「楽しむ」意味を理解し、サッカーに対する意識を変化させよう

キッズサッカー(~U-9まで)からジュニアサッカー(U-10~U-12まで)になると、色々な事が変化します。

熊本県ではという事になるかもしれませんが、

コートの広さが変わる

試合する人数が変わる

公式戦が増える

こういったルール上の変化に加えて、大きな変化があります。

変化しなければいけない事といった方がいいかもしれません。

それは、意識の変化です。

キッズサッカーまでをサッカーへの入り口とするなら、

ジュニアサッカーは、本格的なサッカーの幕開け

そこで起こる意識の変化は、

「楽しむ」という意味の理解の変化に伴う意識の変化だと言えます。

サッカーは楽しまないといけない

自分が好きで続けているサッカーなら一生懸命楽しまないといけません。

初めてサッカーをした時の事を思い出してみよう??

(やらされて初めた子もいると思いますが)

・ボールを蹴れるようになった。

・ドリブルが上手くなった。

・サッカーをやって友達ができた。

サッカーの練習で起こる全ての事が純粋に楽しかったと思います。

この気持ちはとても大事で、キッズであったも、ジュニアであっても、

ずっと持ち続けておかなければいけない気持ちです。

ただ、慣れというのは怖いもので、

サッカーがある程度できるようになってくると、

「これくらいできればいいや」

くらいの気持ちで(本人はそう思ってないと思うけど)、

何となくサッカーが楽しいで満足するようになってきます。

特に目標もなく、ただサッカーが楽しいだけという気持ちが、

この何となくサッカーが楽しいという状態を引き起こしてしまいます。

こういった状態の「楽しい」という感覚が、

キッズからジュニアの変わり目(U-10)の子には多いと感じます。

サッカーは楽しまなければいけません。

成長の過程に「楽しさ」を

「楽しむ」事が、上達への一番の近道です。

ただ、「楽しむ」の意味をしっかり理解できないと、

おふざけの延長になってしまいます。

「楽しむ」事の意味の違いを理解する

例えば、

友達と一緒に映画を観に行きます。

財布片手に、ポップコーンを買ってジュースを準備して、みんなで並んで映画を観る。

すごく「楽しい」ですね。

じゃあこれは??

ヤベッチFCでリフティングの宿題が出て、できるかどうか何回もチャレンジする。

これも「楽しい」はずです。

でも、同じ「楽しい」という言葉なのに、何となく意味が違う気がしませんか?

映画を観る楽しさは、どちらかというと緊張感がないリラックスした「楽しむ」

リフティングは、どちらかというと緊張感があって成し遂げようとする「楽しむ」

この意味の違いがはっきり分からないといけません。

本格的なサッカーが始まると、そこに「勝負」がつきものになってきます。

バリバリ緊張感を持って楽しみなさいとは言いませんが、

適度な緊張感を持ってサッカーを楽しまないと「勝負」には勝てません。

それは、

自分との「勝負」にも、チームとしての「勝負」にもです。

しっかりと、自分にとって「楽しむ」の意味を考えてみましょう。

まとめ

「楽しい」時に自分がどういう状態になってるか分かりますか??

おそらく、時間が経つのを忘れるほど「夢中」になってる時だと思います。

つまり、

「楽しむ」=「夢中になる」事です

「夢中」になるには、追いかけるもの(目標)が必要です。

目標がなければ、適度な緊張感は生まれず、ただ「楽しむ」だけになってしまいます。

目標持って映画なんか行きませんよね(笑)

目標があるからこそ、適度な緊張感が生まれ、チャレンジする事を楽しむ事ができる。

夢・目標の存在

当たり前の事のようだけど、何となく「楽しむ」だけの子が多い気がします。

「楽しむ」という意味をしっかり理解し、意識を変化させましょう。

すると、目標にどんどん近づいていく事ができます。

そして、たくさんの目標を達成していくと、夢を叶える事ができます。

松岡大起という男~夢を実現させたのは必然だった~

みんなも夢を叶えたくないですか??











クリックをお願いします!!

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村


少年サッカーランキング

関連記事



サッカーで子どもをぐんぐん伸ばす11の魔法

池上正 小学館 2008年01月28日
売り上げランキング :

by ヨメレバ

少年サッカーは9割親で決まる

島沢優子/池上正 カンゼン 2014年06月
売り上げランキング :

by ヨメレバ

はてブてシェアをお願いします!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

筑波大学体育専門学群卒業。大学4年次に【日本一】を経験する。卒業後、地元熊本に帰り、高校保健体育の教員として3年間教育現場に立つ。 その後、現在のソレッソ熊本で指導を始め、現在に至る。ソレッソ熊本で指導を始めておよそ10年間。 その中で培ってきた経験を、ブログという形で発信し、独自の視点で少年サッカーについての考えを述べていきたい。