを噛み締めたい

と思うはずです。

悔しさは、成長のためのバネになりますが、

そのバネをより強力にするためには、ポジティブな感情がなければいけません。

引っ張る力が、悔しさとするなら、

思いっきり悔しさでバネを引っ張った後、

跳ね返すポジティブな力が必ず必要になります。

勝つ喜びを味わいたいという気持ちがポジティブな力です。

引っ張るだけでは、バネは遠くまで跳ね返っていきません。

より遠くまでバネを跳ね返せるように、ポジティブな力をつけましょう。

これこそが、

「グッドルーザーの精神」によって、身に付く力になります。

負けてばかりではいけない

これは、当然の事ですが、

負け続けても、「グッドルーザー」であり続ければ、

成長スピードが上がるか?

と聞かれれば、そうではありません。

勝つ喜びを知っているからこそ、負けた時の悔しさが分かります。

本物の悔しさを知らずして、心から相手を讃える事ができるでしょうか??

自分は、それはないと断言できます。

何でもそうですが、

思考は、慣れてくると無意識レベルで考える事ができるようになり、

動きは、スムーズになり自動化する事ができるようになります。

負けに慣れると負け癖がついてしまい、

負けた後の態度も振る舞いも自動化されてしまいます。

参考:勝ち続ける事、負け続ける事に対する懸念~考え方のアップデートをする~

そんなものは、「グッドルーザーの精神」とは言えません。

つまり、

負け続けては「グッドルーザーの精神」は身に付かないし、

そこに心がなければ、「グッドルーザーの精神」ではない

という事が言えます。

まとめ

こう言ったら、語弊を招くかもしれませんが、勝つ事が常になってくると、

負けた時には、本当の悔しさが込み上げてきます。

悔しさに本物も嘘もないとは思いますが、負け続けている時よりも、

勝ち続けていた方が、悔しさは倍以上です。

「その負けは、悔しさを味わうためじゃなく、次に向かうためにある」

これは、子ども達に必ず伝える言葉なんですが、

次に向かうためには、

「グッドルーザーの精神」を持って、

ポジティブな力を引き出してあげなければいけません。

「グッドルーザーの精神」が成長のスピードをあげてくれるのは、

きっとそこにポジティブな要素が含まれているからです。

そう思って、負けた時こそ、敗者としての最善の振る舞いをしていかなければと思っています。











クリックをお願いします!!

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村


少年サッカーランキング

関連記事



サッカーで子どもをぐんぐん伸ばす11の魔法

池上正 小学館 2008年01月28日
売り上げランキング :

by ヨメレバ

少年サッカーは9割親で決まる

島沢優子/池上正 カンゼン 2014年06月
売り上げランキング :

by ヨメレバ

はてブてシェアをお願いします!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

筑波大学体育専門学群卒業。大学4年次に【日本一】を経験する。卒業後、地元熊本に帰り、高校保健体育の教員として3年間教育現場に立つ。 その後、現在のソレッソ熊本で指導を始め、現在に至る。ソレッソ熊本で指導を始めておよそ10年間。 その中で培ってきた経験を、ブログという形で発信し、独自の視点で少年サッカーについての考えを述べていきたい。