少年サッカーで気になる守備の意識の低さ




はじめに

昨日は、1日記事メンテナンスをしてて記事の更新まではできなかった。

リニューアルというか、最近考えてたことをきちんと形にし直そうと思っている。

いつもながら、

はじめに

のページに経緯だったり、内容だったりを書いてるんで気になる方は目を通してみてください。

という事で、記事を更新していこう。

守備と攻撃の質の関係

練習中に、守備をテーマにトレーニングすることはほとんどない。

だが、

「守備の質を上げないと攻撃の質は上がらない」

という事は、毎回の練習で言い続けている。

子どもは、攻撃することが好き。

それは分かってて、頭の中は攻撃の事でいっぱい。

むしろ、守備の事は言ってやらないと、サボれるだけサボってしまう。

言ってみれば、

「サッカーに対する意識が低いんだよ!どっちも全力でやれよ!!」

ってのが本音なんだが、現実はそう簡単にはいかない。

やるやつはやるが、やらないやつはやらないってのが現実だ。

そうなると、全体の練習の質が下がってしまう。

誰でもとまではいかないが、普通にサッカーやってたら、ノープレッシャーならある程度ボールを扱う事もできるし、判断もできる。

でも、そこで練習を満足させていては、いざという時に技術を発揮できなくなる。

日常からプレッシャーがある状態でプレーすることが大切だ。

うちに体験にくる子達

緊張しているという問題もあると思うが、

もしくは遠慮してるのかな??

守備の意識が低い子が多い。

ゲームなんかをやらせても、目につくのは足元の上手さよりも、運動量の少なさと守備の意識の低さ。

よく、うちのチームはプレッシャーが速いと言われるが、

それが普通と思ってるから、速いなんて思わないし、まだまだ足りないとすら思ってしまう。

速い・遅い、頑張る・頑張らない

なんて意識が高いか、低いかの違いだと思うけどな。。。

やろうとしてやれないのと、やろうとしないからやれないでは、雲泥の差がある。

まとめ

意識次第でコントロールできる部分は、コントロールしてあげないと話にならない。

問題はそこからであって、

+何を積み上げるかのほうが重要だ。

対外試合とかやっても、せめて守備くらいは頑張らせてくれって事は多々ある。

その方が、絶対子ども達のためになる!!

こう書くと、色々否定しているように聞こえるかもしれないが、別にそんな意図は全くない。

どんな環境が子ども達を成長させてくれるのか?

興味があるのはそこだけ。

そのためには、守備をやる事もそうだが、一生懸命やる事は最低限必要な事だと思う。











クリックをお願いします!!

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村


少年サッカーランキング

関連記事



サッカーで子どもをぐんぐん伸ばす11の魔法

池上正 小学館 2008年01月28日
売り上げランキング :

by ヨメレバ

少年サッカーは9割親で決まる

島沢優子/池上正 カンゼン 2014年06月
売り上げランキング :

by ヨメレバ

はてブてシェアをお願いします!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

筑波大学体育専門学群卒業。大学4年次に【日本一】を経験する。卒業後、地元熊本に帰り、高校保健体育の教員として3年間教育現場に立つ。 その後、現在のソレッソ熊本で指導を始め、現在に至る。ソレッソ熊本で指導を始めておよそ10年間。 その中で培ってきた経験を、ブログという形で発信し、独自の視点で少年サッカーについての考えを述べていきたい。