3-1-2-1のシステムの中での1トップの役割と期待する4つの事




8人制サッカーで1トップのシステムを採用する時、

そのポディションをやる選手に期待してるのが、

・チームの誰よりも点を取る事

・攻撃の起点として体を張ってボールをおさめる事

・常に敵の背後を狙って相手守備のバランスを崩し、味方にスペースを作る事

・守備の出発点としてボールを追い相手の攻撃を限定する事

この4つです。

色々試す中で、この4つを活かせると思うのが3-1-2-1のシステム。

やりたいサッカーや、チームにいる個の特徴によって、それが、

3-3-1になったり、2-4-14-2-1になったりすると思うけど、

1トップに期待する4つの事を、

3-1-2-1のシステムを採用する事と絡めながらまとめてみます。

やりたいサッカーとは?

システムを考える時に、その出発点になるのは、

どういうサッカーをやりたいか?

という事です。

うちのチームが目指す理想のサッカー像みたいな感じかな。

それは、

ボールを大切にしながら、チーム全員でボールに関わる事ができる攻撃的なサッカー

この理想のサッカーを求める中で、1トップの役割は重要です。

もちろん、それぞれのポディションに役割があって、

どのポディションの選手も同じように期待している事はあるけど、

1つ1つ書き出したら何が何だか混乱してしまいそうなんで、

1トップ期待する4つの事だけを以下にまとめてみます。

1トップに期待する4つの事

それでは、期待する4つの事を1つずつ、システムと絡めながら説明します。

チームの誰よりも点を取ること

いきなりですが、これはシステムとの絡みはほとんどないですね(笑)

FWとして得点を期待するのは当たり前。

あえて言うなら、

2トップを採用する時は、2人のFWに得点を期待するのが、

1トップという事で、その役割を1人で担いなさいという事。

もっと言うなら、1人でその役割を担う事ができれば、

攻撃の幅は広がるから、得点取る事に貪欲であってくれという事です。

攻撃の起点として体を張ってボールをおさめる事

1トップの下に2人の選手を配置しているのがポイント。

その2人は、

ST(セカンドトップ)や、SS(シャドーストライカー)と呼ばれるポディションの選手ですが、

この選手を活かせるのか?活かせないのか?は、

1トップのボールのおさまり方で大きく変わってきます。

しっかり体を張ってボールをおさめてくれれば、

2シャドー(2人のシャドーストライカー)は、

安心して背後のスペースを狙う事ができます。

もし、ボールがおさまらなかったら、不用意に1トップの背後を狙うと、

相手守備との入れ替わりが起き、中盤はぽっかり空いてしまい、

カウンターを受ける事になります。

また、2シャドーを活かす他にも、1トップがボールをおさめてくれる事で、

時間を作る事(タメ)ができ、サイドバックも攻撃に参加できるようになります。

だから、1トップでボールをおさめるのはある意味、意地であって、

体をしっかり張れないといけません。

常に敵の背後を狙って相手守備のバランスを崩し、味方にスペースを作る事

体を張ってボールをおさめる事は大切ですが、

それだけしかできない1トップであれば、DFは楽です。

DFからしたら全く怖くありません。

常に背後を狙う中で、

上手く抜け出せれば点を取り、抜け出せなければボールがおさまる。

こうなると、DFの選手は注意を向けざるをえません。

そうなるとどうなるか??

裏を狙う事で、DFは1トップの選手についていきます。

当然ついていった後にできるのはスペース。

守備のバランスは崩れます。

バランスが崩れたスペースに2シャドーが入っていく。

DFからしたら、止めるのが難しいと思いませんか??

ただボールをおさめるだけじゃなく、常に裏を狙う事で、

攻撃の幅が広がるはずです。

守備の出発点としてボールを追い相手の攻撃を限定する事

FWだからと言って、攻撃だけしておけばいいという事はありません。

いくら上手くても守備ができない選手は使わない。

これが、

全員でボールに関わる意識をより高めてくれます。

その中で、1トップの守備に求めるのが、

守備の出発点としてボールを追い相手の攻撃を限定する事。

ただボールを追うだけではいけません。

次に守備する選手が、しっかり狙いを持てるように限定する事が大切です。

また、守備の出発点として、素早く守備に切り替える意識も大切です。

出発が遅れると、それを修正しようとし、守備のバランスがどんどん崩れてしまいます。

遅れる事でズレが生じてくるという事です。

守備ができなかったら、いくら点を取れてもマイナスになりますね!!

まとめ

自分達のやりたいサッカーをもとにシステムを考え、

1トップに期待する4つの事をシステムに絡めながら説明しました。

もう一度。

・チームの誰よりも点を取る事

・攻撃の起点として体を張ってボールをおさめる事

・常に敵の背後を狙って相手守備のバランスを崩し、味方にスペースを作る事

・守備の出発点としてボールを追い相手の攻撃を限定する事

この4つを完璧にこなしてくれる個がいたら、

1トップのポディションを確約します(笑)

というのは冗談で・・・。

大事なのは、1トップに限らずどのポディションにも役割があって、

それをきちんと理解しながらプレーできるか?という事。

有名な映画監督である宮崎駿さんは、

「型がない人」に、「型破りな事」はできない

と言います。

これは、

役割を理解せず、個性を出す事は、個性を活かす事ではない

と言ってるようなもんです。

ただサッカーをやるだけではいけません。

1トップに期待する4つの事をまとめましたが、

しっかり頭を働かせて、考えながらプレーできる選手になって欲しいと思います。

ちなみに、参考にした本は、

 
 
グラウディオラがバルセロナの監督をしていた時の、戦術を各ゲームごとに選手の実名を挙げながら詳しく解説。
 
グラウディオラの戦術に関する考え方が分かる本です。
 











クリックをお願いします!!

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村


少年サッカーランキング

関連記事



サッカーで子どもをぐんぐん伸ばす11の魔法

池上正 小学館 2008年01月28日
売り上げランキング :

by ヨメレバ

少年サッカーは9割親で決まる

島沢優子/池上正 カンゼン 2014年06月
売り上げランキング :

by ヨメレバ

はてブてシェアをお願いします!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

筑波大学体育専門学群卒業。大学4年次に【日本一】を経験する。卒業後、地元熊本に帰り、高校保健体育の教員として3年間教育現場に立つ。 その後、現在のソレッソ熊本で指導を始め、現在に至る。ソレッソ熊本で指導を始めておよそ10年間。 その中で培ってきた経験を、ブログという形で発信し、独自の視点で少年サッカーについての考えを述べていきたい。