努力の方向性を確かめる方法~正しい努力を積み重ねるために~

サッカーの試合にどうしても勝ちたい!!

これは、自分ではコントロールできない事。

結果は、どうなるかなんてやってみないと分からない。

でも、

試合に勝つために自分ができる事は何かを考え、プレーする。

これは、

自分でしっかりコントロールする事ができる。

つまり、

結果自体は、自分のコントロールできる範疇にはないが、

結果に対するアプローチは、自分次第でどうにでもなる。

サッカー選手じゃないので、知らない人もいると思うが、

松井秀喜選手もイチロー選手(プロ野球選手)も、

コントロールできる事とできない事を分けて考える事について、その重要性を語っている。

参考:行方知れずの言葉か(松井選手)

TABLO(イチロー選手)

今一度、自分自身をしっかり見つめ直してみよう。

自分自身の努力を整理する

この考え方は、

努力の方向性が間違ってないか?

を確認するための1つの手段になり得る。

ぜひ、以下の手順で自分自身を見つめ直して欲しい。

①自分の目標・夢を書き出してみる。

②その目標・夢に対して自分自身がやってる努力を書き出してみる。

③足りない努力を書き出してみる。

ここまでしっかりやる事ができると、

夢・目標、もしくは願望のまま終わってる事が見えてくるだろう。

つまり、コントロールできない部分に意識が向いているという事が分かるし、

コントロールすべき(努力すべき)事もしっかり整理できるはずだ。

そうする事で、努力の方向性もよりはっきりし、

「正しい努力」

を積み重ねる事ができる。

参考:努力の質・本気度を高めるために

目的(本質)の捉え方で辿り着くゴールは変わる

目標を達成する具体的な方法

努力をより効果的にする意志の力

もう1つ重要な事。

もし、「正しい努力」をしているとしても、

それが、自分自身の意志によるものでなければ意味はない

もっと厳しい言い方をするならば、「やらされてる」時点で、

「正しい努力」とは言えない。

分かりやすい例をあげると、サッカースクールでの努力。

自分自身で足りない部分にしっかりフォーカスし、

その技術を磨くために、サッカースクールに行くのなら良いが、

とりあえず、人より多くサッカーやる(努力する)

くらいの発想でサッカースクールに行くのであれば、それは「正しい努力」とは言えない。

むしろ、自主練習のために時間を使った方が効果的だ。

サッカースクールに通ったところ、そのスクールが、

自分自身に必要ない部分のトレーニングばかりだったら、

コントロールできない事にパワーを使ってるのと同じ。

自分自身の意志で「正しい努力」を積み重ねることが大切である。

まとめ

自分自身を見つめ直してみると、意外とコントロールできない部分にパワーを使っている事が分かるはずだ。

夢・目標を実現するには、必ず努力が必要

だが、

その努力の方向性が間違ってたり、自分自身の意志がないのであれば、

その努力は「遠回りの努力」になってしまう。

全てが無駄とは言わない。

努力する事そのものに価値はあるから。

でも、せっかくやるのなら、より「正しい努力」「自分自身の意志」で積み重ねていった方が、

確実に夢・目標への距離は近づく

ゴールまで、スピードアップする事ができる。

自分を知ってるのは、自分自身のみ。

ぜひ、「正しい努力」「自分自身の意志」で積み重ねていって欲しい。











クリックをお願いします!!

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村


少年サッカーランキング

関連記事



サッカーで子どもをぐんぐん伸ばす11の魔法

池上正 小学館 2008年01月28日
売り上げランキング :

by ヨメレバ

少年サッカーは9割親で決まる

島沢優子/池上正 カンゼン 2014年06月
売り上げランキング :

by ヨメレバ

はてブてシェアをお願いします!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

筑波大学体育専門学群卒業。大学4年次に【日本一】を経験する。卒業後、地元熊本に帰り、高校保健体育の教員として3年間教育現場に立つ。 その後、現在のソレッソ熊本で指導を始め、現在に至る。ソレッソ熊本で指導を始めておよそ10年間。 その中で培ってきた経験を、ブログという形で発信し、独自の視点で少年サッカーについての考えを述べていきたい。