サッカー少年に不必要な「評価」という見えない敵~評価に対する考え方~




【評価】は気にするべき??

サッカーをやっていれば、【評価】を受けるのは当然の事。

それが、クラブ(チーム)内であろうが、トレセン活動であろうが必ず【評価】を受ける場面がある。

子ども達は、その【評価】によって現実を突きつけられるわけだから、

【評価】なんて全く気になりません」という事にはならないだろう。

それは当然の事だと思うが、【評価】について、本当に気にしなければいけない事かどうかをじっくり考えて欲しい。

いつも【評価】は一定??

一番比較がしやすいクラブ(チーム)内での【評価】とトレセンでの【評価】

同じサッカーというスポーツの中で選手を【評価】してるのに、

クラブ(チーム内)では【評価】が高いはずなのに、トレセンでは【評価】が低いなんて事ありませんか??

この逆もあり得る事だと思う。

それは、

【評価】する人が違えば、【評価基準】が変わるから。

では、

【評価基準】を全ての指導者が一定にするべきじゃないか?

と反論がありそうだが、

現実それは難しい。。。

ライセンス制度などで、ある一定レベルではサッカーの原理原則は共有されてるものの、

指導者の経験(背景)が違えば、見えるものも変わってくるだろうし、

各クラブ(チーム)の、色(ドリブル中心・パス中心)の違いだってある。

だから、子ども達・保護者は、

【評価】は一定ではない

という事実を知っておかなくてはいけない。

【評価】に対する考え方

では、ここで質問!!

「あなたは、何のため・誰のためにサッカーをしていますか??」

こう質問されてら、おそらくほとんどの子が

「自分のため」

と答えるでしょう。

もちろん、プロの世界に飛び込むためには、色んな【評価】を受けながら勝ち残っていかなくてはいけないが、

そもそもプロになるような選手は、

誰が評価しようがプロになる実力を持っている。

実際、少しの【評価】のズレでプロになる・ならないが紙一重の場合もあると思うが、

そんな紙一重を願って【評価】ばかり気にしていては、やるべきことを見失ってしまう。

うちのチームでは、

「自分(子ども)の成長度をしっかり評価できるように」

と子ども達にも、保護者にも伝えているし、指導者もその指針に沿って【評価】をする。

なので、外からの【評価】を気にすることはない。

チームの中での子ども達をしっかり見て・判断し【評価】をするようにしている。

トレセンに選ばれてるのに、チームでは出れないなんてザラにある。

ぜひ、【評価】の物差しは自分自身の中のみにある事を理解して欲しい。

まとめ

【評価】に対する不平・不満はたらふくあると思う。

ただ、それは指導者の立場から言わせてもらうと、

ただの言い訳に過ぎない。

他を圧倒できてない

まだまだ足りない部分がある

というような思考ができると、伸びしろが見えてくるんだが、そうならない思考であれば、

この先もずっと【評価】という見えない敵と戦っていかなくてはいけない。

本当に戦うべきは、

昨日の自分であったり、数か月前の自分であるはず。

大人であればそれが分かっていると思うから、ぜひ我が子には

【評価】ってこういうもんだよ!」

って諭して欲しい。

間違っても大人が一緒になって、【評価】に対する愚痴を口にしてはいけない。

そうなると、被害を被るのは、子ども達だと思う。

【評価】される前に、【評価】をされるべき選手に成長しておくことが大切である。











クリックをお願いします!!

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村


少年サッカーランキング

関連記事



サッカーで子どもをぐんぐん伸ばす11の魔法

池上正 小学館 2008年01月28日
売り上げランキング :

by ヨメレバ

少年サッカーは9割親で決まる

島沢優子/池上正 カンゼン 2014年06月
売り上げランキング :

by ヨメレバ

はてブてシェアをお願いします!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

筑波大学体育専門学群卒業。大学4年次に【日本一】を経験する。卒業後、地元熊本に帰り、高校保健体育の教員として3年間教育現場に立つ。 その後、現在のソレッソ熊本で指導を始め、現在に至る。ソレッソ熊本で指導を始めておよそ10年間。 その中で培ってきた経験を、ブログという形で発信し、独自の視点で少年サッカーについての考えを述べていきたい。