クラブの伝統を繋ぐための好循環~人材(人財)育成~

ソレッソ熊本として活動が始まり、10年程経った。

やっと社会人のOB達も出始めて、今ではバイトに来てくれるOBもたくさん。

このOB達の存在は、大きい。

それを実感したんで書いてみようと思う。

伝統を繋いでくれる存在

うちのOBは大きく分けると2パターン。

・キッズ(年中~)からジュニアユースまでソレッソ

・ジュニアユースからソレッソ

まだまだ歴史は浅いがクラブの伝統・色はOB達が作ってくれた。

一生懸命突っ走ってきたら伝統が積み上がった感じかな。

それなりに実績もできた。

そして、この伝統・実績をつくってきてくれたOB達がまたクラブに戻ってきてくれる。

バイトとしてなんだけど、この子達の存在がクラブとしての伝統を繋いでくれる。

子ども達との関わり

子ども達にとっては、大学生はお兄ちゃん的存在。

子ども達も、自分達スタッフの時より気軽に接する事ができる。

いい緩衝材だ。

OB達は、ソレッソがどうあるべきかが刷り込まれてる。

子ども達の心に火をつけてやるのが上手い。

こうやって、自然とOB達と子ども達の間で伝統が繋がっていく。

これからのクラブとしての役割

これから先も、クラブの中でこの様に人が循環していくには、

こちらが来てくれるのに対して受け身であってはいけない。

・将来のためのステップアップの場

・人間的に成長

・情熱を注げる環境づくり(金銭面含む)

こんな事をやっていく必要があるだろう。

また、ソレッソというクラブが半永久的に続いていくには、

ソレッソに関わり続ける人材も育てなくてはいけない。

自分はよく人材を「人財」という表現をする。

OBも子ども達も、ソレッソに関わってくれた子達は、

みんながソレッソの大切な「人財」だ。

この素晴らしい「人財」達を大切に育てなければいけない。

参考:サッカー選手である前に必要な人としての資質とは

まとめ

同じグラウンドで練習している事もあり、高校生のOB達もバイトとして練習に立ってくれるようになった。

その光景をふと見たときに、

人の循環と伝統の循環

を強く感じることができた。

サッカーを教える事がサッカークラブの大きな役割なんだが、

もっと大きなクラブとしての使命には、

「人財」の育成がある。

クラブから、サッカーに限らず素晴らしい「人財」が巣だってくれるのが一番の願いだ。

OB達のおかげで、うちのクラブは胸を張って、

「活気があって子ども達が活き活きしているクラブ」

と言う事ができる。

練習中座ってる子、ボーッとしてる子はいなくなった。

関わる人数が多い事もあるが、

根っこにあるのは、ソレッソというクラブに関わる者達の「愛・情熱」だと思う。

練習光景を見た時に、感じたことを感じたままに綴ってみた。。。

結局、キーワードは指導内容、環境なんかより「人」だ。

全少で出会った、有名街クラブである江南南、ファナティコスもOB達の関わりが強いようだ。

参考:有名街クラブに学ぶ

伝統を繋ぐには、「人財」の育成が必要である。











クリックをお願いします!!

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村


少年サッカーランキング

関連記事



サッカーで子どもをぐんぐん伸ばす11の魔法

池上正 小学館 2008年01月28日
売り上げランキング :

by ヨメレバ

少年サッカーは9割親で決まる

島沢優子/池上正 カンゼン 2014年06月
売り上げランキング :

by ヨメレバ

はてブてシェアをお願いします!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

筑波大学体育専門学群卒業。大学4年次に【日本一】を経験する。卒業後、地元熊本に帰り、高校保健体育の教員として3年間教育現場に立つ。 その後、現在のソレッソ熊本で指導を始め、現在に至る。ソレッソ熊本で指導を始めておよそ10年間。 その中で培ってきた経験を、ブログという形で発信し、独自の視点で少年サッカーについての考えを述べていきたい。