サッカーを通して「GRIT」=やり抜く力を身につけ、成功を手に入れよう




成功するためのキーワード

「GRIT」という言葉を聞いたことがあるだろうか?

今、アメリカで注目されている「成功するためのキーワード」で日本語では、

「GRIT」=やり抜く力

と訳されている。

最新科学で明らかになったのは、真の成功要因は、生まれながらの才能やIQなどではなく「GRIT」だという。

日本でも、

「継続は力なり」

ということわざを誰もが聞いたことがあるように、やり抜く事の大切さについて語られる事はしばしばあるが、より具体的に、

やり抜くには何が必要か?

について考えるため「GRIT」を参考にしてもらいたい。

「GRIT」とは??

「GRIT」は、4つの頭文字を繋ぎ合わせた言葉である。

・Guts(度胸)

・Resilience(復元力)

・Initiative(自発性)

・Tenacity(執念)

まずは、難しそうでもやってみようと思い(Guts:度胸)、

ちょっとくらいうまくいかなくても続けて(Resilience:復元力)

自分が決めたことを(Initiative:自発性)

決めた期間までは最後までやり遂げる(Tenacity:執念)

ことが、「GRIT」そのものを伸ばす。

成功者に共通するGRIT。「やり抜く力」をぐんぐん伸ばす、4つの家庭習慣

「GRIT」を持っている子とは??

指導をしている中で、

「こいつ何か違うな!!」

と思わせる選手は、共通して「GRIT」を持っている。

簡単に言うと、

負けず嫌いで、好奇心旺盛で、常識はずれな部分を持っている。

こういった子は、

サッカーほぼ未経験者の状態で入ってきた子でも、6年生の最後の頃には、レギュラーとして試合に出てたり、

ジュニア(小学生)までは、ずっとBチームだった選手が、ジュニアユース(中学生)に上がってレギュラーとして試合に出てたりする。

それは、まさしく「GRIT」=やり抜く力を持って努力し続ける事が出来たからだろう。

そんなメンタリティーを持ってる子は、きっとサッカーで成功しなくても、

別の分野でも活躍できる。

サッカーをやってる子は、サッカーが好きだから続けているんだろうと思う。

好きな事を最後までやり抜く事なんて当たり前。

という事は、

「GRIT」は、サッカー少年であればみんながもっている資質であると言えるだろう。

まとめ

「GRIT」が生まれながらにして持っていない後天的な能力だとすれば、

誰でも、鍛えれば磨くことができる能力と言える。

サッカーが上手くなるためには、

Guts(度胸)もResilience(復元力)もInitiative(自発性)もTenacity(執念)も必要である。

サッカーに本気で向き合う事で、物事への向き合い方を学び、

「GRIT」を磨けばいい。

そのためには、受け身でないという姿勢が大前提だ。

せっかく好きでやっているサッカー。

一生懸命向き合った先で、自分の人生の成功を手に入れよう。

【関連記事】











クリックをお願いします!!

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村


少年サッカーランキング

関連記事



サッカーで子どもをぐんぐん伸ばす11の魔法

池上正 小学館 2008年01月28日
売り上げランキング :

by ヨメレバ

少年サッカーは9割親で決まる

島沢優子/池上正 カンゼン 2014年06月
売り上げランキング :

by ヨメレバ

はてブてシェアをお願いします!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

筑波大学体育専門学群卒業。大学4年次に【日本一】を経験する。卒業後、地元熊本に帰り、高校保健体育の教員として3年間教育現場に立つ。 その後、現在のソレッソ熊本で指導を始め、現在に至る。ソレッソ熊本で指導を始めておよそ10年間。 その中で培ってきた経験を、ブログという形で発信し、独自の視点で少年サッカーについての考えを述べていきたい。