サッカーにおける数字の1に対する拘り~小さな拘りが大きな差~




残り1分。

あと1点。

ラスト1プレー。

あと1歩。

サッカーでよく使われる数字の1。

この1への拘りで、勝負がついてしまう。

この1への拘りの積み重ねで将来の姿が変わる

サッカーをやってきた人でも、やったことのない人でも、

サッカーに関わっていくうちに、この1の持つ力に魅了されていくはずだ。

なぜ拘りを持たなくてはいけないのか?

良くも悪くも紙一重の重要さを感じる事がたくさんあるから。

理由は、これしかない。

たった1点の得失点差で泣いた事もあるし、

残り1プレーの劇的ゴールで追いついたり、勝ったりした経験もある。

1についてのいい思い出と嫌な思い出は、あげればキリがないほどだ。

その度に、小さなことへの拘りが強くなっていく。

勝負の神様は細部に宿る

というがまさにその通り。

この細部というのがここでいう1への拘りだ。

だから、練習でも常に1を意識して練習する。

・あと1歩の寄せ

・もう1歩速く

・1点に拘ったゲーム

・1人でも多く攻守に関わる

日常から拘りがないと、紙一重がこっちに転がってこない。

拘りを持つための2つの大事な事

2つの事を意識すれば、自然と拘りが身についてくる。

最後まで集中する事

拘り持ってる選手の特徴としてまず挙げられるのが、

集中力があるという事。

練習中も、試合中も集中力を保った状態でいる事で、あらゆる事に対処できてしまう。

また、面白い事に、

そういう選手に限って、残り1プレーで劇的なゴールを決めたり味方を救うプレーをしてくれるもんだ。

気の緩みが一切ないんだろう。

たまたまじゃなくて、必然と言っても過言じゃないように、そんな偶然は起こるものだ。

自分が、大学生の時の監督は、現モンテディオ山形の監督をしている木山さんという方だった。

木山さんは、よく、

「Be Alert」=「研ぎ澄まされた状態」

でいなさい。と言われてた。

聞いた言葉が斬新すぎて、「集中」と声掛けするより、「アラート」って声掛けした方が、集中力が研ぎ澄まされてた感じがする。

余談になったが。。。

とにかく、拘りを強くするには、まずは何といっても

集中力を身につける事が必要だ。

参考:成長と集中力の関係性

負けず嫌いであれ!!

いくら集中力があっても最後の最後は、

負けず嫌いの部分があるかないか

が重要だと思っている。

例えば、あと1歩でボールに触れる・触れないの場面。

必死にスライディングしてでも触ろうとするか、スッと力を抜いてしまうかは、

集中力だけでは片づけられない。

負けず嫌いな子だったら、絶対にその1歩で力を抜かないはずだ。

負けず嫌いなんて、そんなの性格だよ!

と思ってる方は、ぜひこの記事を!!

参考:負けず嫌いって何?改めて考えるサッカーにおけるメンタルの重要性 byサカイク

先天的な性格も関係するとは思うけどね。。。

うちにいた子達で物凄い負けず嫌いを何人も見てきたが、

こいつ本物の負けず嫌いだって思った子は、

例え大人が相手だろうと、自分が勝つまでチャレンジしてくる。

ここまで来ると、拘りを持つか持たないかの話じゃなく、放っておいても大丈夫。

きっと、チームを救ってくれるし、その子自身も成長していくはずだ。

実際、そんな人物で、今も想像を超えるくらい成長し続けている。

まとめ

結果は別として、大会を終える度に、

「最後まで拘ってやれたか?」

という質問をする。

日常の練習もそうだ。

「今日の練習は最後まで全力でやれたか?」

ってしょっちゅう聞く。

という事は、まだまだ拘りが足りてないという事だろう。

試合に勝ったり、練習を通して個人が成長できたりする確率をいかに上げるかは、

いかに拘りを持ってやり続けるか

しかない。

意識して拘るところから、無意識の中で拘りが生まれるところまで成長することが重要だ。

そしたら、自然に1への拘りが身につくだろう。

そして、紙一重の勝負も自分たちのものに。

プロへなるならないも、ある程度のレベルまで行ったら、残り1歩の勝負だと思う。

それを、運と言う人もいるが、

実際は、最後まであと1歩を拘って積み重ねてきた差なんだろう。

自分は、振り返ってみると後1歩を逃し続けてきた。

だからこそ、子ども達には、拘る事への大切さをしっかり伝えないといけない。











クリックをお願いします!!

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村


少年サッカーランキング

関連記事



サッカーで子どもをぐんぐん伸ばす11の魔法

池上正 小学館 2008年01月28日
売り上げランキング :

by ヨメレバ

少年サッカーは9割親で決まる

島沢優子/池上正 カンゼン 2014年06月
売り上げランキング :

by ヨメレバ

はてブてシェアをお願いします!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

筑波大学体育専門学群卒業。大学4年次に【日本一】を経験する。卒業後、地元熊本に帰り、高校保健体育の教員として3年間教育現場に立つ。 その後、現在のソレッソ熊本で指導を始め、現在に至る。ソレッソ熊本で指導を始めておよそ10年間。 その中で培ってきた経験を、ブログという形で発信し、独自の視点で少年サッカーについての考えを述べていきたい。