努力の質・本気度を最大限に高めるために~2つのマインドセットを比較する~




サッカークラブ選びは重要。

これだけ開かれた時代。

情報集めようと思ったら集め放題。

地域の垣根もなくなってきた。

クラブ文化が育ち、学校部活動は衰退。

もっとやりたい子のためにスクールなんかもある。

将来の目標に対して、身を置くべき環境を逆算しやすい時代になった。

自分達の時代なんて、部活のみ。

環境を選ぶ事ができない分、自分達の力でのみしか切り開く術がなかった。

今の子達は恵まれてるなとつくづく思う。

だからこそ、

本気度が将来の姿とリンクする。

本気でサッカーやってるかぁ~??

本気度にも質がある

本気でサッカーをやってるつもりでも、その努力の質が低かったらもったいない。

努力は、無駄にはならないと思うが、

より質の高い本気の努力が必要だ。

そこで、どんな努力が必要か考えてみる。

ラジオで聞いてて、参考になるマインドセットの考え方があったので、

紹介しようと思う。

その前に、大事な前置き。。。

努力=行動をする事

そして、行動すること=木の枝と思って欲しい。

木の枝がしっかり真っすぐ育つには、木の幹がしっかりしていないといけない。

努力という行為は、そもそも脳が司っている。

つまり、脳で考えられてる事(マインドセットされてる事)が木の幹だ。

自分の中で常識と思ってる部分、良し、悪し。

この大前提であるマインドがしっかりしていないと、

せっかくの努力が質の低いものになりかねない。

そこで、ラジオで聞いた話。

マインドセットには、2種類あるという。

硬直した(fixed)マインドセット

マインドが凝りかたまっている事。

絶対に譲れない拘りみたいなもんかな。

例えば、

AならばBBならばCという具合に、

自然と自分の脳の中で、思考がかたまっているマインドセットと言える。

しなやかな(growth)マインドセット

伸ばす事ができるという事。

選択肢をたくさん持つ事ができるみたいなもんかな。

1つの事に対して、柔軟に対処できるマインドと言ってもいい。

 

このように、人には2つのマインドセットがあるとラジオでは言ってた。

そして、この2つのマインドセットを聞いていて、

どちらが良いとは言い切れないというのが自分の見解。

拘り持ってやる事は、覚悟みたいなもんで、

やり続ける事によって成果を上げる場合もある。(硬直したマインドセット

また、それが間違ったやり方だとしたら、柔軟にマインドセットをし直し努力しないといけない。(しなやかなマインドセット

いずれにしても、

しっかりと幹(マインドセット)を成長させることが、枝(努力)を質の高いものに変えてくれる。

そうやって本気度の質もあげていかなくてはいけない。

※昔から脳の話が好きだったんで、以前の参考記事も

参考:サッカー脳を強化する~脳はワクワクが大好き~

脳をフル活用する事のすすめ~「言語化」と「論理的思考」~

マインドセットの例え話

こういう実験があったという。

子ども達に算数の問題をやらせた。

最初は、誰でも解けるような簡単な問題。

当然、全員正解で、子ども達は喜ぶ。

次に、少し難しい問題を出題。

硬直したマインドセットの子は、

難しくなった→解けるはずない→解かなくてもいい。

と結論図づける。

一方、しなやかなマインドセットの子は、

難しくなった→解けるかな?→チャレンジしてみよう!

と行動にうつすことができる。

マインドセット=心の自動化みたいなもんだ。

マインドセットがしっかりされていないと、その後の行動が変わってしまう。

まとめ

これからの時代は、より個人がフォーカスされる時代になってくる。

そして、その個人を助けるための情報は、

より緻密により多くなってくる。

自分に返ってくる結果は、よりダイレクト(直接的)になってくるだろう。

そうなった時、

結果=努力の質×努力の量×情熱(本気度)

これは、今でも変わらない普遍的な公式的なもんだとは思うが、

努力の質の部分では、大きく差が出てきてしまうと思う。

どちらとも甲乙つけ難い、2つのマインドセットの方法だが、

これからの時代を考えるなら、

しなやかなマインドセット

がより必要になってくるだろう。

頭が硬くなり、自分のマインドが硬直されたままにならないように、

常にアンテナを張って情報を入れなければいけない。

スポーツ選手、経営者、政治家などで成功を収めた人達の「成功条件」を分析し、
 
「勝者のマインドセット」とは?を論じている。
 
政界・ビジネス界・スポーツ界ほか数多の「勝者たち」への膨大なインタビュー。
 
至言の引用を元に構成した、「勝利」へのレッスン本である。











クリックをお願いします!!

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村


少年サッカーランキング

関連記事



サッカーで子どもをぐんぐん伸ばす11の魔法

池上正 小学館 2008年01月28日
売り上げランキング :

by ヨメレバ

少年サッカーは9割親で決まる

島沢優子/池上正 カンゼン 2014年06月
売り上げランキング :

by ヨメレバ

はてブてシェアをお願いします!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

筑波大学体育専門学群卒業。大学4年次に【日本一】を経験する。卒業後、地元熊本に帰り、高校保健体育の教員として3年間教育現場に立つ。 その後、現在のソレッソ熊本で指導を始め、現在に至る。ソレッソ熊本で指導を始めておよそ10年間。 その中で培ってきた経験を、ブログという形で発信し、独自の視点で少年サッカーについての考えを述べていきたい。