身体能力の差がある相手への1対1の守備の対応方法

1対1の守備の対応は難しい。

ジュニア年代においては、身体能力の差が顕著に出るために、

相手が大きくて速い選手

となれば、なかなか奪う事は難しい。

技術でいなされる場面よりも、身体能力の差で負ける部分が多く見られる。

でも、身体能力の差を言い訳にサッカーはできない。

勝負に勝つためには、何とかしてそんな相手にも対応し、

失点しない事が大切である。

身体能力が高い相手に対してどんな守備の対応が必要か?

湘南ベルマーレの杉岡選手の守備のやり方が参考になる。

参考:守備は究極のリアクション

(ベースボールマガジン社)

ステップの踏み方を意識する

まず参考にすべきなのが、ステップの踏み方。

相手にかわされて追い付けなくなる状況になる原因は、

初速で対応しきれずスピードに乗られるというのが大きい。

逆に、相手がかわしにかかろうとした時にしっかり対応できると、

相手もボールを扱ってるわけだからそう簡単には負ける事(ちぎられる事)はない。

その最初の対応で大切になるのがステップの踏み方。

杉岡選手が、対応する時の重心の置き方の話をしているが、

ステップと合わせてピッタリの動画があったので、参考に。

このようなステップの踏み方をトレーニングするのに、一般的に知られているのがラダートレーニング。

もちろん、ラダートレーニングを継続的にする事でステップの踏み方は改善されるだろうが、

実践で活かすためには、しっかりとした1対1で対応するためのステップの踏み方を、

サッカーの中で意識できないといけない。

気持ちだけでガムシャラについていこうとしても、能力の差には限界がある。

正しいステップの踏み方を覚える。

かつ、負けない気持ちを持って対応する事が必要だ。

足先だけで奪いにいかない事

杉岡選手も言ってるが、
特に育成年代では、「1対1」の場面で足先だけで奪いに行く守備が多く見られる。

1対1の対応以外にも、ルーズボールの奪い合いの際も同じ。

足先だけでいくとどうなるか?

子ども達を指導する際に良く言ってるのが、

能力差があったら、能力の高い方のボールになる。

能力が五分五分だったら、またルーズボールになる。

確実に奪いたいなら、まず体を入れなさい。

という事。

反射的に足が出てしまうと思うんだが、

これもステップの踏み方と同様に、サッカーの中で体の使い方を意識しないと、

いつまでたっても足先だけでプレーする事になる。

まずは、ケツ(お尻)を入れる事から意識させる。

体と言われても、どこをどう使えばいいか分かりづらいから。

それで、そこそこケツ(お尻)が入るようになってきたら、

体を上手く使うように促す。

ケツ(お尻)入れて終ったら、次のプレーに進めないから。

そうしたら、足先を簡単に出さずに対応できるようになり、

体を上手く使いながら、奪って次のプレーまでスムーズになってくる。

子ども達の吸収力は速いんだが、容量はけっこう小さい。

順序立てながらステップアップさせる事をおすすめする。

まとめ

育成年代の試合を勝ちきる事は難しい。

それは、先にも述べたように、身体能力の差が顕著に出るから。

でも、育成年代とはいえ、

トップクラスの選手は総じて身体能力が高い傾向にあると思う。

体格が小さくても、ステップが速かったり、走るスピードがあったり。

そんな相手と対峙した時に重要になるのが、

ステップの踏み方と体を上手く使う事(足先だけでいかない事)

もちろん、これだけではなく、

ポディショニングの良さだったり間合いも関係すると思うが、

今日はこの2つをトレーニングの中で意識して実践して欲しいと思う。

この2つは、1対1の守備のベースになる部分。

ベースをしっかり固めてステップアップする事が大切だ。











クリックをお願いします!!

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村


少年サッカーランキング

関連記事



サッカーで子どもをぐんぐん伸ばす11の魔法

池上正 小学館 2008年01月28日
売り上げランキング :

by ヨメレバ

少年サッカーは9割親で決まる

島沢優子/池上正 カンゼン 2014年06月
売り上げランキング :

by ヨメレバ

はてブてシェアをお願いします!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

筑波大学体育専門学群卒業。大学4年次に【日本一】を経験する。卒業後、地元熊本に帰り、高校保健体育の教員として3年間教育現場に立つ。 その後、現在のソレッソ熊本で指導を始め、現在に至る。ソレッソ熊本で指導を始めておよそ10年間。 その中で培ってきた経験を、ブログという形で発信し、独自の視点で少年サッカーについての考えを述べていきたい。