トライ&エラー&think(考える事)=growth(成長)の法則

サッカーにはミスはつきもの。

トライ&エラーを繰り返しながら成長していきます。

ここで、大切な事。

トライ&エラーの後には、think(考える事)

が必要になります。

このthink(考える事)がないと、どうなるか?

トライ&エラー&エラー&エラー・・・。

これでは、成長スピードは遅くなります。

むしろ、成長できてるのか???

練習でも試合でも、一番いいのがエラーした後に、その場でエラーの原因を考えてして、修正する事。

そうすれば、

トライ&エラー&think(考える)=growth(成長)

に繋がるはずです。

考える事で身に付く修正力

この流れを意識できると、「修正力」を身に付ける事ができます。

これは、とても大事な力で、特に試合の中では、絶対に必要となる能力になります。

例えば試合中。

グラウンドかいつもと違う事もあって、ボールが足につかない事もあるでしょう。

マッチアップする相手なんかは、いつも違って当然。

マッチアップする相手が変わる事によって、エラーする事も当然あります。

それなのに、いつもの感覚でトライし続けるとどうなるか?

エラーを繰り返すに決まってます。

エラーの原因をthink(考える事)で、自分なりに何らかの修正を加えて、

次のプレーでトライするはずです。

ほら、「修正力」が身に付いた!!

もちろん考える事をしなくても、

感覚的な部分で修正を無意識のうちにかけてるはずなんだけど、

考える事でより感覚的な部分は研ぎ澄まされていきます。

潜在意識という言葉を聞いた事がありますか?

潜在意識とは、

自覚されることなく、行動や考え方に影響を与える意識。心の奥深い層にひそんだ意識。

参考:コトバンク

の事で、本能のままに行動する事に影響を及ぼします。

そして、この潜在意識が脳の中の約95%くらいを支配しています。

つまり、

この潜在意識を書き換えないと、感覚だけでプレーしていては、

同じエラーを繰り返すという事です。

しっかり考えて「修正力」を身に付け、潜在意識を、どんどん書き換えていきましょう。

技術的な問題をクリアするためには練習あるのみ!!

ここまで読んで安心してはいけません。

技術的な問題がそこにあれば、ひたすら練習して努力しなければいけません。

考える事ですべてのエラーが解決できる。

そんな楽な話はありませんよね。

しっかり技術的な問題部分を意識しながら、

反復を繰り返し、技術を身に付けていく必要があります。

ある技術を切り取ってひたすら練習する事は大切です。

例えば、パスの技術だったら、

インサイド・インステップ・アウトサイドがあるだろうし、

同じように、トラップも止める時に使う場所は変わるはずです。

切り取るという作業で大事になるのが、

できるだけ細かい部分に分けて切り取っていく事。

インサイドを例にしても、右足か左足かで少し細かくなるし、それが、

スピードアップしてドリブルした時なのか、

まだその前の段階のゆっくりドリブルした中でさえなのかで、

練習するレベルが変わってくるはずです。

ひたすら練習する中にも、考える事は必要になってきますね!!

まとめ

トライ&エラーという言葉はよく聞く事があると思うけど、

ただ単にトライ&エラーを繰り返してもいけないという事が分かったと思います。

練習中でも試合中でも、

「何で同じミスを繰り返すんだよ~」

って思った事があるはずです。

ミスを繰り返す事は、原因を分かってないからです。

なぜ??

と一回問いかけてみましょう。

指導者であれば、なぜ??を気付かせてあげるのが大切ですね。

答えを出してはいけません。

子ども達が考える作業を放棄してしまうから。

自分で気付く事に意味があります。

サッカーにミスはつきものです。

トライ&エラー&think(考える事)=growth(成長)

の繰り返しでどんどん上手くなっていきましょう!!











クリックをお願いします!!

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村


少年サッカーランキング

関連記事



サッカーで子どもをぐんぐん伸ばす11の魔法

池上正 小学館 2008年01月28日
売り上げランキング :

by ヨメレバ

少年サッカーは9割親で決まる

島沢優子/池上正 カンゼン 2014年06月
売り上げランキング :

by ヨメレバ

はてブてシェアをお願いします!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

筑波大学体育専門学群卒業。大学4年次に【日本一】を経験する。卒業後、地元熊本に帰り、高校保健体育の教員として3年間教育現場に立つ。 その後、現在のソレッソ熊本で指導を始め、現在に至る。ソレッソ熊本で指導を始めておよそ10年間。 その中で培ってきた経験を、ブログという形で発信し、独自の視点で少年サッカーについての考えを述べていきたい。