サッカーがより上手くなるための調整力・ライフキネティックの考え方




サッカーをクラブでやってる子ども達。

サッカーがない日は、他のスクールに通ったり、塾に行ったり色んな過ごし方があるだろう。

とにかく忙しい。

そんな子ども達には、時間の有効な使い方が必要だ。

参考:忙しいサッカー少年のための時間管理術

自分は、田舎町出身なんで外遊びが大好きだったが、今外遊びをしている子ども達をほとんど近所で見る事はない。

だが、「遊び」の中には、運動・サッカーに役立つ要素がたくさん詰まっている。

ここで言う「遊び」というのは、

・単純に友達と遊ぶ、鬼ごっこやボール遊び

・普段やらないようなスポーツ(習い事)

まで含める事にする。

子どもの頃は、多様な運動経験(遊び)が必要だ。

多様な運動経験(遊びは、子ども達が運動するうえで大切な、

調整力を高めてくれる。

調整力とライフキネティック

調整力とは、英語で言うとコーディネーション(coordination)。

一度は、聞いたことがある言葉だろう。

具体的には、

巧緻性,協応性ともいう。体力の一要因とされる身体的能力で,身体各部および感覚,知覚などを合理的に動員して複雑な運動技術を生み出す能力。スピード,バランス,タイミング,反応時間と相関関係が深く,高度の技術を要するスポーツにはきわめて重要な要素とされる。

参考:ブリタニカ国際大百科事典の解説

もちろんサッカーのトレーニングの中でもこの能力を身につける事は可能だが、

同じトレーニングの繰り返し、身体の同じ部分しか使っていないなら、調整力を身につけるのは難しい。

やはり、サッカーだけでなく色んな「遊び」が必要だ。

そしてもう一つ。

ライフキネティックという言葉を聞いたことがあるだろうか?

サッカー界では、ドイツがこの理論を導入し、成果を上げていることが有名だ。

ライフキネティックもキーワードは、「多様な」という事になる。

簡単には説明できる理論ではないので、ぜひ以下を参考にしてほしい。

参考:ライフキネティック公認日本支部

調整力・ライフキネティックともに「遊び」の中で身につく。

ライフキネティックに関しては、「遊び」の中により工夫が必要になるが、

楽しみさの中で身につく能力になるので、ぜひ友達同士でも、親子でもやってもらいたい。

サッカーをより楽しむために運動経験をたくさん積もう

「サッカーが上手くなるためには、サッカーをしなくてはいけない」

これは当然の考え方で、サッカーをやれば、やらないよりはどんどん上手くなっていくのは当たり前。

特にボールを扱う「技術」に関しては、より向上が見えるようになるだろう。

しかし、サッカーは「技術」のみで成り立っているわけではない。

「戦術眼」も必要だし、「身体能力」必要である。

サッカーに必要な「身体能力」には、

・筋力・・・体を動かすためのベースとなるもの。パワー。

・持久力・・・より長時間動くことができる能力

・敏捷性・・・素早く体を動かし反応する

・柔軟性・・・体の柔らかさ

・平衡性・・・体のバランスを取る

があり、これらを総合的にコントロールする能力が調整力と言われる。

各能力については、発達段階に応じて適切な時期というものがあるが、調整力はぜひ早い段階から色んな「遊び」を通して身につけておきたいものである。

より、サッカーをより楽しみたいなら、

・ボールを自由自在に扱う

・身体を自由自在に操れる

この2つが大切だ。

サッカー以外の運動経験をたくさん積むようにしよう。

参考:多様な運動経験を

まとめ

サッカーの練習を誰よりも頑張るのは大切だが、

自分を見つめる事も大切である。

サッカーが上手くなりたいという目標があった時に、

では、自分は何をすればよいか?

がはっきりと見えてなければ、それは適切な努力とは言えない。

ボールを扱うのが苦手ならボールを使った練習をすべきだし、

身体能力が足りないと思えば、そのための練習をしなければいけない。

調整力・ライフキネティックの良いところは、様々な運動経験「遊び」からその能力を獲得できることである。

時間がないなら、とにかく「遊べ」って事だ。

もし、本格的にトレーニングとしてやりたい子ども達のために、これを勧めておく。

・育成強国ドイツが提案する教材の決定版
 
・ハードワークと遊びの両立。創造力が身につく
 
・376ページに渡る指導書と120分のDVD
 
自主練に活用するもよし、親子で活用するもよし、指導者の指導書として活用するもよし。
 
子ども達も指導者も学び続ける事が必要だな!!
 

はてブてシェアをお願いします!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

筑波大学体育専門学群卒業。大学4年次に【日本一】を経験する。卒業後、地元熊本に帰り、高校保健体育の教員として3年間教育現場に立つ。 その後、現在のソレッソ熊本で指導を始め、現在に至る。ソレッソ熊本で指導を始めておよそ10年間。 その中で培ってきた経験を、ブログという形で発信し、独自の視点で少年サッカーについての考えを述べていきたい。