「競争」する事で得られるメリットと注意点




「競争」という言葉が、美化されなくなってきたように感じる現代。

「競争」がないか?

と聞かれれば決してそうではない。

現にサッカークラブの中でも、公式戦に出場するためには、

レギュラーを争うための「競争」

があるのは事実だし、受験なんかもそう。

合格するには、「競争」して試験をパスしなければいけない。

機会(チャンス)を平等にする事は、絶対に必要だ。

公式戦はともかく、

練習試合なんかで機会(チャンス)を奪い、

それも「競争」だから!!

というのは、明らかに間違った発想だが、

「競争」を全てなくす事は不可能。

平等な機会(チャンス)の中で、「競争」がある事を受け入れる事

が必要である。

「折れない心」をどうやって育てるか?

サッカーにおいて、メンタルはプレーの良し悪しを大きく左右する。

大舞台で力を発揮する力

相手に勝つ事

ミスを修正する力

これらの力は、ただサッカーが上手いだけでは身につかない。

負ける事、失敗する事を経験しながら、徐々に身に付いてくる力だ。

また、これらの力を身に付けるためには、

「折れない心」を育てる事が重要である。

「折れない心」を育てるのには、「競争」が必要。

だが、いつも「競争」にさらされて、「負ける」「失敗する」経験を繰り返していては、

折れた心がつながる時間はない。

「負ける」・「失敗する」経験の後には、必ず

修正する時間が必要である。

成功と失敗のバランスをとる

ここで、ぜひ読んで欲しい記事がある。

参考:男の子の「折れない心」を育てるためのコツとは?(DAIAMONDオンライン)

タイトルを聞くだけで、気になる。。。

この記事の中では、「競争」の重要さを述べるとともに、

成功と失敗のバランスをとる事の重要性

が述べられている。

さきほど、

修正する時間が必要

と述べさせてもらったが、この時間は言ってみれば、

勝ち負けが存在しないで、自分自身と向き合う時間

そこで、修正しながら自分の中で小さな成功を重ねる事で、

成功と失敗のバランスがとれると思っている。

現実的に、「競争」の中で成功と失敗のバランスをとることは難しい。

「競争」は勝負だ。

だとしたら、「競争」の枠からはみ出したところでバランスをとるしかない。

まとめ

「競争」を何度も言うと少し聞こえが悪い気もするが、

「競争」は、子ども達が成長していく上で絶対に必要な事だと思うし、

そもそも、「競争」に勝つための機会(チャンス)は、平等であるから

「競争」がある事は受け入れる事ができないといけない。

ここでは、

「競争」は必要

②その中で生じる「負け」「失敗」「折れない心」を作ってくれる

③だが、心が折れたままにならないように修正する時間(成功と失敗のバランスをとる)が必要

というように「競争」にまつわるあれこれをまとめてみた。

大事なのは、どう捉えるかだと思う。

世の中には自分自身でコントロールできる事とできない事があって、

コントロールできない事にパワーを使ってもしょうがない。

コントロールできない事は、捉え方を考えて自分に有益になるようにしないといけない。

「競争」はサッカーをやっていく上で、ずっと付きまとってくる事。

どう捉えるかは、自分次第だ。

参考:挫折は成長の種~レジリエンスを身に付けよう~

小さな勝利と小さな敗北の積み重ねの差がモチベーションに差をつける

自分を客観視できる賢さを~「競争」に勝つ事と「自分軸」を持つ事~











クリックをお願いします!!

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村


少年サッカーランキング

関連記事



サッカーで子どもをぐんぐん伸ばす11の魔法

池上正 小学館 2008年01月28日
売り上げランキング :

by ヨメレバ

少年サッカーは9割親で決まる

島沢優子/池上正 カンゼン 2014年06月
売り上げランキング :

by ヨメレバ

はてブてシェアをお願いします!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

筑波大学体育専門学群卒業。大学4年次に【日本一】を経験する。卒業後、地元熊本に帰り、高校保健体育の教員として3年間教育現場に立つ。 その後、現在のソレッソ熊本で指導を始め、現在に至る。ソレッソ熊本で指導を始めておよそ10年間。 その中で培ってきた経験を、ブログという形で発信し、独自の視点で少年サッカーについての考えを述べていきたい。