サッカーにおけるスペースの理解とスペースの感覚を身に付ける方法

スペースを感じる事がジュニア年代の子は苦手のように感じる。

スペースと言えば、想像できるのは、

敵の背後のスペースを自分が利用する

事だと思うけど、

(こんな感じのプレー)

自分自身にとってのスペースもあれば、味方にとっての(味方を生かす)スペースもある。

指導してる時、このスペースを理解させる事が難しいと感じるんで、

まとめておこう。

スペースの理解

スペースには、以下の4つがある。

・さっきの動画のように、ゴールへの進行方向に対しての裏のスペース(スルーパスを受けるためのスペース)

参考:スルーパスを通すための4つのコツとは?

敵と敵の間にあるスペース

ピッチ上のどこにでも存在しているスペース

自分が走る事によって味方に作り出すスペース

この4つのスペースが理解できてないと、

止まったまま、足元でボールを受ける事しかできない。

状況によっては、

止まったまま足元でボールを受ける事が良しとなる事があるけど、

それが意図的(自分なりのプレースペースを感じて)なのか、

何も考えずに突っ立ってるだけなのかで、大きく意味は変わってしまう。

ジュニア年代の子ども達の試合を見たらよく分かると思うけど、

この何も考えずにボールを受けたがる場面がすごく多い。

それは、

スペースを有効に活用する

という視点が備わってないからだろう。

この視点が備わってなくて考えられる問題点は、

攻撃の優先順位が見えなくなる事

自分よがりのプレーになる事

プレーの幅が広がらない事

だと思う。

スペースを理解する事でこの問題点はクリアになるはずだ。

スペースの感覚を身につけるには??

4つのスペースを理解したところで、

この4つのスペースについて優先順位をつけたいところだけど、

残念ながら、優先順位をつけることはできない。

それは、

状況によって最優先となるスペースが変わるから。

参考:チーム作りをする上で必要な3つの事~全日テクニカルレポートから考える~

これが、スペースを感じることを難しくさせている部分だと思う。

サッカーは、状況判断のスポーツ。

状況判断ができなければ、スペースの感覚も身についてこない。

では、状況判断をするためにはどんな考え方が必要だろうか?

ここをまとめることによって、

スペースの感覚を整理することができる。

優先順位があるか?

これがないと判断しようにも判断できない。

優先順位とは、

「ゴールを奪うために何ができるか」

裏にスペースがあって、味方がボールを出せるような状況であれば、

ゴールの

進行方向に対して裏(敵の背後)のスペース

が優先順位になるだろうし、

裏(敵の背後)にスペースがなく中盤での組み立てが必要な状況であれば、

敵と敵の間のスペース

が優先順位になる。

プレー基準があるか?

何に基づいてプレーをするのかは重要。

戦術的な意味合いとして捉えてもらうといい。

こうやって攻めたいから、〇〇というようなプレーを選択しないといけない。

というような解釈の仕方。

例えば、

FWに攻撃の起点を作らせて攻撃したいから、

FWと重なるようであれば、サイドのスペースに抜けててスペースを空けてあげる。

というようなプレー。

これは、

自分が走る事によって味方に作り出すスペース

になるだろう。

 

このように、優先順位とプレー基準を整理する事によって、

スペースの感覚を身につけることができる。

まとめ

まとめて分かったが、これだけの情報を子ども達に伝えきるのは難しい。

頭の中をしっかり整理させてあげないといけないが、

参考:脳をフル活用する事のすすめ~「言語化」と「論理的思考」~

普段のトレーニングやゲームの中で、

考える作業を通しながらスペースの感覚を意識させていく事が必要だろう。

ジュニアサッカーの試合を見てる中で、

このチーム強いな

このチームの選手たちの質は高いな

と思わせてくれるチームは、子ども達が常に動き続けているように見える。

躍動してるって感じかな。

それは、

スペースの理解ができている

と捉えてよい。

優先順位とプレー基準がそこにあって、

個々がスペースをうまく利用しながらゲームを展開する。

これに、頑張るだったり、ハードワークが加われば

チームとして太刀打ちする事は難しくなってくる。

スペースの理解は、

個人戦術でもあり、チーム戦術でもある。

しっかりと子ども達に理解させながら、選手としての幅を広げさせたい。











クリックをお願いします!!

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村


少年サッカーランキング

関連記事



サッカーで子どもをぐんぐん伸ばす11の魔法

池上正 小学館 2008年01月28日
売り上げランキング :

by ヨメレバ

少年サッカーは9割親で決まる

島沢優子/池上正 カンゼン 2014年06月
売り上げランキング :

by ヨメレバ

はてブてシェアをお願いします!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

筑波大学体育専門学群卒業。大学4年次に【日本一】を経験する。卒業後、地元熊本に帰り、高校保健体育の教員として3年間教育現場に立つ。 その後、現在のソレッソ熊本で指導を始め、現在に至る。ソレッソ熊本で指導を始めておよそ10年間。 その中で培ってきた経験を、ブログという形で発信し、独自の視点で少年サッカーについての考えを述べていきたい。