大会を勝ち抜く秘密~「戦略」・「戦術」の違いの理解と実行するコツ~




大会を勝ち抜く事は、簡単ではありません。

例えば、県大会みたいに出場チームが多くて、大会が数週にもわたって続く大会には、

その大会なりの大会を勝ち抜くコツがあるし、

九州大会・全国大会など週をまたがないでも、何日かにわたって続く大会には

その大会なりの勝ち抜くコツがあると思っています。

そこで必要になる考え方が、

「戦略」・「戦術」考えるという事です。

勝ち抜くため」と言うと、どこか勝利至上主義みたいな感じもしますが、

それとは全く違います。

参考:勝利至上主義論に見えるギャップ

「戦略」・「戦術」を考える事で、

子ども達は、より自分がどうプレーしたらいいかを考えるし、

モチベーションの維持にも繋がるはずです。

大会の意味をしっかり捉えながら

「戦略」・「戦術」を考える習慣をつけましょう。

何となく大会に出ても子ども達の成長には繋がりません。

「戦略」・「戦術」の違い

ところで、この2つの言葉の違いは分かりますか?

パッと会話の中で聞くと、区別するのが難しい2つの言葉だけど、

この2つの言葉の意味の違いを理解していないと話は進みません。

という事で、まとめておきましょう。

戦略・・・もともと戦争などの軍事的な用語で、さまざまな観点から総合的に敵を打ち負かすための方法。総合的で、かつ長期的に考えることを意味します。

戦術・・・戦略に基づく具体的な方法や手段。

参考:Tap-Biz

つまり、

大会は、何日かにわたって行われるし、何試合もありますが、

それを大きなまとまりとして捉えて、どう戦っていくか?を考えるのが「戦略」。

大会の1試合1試合を勝つためにどう戦っていくか?を考えるのが「戦術」になります。

例えば、県大会。

大会は、最後まで勝ち抜けば、全8試合で3週にわたって1日2試合ずつ行われるとします。

初戦が大事という事は分かってますが、

参考:公式戦初戦あるある~上手くいかないを解決するには??~

〇〇試合目が山(ポイント)がありそうだから、そこを勝つための準備をしておこう。

全部で〇〇試合あるから、コンディション調整はこうしよう。

相手にバレないように、あのプレーは〇〇試合までとっておこう。

あのチームと当たりそうだからしっかりスカウティングしておこう。

これが「戦略」になります。

大きな視点で大会を考えるというイメージです。

そして、

この相手は、右サイドに弱点があるから、右サイから攻撃ができるように、攻撃を組み立てよう。

このチームには、守ってカウンターが有効だ。

このチームには、前からプレスをかけて奪いに行こう。

これが「戦術」になります。

より細かい視点というイメージです。

「戦略」・「戦術」をしっかりと実行するためには

これには、2つのポイントがあります。

・チーム全員で共通意識を持つ事

・アクシデントがある事を予測して、より細部まで考えておく

チーム全員で共通意識を持つ事

共通意識を持つには、話し合いが必要になってきます。

お互いの意見を言い、目的に向かう事でより「戦略」・「戦術」が明確になって

しっかりしたものが出来上がってきます。

参考:チームスピリットはこうやって作り上げる~湘南ベルマーレDVDから学ぶ~

ただあ~しよう、こ~しようと言っても、理由が分からなかったら実行できませんよね??

しっかり意見を出し、話し合う事で、

なぜその「戦略」・「戦術」でいくのか?という理由も明らかになっていきます。

また、一人一人の意識も自然と上がりチームに一体感が生まれるはずです。

サッカーはチームスポーツです。

意識のズレは、プレーのズレを引き起こしてしまいます。

チーム全員で共通意識を持ちましょう。

アクシデントがある事を予測して、より細部まで考えておく

大会期間中の長いスパンで見ても、1つのゲームにおいても、

アクシデントはつきものです。

選手が入れ替われば、当然「戦略」・「戦術」も変わってきます。

よく、試合に負けた理由を、

あの選手があ~だったら。あそこで〇〇だったら

と言うのを聞くことがありますが、

それを含めて、実力です。

アクシデントを含めて考えておいてこそ「戦略」・「戦術」だと思います。

より細部まで「戦略」・「戦術」を練る事で、この問題はクリアできます。

また、そのための日常の積み上げ方も変わってきます。

結局、アクシデントを予測しておくことは、

子ども達のプレーの幅を広げる事に繋がるのです。(アクシデントを含めて実力となる)

アクシデントがある事を予測して、細部まで考えておき、

柔軟に対応できる選手になりましょう。

まとめ

大会を勝つ抜くには、色んな事を考えておく必要があります。

それが、「戦略」・「戦術」を考えるという事になるんでしょうが、

ノープランで大会に臨む事なんて考えられません。

勝ち抜くには、勝つための秘密があります。

勝負強い、勝負弱いというのは、ただの周りから見える偶然であって、

勝負強い、勝負弱いというのは、必然の結果だと思っています。

勝つ事には理由があり、同じようにも負ける事にも理由がある。

それが分かっていないと、偶然に身を任せる事になり、

「戦略」・「戦術」を考える思考は、成長する事ができません。

思考停止になってしまうと、子ども達の「自立」はなくなり、

成長も止まってしまいます。

大会を勝ち抜くのは実力です。

その実力を伸ばすために、「戦略」・「戦術」をしっかり考え、

それを実行できる力を身につけていきましょう。











クリックをお願いします!!

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村


少年サッカーランキング

関連記事



サッカーで子どもをぐんぐん伸ばす11の魔法

池上正 小学館 2008年01月28日
売り上げランキング :

by ヨメレバ

少年サッカーは9割親で決まる

島沢優子/池上正 カンゼン 2014年06月
売り上げランキング :

by ヨメレバ

はてブてシェアをお願いします!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

筑波大学体育専門学群卒業。大学4年次に【日本一】を経験する。卒業後、地元熊本に帰り、高校保健体育の教員として3年間教育現場に立つ。 その後、現在のソレッソ熊本で指導を始め、現在に至る。ソレッソ熊本で指導を始めておよそ10年間。 その中で培ってきた経験を、ブログという形で発信し、独自の視点で少年サッカーについての考えを述べていきたい。