トレセン制度をめぐる問題点と改善策




子ども達にとってトレセンは憧れ。

選ばれるわけだから、分からんでもないし、選ばれたからにはどんどん上に行って欲しいという気持ちもある。

だけど、トレセンって言葉に踊らされて、

本当に今必要な事は何なのか?

が見えなくなってしまっては困る。

これは、選ばれる子・選ばれない子両者に言える事。

例え選ばれた子であっても、

選ばれたことに満足してしまっては、そこで成長は止まってしまう。

選ばれなかった子であっても、

落ち込むだけでは、そこで成長は止まってしまう。

子どもは、単純なんでそうなってしまったときに、指導者や親がどういう関りを持ってあげるかが大切だ。

トレセン制度とは??

トレセン、トレセンって言うけど、トレセンの括りはたくさんあって、どの括りで話しているのか分からなくなることがある。

トレセンという意味をみんなしっかり理解しているんだろうか?

JFAのホームページから参照に、そもそもトレセンって何だ?

を簡単に解説してみる。

詳しく知りたい方は、直接ホームページを参考に。

参考:JFA トレセン概要

要は、地区という小さい括りから始まって、県トレ、九州トレセン、ナショナルトレセンまで徐々に選抜されていくという事。

その上に世代別の代表があるという事は、トレセンでセレクトされていく必要がある。

トレセン活動のそもそもの大きな目的は、

「日本サッカーの強化、発展のため、将来日本代表選手となる優秀な素材を発掘し、良い環境、良い指導を与えること」

なので、初めの地区トレセンに漏れたからもうだめだという事はない。

熊本でもそうだが、地区トレセンの選抜大会等で、将来性のある選手は、その都度ピックアップされていく。

あくまでも、素材の発掘という事がそもそものトレセンの目的だ。

トレセンの良し悪しについて

このように、トレセン制度をしっかり見ていくと素晴らしい制度と思ってしまうが、必ずしもそうではないのが現実。

表向きの目的だけを拾ったら、素晴らしいんだけどね。

良い部分としては、まさしく書いてある通り!!

・良い環境・良い指導を提供してもらえる

のが一番で、その子自身にとっては、

・選ばれたことで自信になる

・可能性が広がる

・新たな経験を得る事ができる

また、チームにとっても、その子が経験を積んでくれることで、

・チームメイトが新しい刺激を受ける事ができる

・チーム力が上がる

というメリットもある。

だが、実際にはそう良い事ばかりでもない。

悪い部分としては、

・受かった事に満足してしまい、努力をしなくなる

・チームでのポディションが約束されたかのように勘違いしてしまう。

・チームメイトを下に見る

これ、けっこうトレセンあるある。

冒頭にも述べたが、子どもは単純。

全てが、賢こくて色んな所に頭がまわるわけではない。

という事は、トレセン制度のメリットを最大限に生かすためには、指導者・親の態度も重要だ。

トレセンに対する指導者・親の関わり方

うちのチームでも毎年数名が色んな括りのトレセンの中で活動している。

地区トレから、県トレ、ナショトレなど段階は様々。

もちろん地区トレにも選ばれてない子だってたくさんいる。

ここで、注意しているのは、

チーム内の評価とトレセンの評価は違うという事を明確にしているところ。

評価基準も若干違うと思うが、大前提として、

トレセンは、指導者が毎日その子を見ているわけではない。

たまたま練習会の日だけ良かったかもしれないし、悪かったかもしれない。

その日に目立てるか?ってのがトレセン選考会では重要だ。

逆に、いつも見ている指導者であれば、良い時も悪い時も知ってるし、

人間性や努力してる姿などその子のバックグランドまで含めたところが評価になる。

違うのは当然だ。

実際に、うちのチームでは県トレで控え。

トレセンと無縁でもバリバリのレギュラーなんてパターンはけっこうある。

指導者は、ありのままの子どもの姿を、それぞれの立場で純粋に評価してあげる事が大切だ。

そして、

「ここがゴールではない!!」

という事を伝えなければいけない。

親も指導者同様。

まずは、トレセン制度がどんなものなのかをしっかり理解する事。

・なぜ、子ども達はトレセンに憧れるのか?

・今の段階で、その子にとってトレセンは必要なのか?

をしっかり考える事が重要だ。

それから、受かった・受からなかったで子どもがどういう態度を取り、どういう対処が必要か考える。

指導者に任せれる部分は任せ、親でしかケアできない所はケアしてあげる。

このラインをしっかり引くことが重要だろう。

最終的には、

「ここがゴールではない!!」

になるとは思うけど。

まとめ

トレセンは子ども達の憧れであることは間違いない。

選ばれるわけだし、上を目指すには良いモチベーションになる。

しかし、結局は、

自分軸をしっかり持ってサッカーと向き合えてるか?

の方が重要だ。

参考:自分を客観視できる賢さを~「競争」に勝つ事と「自分軸」を持つ事~

サッカー少年に不必要な「評価」という見えない敵~「評価」に対する考え方~

トレセンも自分を成長させるための一つのカンフル剤だと思ってるくらいがちょうどいい。

また、トレセン制度をはき違えて違う方向に進みそうになった時は、

指導者・親が子どもをしっかりた正してあげなくてはいけない。

何でも良し悪しがある。

柔軟な対応力と賢さが必要だ。











クリックをお願いします!!

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村


少年サッカーランキング

関連記事



サッカーで子どもをぐんぐん伸ばす11の魔法

池上正 小学館 2008年01月28日
売り上げランキング :

by ヨメレバ

少年サッカーは9割親で決まる

島沢優子/池上正 カンゼン 2014年06月
売り上げランキング :

by ヨメレバ

はてブてシェアをお願いします!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

筑波大学体育専門学群卒業。大学4年次に【日本一】を経験する。卒業後、地元熊本に帰り、高校保健体育の教員として3年間教育現場に立つ。 その後、現在のソレッソ熊本で指導を始め、現在に至る。ソレッソ熊本で指導を始めておよそ10年間。 その中で培ってきた経験を、ブログという形で発信し、独自の視点で少年サッカーについての考えを述べていきたい。