「共争」「共奏」「共創」そして「共感」~これからの育成について~




反響の大きかった昨日の記事。

松岡大起という男~夢を実現させたのは必然だった~

時代の流れというか、繋がりというか、スピード感というか・・・

まぁ、色々。。。

シンプルに思った事と、リアルを発信しただけなのに、感じるものは大きかった。

そこで、これからの育成のキーワードだって思ったのが、

「共」っていう漢字。

指導者だから、

子ども達と「共」に、「共争」「共奏」「共創」し、関わる人達に「共感」してもらえるような育成

をしないといけないって思った。

チーム(クラブ)の中で育つ個

サッカーは、チームスポーツ。

その中でプレーする個は、チームとしてのまとまりがないと輝く事はできない。

うちのクラブの特徴は、

色がない事

と思ってる。

これ、クラブとしての理念がないのとは違う。

毎年変わる子ども達。

その個性・特徴を理解して、その子ども達の能力を最大限に発揮させたうえでチームづくりをしてる

って事。

育成年代のクラブを見ると、

ドリブルに特化したチームだったり、パスサッカーを重視したり、

明確な色を持ったチームがたくさんある。

それはそれで、個を育てるためのチームの理念だからとやかく言うつもりはない。

子ども達を分け隔てなく、みんなで育てようと思った時に、

子ども達の選択肢は広がった方がいい。

いずれにしても、

チーム(クラブ)の中で、子ども達(個)は育っている。

チームには、

指導者がいて、仲間がいて、支えてくれる家族・OBがいる。

チームの中で個が育っていくには、この大きな輪はすごく大切だ。

「共争」する事

個が育っていくのに、競争は絶対に必要。

それが、仲間を敵対視しながら競い合ってっていうのは、ちょっと違う気がする。

お互い切磋琢磨しながら、ともに競い合って成長するというイメージで、

「共争」していく事が必要だ。

これは、決してゆる~いイメージではない。

全力の中にも互いを認める部分がないといけないって事。

「共奏」する事

「奏」の漢字を見て最初に連想するのが、「奏でる」っていう言葉だと思う。

「共奏」とは、

仲間達と共に、自分達のサッカーを奏でる

という事。

そして、「奏」にはもう1つこんな意味もある。

「成し遂げる」

つまり、「共奏」というのは、

仲間達と共に、自分達のサッカーを奏でて大きな事を成し遂げよう!!

と言った方が適切かな。

うちのクラブなら、

「日本一になる事」

「共奏」する事で目指している。

「共創」する事

色んな解釈ができると思うけど、

「共創」とは、

チームの歴史・伝統を関わる人と共に創っていこう!!

という意味。

長い間クラブに携わってると、すごく、

歴史や伝統の重みと素晴らしさ

を感じる。

「何連覇しました」とか「Jリーガーが出ました」とか

これも立派な歴史と伝統になるんだけど、

それだけではなく、もっと大きな

チームとしての誇り

を関わってる人達と共に創っていきたい。

「共争」しながら、「共奏」し、「共創」していく。

字面だけ読んだら「きょうそう」ばっかりで何のこっちゃだけど、

深い意味を持って、チームの中で個を育てていきたい。

最後のキーワード「共感」

日本って、まだまだ

「出る杭は打たれる」

みたいな文化が残ってる。

少年サッカーの掲示板じゃないんだけど、

参考:少年サッカー掲示板(bbs)の正しい活用方法

どこかで足を引っ張るような事がたくさんある。

これ、めっちゃ悲しい事。

子ども達をみんなで育てようって思うなら、

お互いが認め合い、尊重し合って、「共感」していく態度が必要だ。

今回、大起の記事を書いた事で多くの人に「共感」をいただく事ができた。

「共感」には、すごいパワーがあって、たくさんの人達に勇気・希望・感動を届ける事ができたと思う。

そして、それがさらに繋がっていって、子ども達の育成までたどり着く。

足を引っ張りあって「反感(↔️共感)」してても子ども達の育成にプラスはない。

これだけ時代のスピード感を感じる中で、「共感」を得るというのは、

大事なキーワードになると思う。

まとめ

うちのクラブは、ソレッソ熊本になり約10年。

その中で、たくさんの優秀なOBが育ってくれた。

誰一人として同じ個はいない。

毎年変わるチームカラーの中で、

それぞれが自分の能力の限界まで挑戦している日々の結晶なんだと思う。

ソレッソの勝手なイメージは、

めっちゃ頑張る。。。

だが、それがベースの中で色んな事を積み重ねてきてるつもりだ。

子ども達の心と真剣に向き合い、子ども達の心に火をつける。

これまでも、これからもここだけは変わらない。

そして、もっと進化していくためには、時代の流れを感じながら、

どれだけ「共感」されるチームになっていくかが重要だ。

必ずしも万人受けするとは思わないが、「共に」高みを目指す仲間達と、

「共争」「共奏」「共創」しながら、子ども達の育成に全力を尽くしたい。

チームとは、子ども達を育てるうえで大切な輪。

だが、もっと広い視野で、子ども達の育成に関わる全ての人達と「共に」

サッカーでも社会に出ても通用するような人材(人財)を育てていきたい。

はてブてシェアをお願いします!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

筑波大学体育専門学群卒業。大学4年次に【日本一】を経験する。卒業後、地元熊本に帰り、高校保健体育の教員として3年間教育現場に立つ。 その後、現在のソレッソ熊本で指導を始め、現在に至る。ソレッソ熊本で指導を始めておよそ10年間。 その中で培ってきた経験を、ブログという形で発信し、独自の視点で少年サッカーについての考えを述べていきたい。