練習に取り組む際のシンプルなポイント

成長への一番の近道は??

「さぁ、今日は練習だ。今日の練習は何やるんだろう?」

こんな意識で練習をやっていては、いつまでたっても成長する事はできない。

それは、

練習が、その子にとって与えられているもの

と思っているから。

もし、もっと上手くなりたいと思うのであれば、

「今日は◯◯にチャレンジしてみよう」

「今日の課題は◯◯を成功させる事」

など、目的を持って練習に取り組む姿勢が必要になってくる。

そういう子にとって練習とは、与えられるものじゃなくて、

自分をもっと成長させる場所

なんだと思う。

この意識の差は、めちゃくちゃ大きい。

練習に取り組む時のポイント

自主練習でない限りは練習メニューがあると思うので、練習方法じゃなくて、

練習の中で何を意識すればいいかを考えてみる。

すると、大きく2つに分けられる。

・長所を伸ばすために⚪⚪を意識する

・短所を補うために⚪⚪を意識する

長所と短所という言葉が並ぶと、全く逆方向な感じもするけど、意識するポイントは同じ。

以下ポイントを挙げてみる。

・どうすれば、そのプレーが練習の中の現象で現れるのかを考える

・意識したいプレーを積極的に練習の中でチャレンジする。

・成功、失敗の原因を分析する。

・さらにチャレンジし、感覚に落とし込んだり修正したりする。

意識したいプレーを、練習の中で、

・PLAN(計画)

・DO(実行)

・CHECK(評価)

・ACTION(改善)

のサイクルで繰り返さないといけない。

目的を明確にした時に得られる効果

目的を明確にし、意識して練習に取り組む事によって以下の効果が考えられる。

・プレーの習熟速度が上がる

・プレーの良し悪しが明確になる

・プレーの決断が早くなる

・プレーの活かし方が分かる

・新たな課題を発見できる

受け身の姿勢でいては、曖昧になりがちな事が明確になる事によって、

プレーの効果は確実に上がる。

まとめ

練習が、与えられるものから、自分の成長にとって必要なものと意識できる事で、

様々な効果が出る事が分かっただろう。

そもそも論で言うと、そんなの当たり前だし、既に分かってる事と思うけど、

これがなかなかできていないのが現実である。

自分に甘いのか、明確な目標がないのか分からないが、

今一度、自分にとってサッカーをやる意味は何だろう?

と考える必要があるだろう。

成長の一番の近道は、

高い意識を持って練習する事をしっかり積み重ねる事である。

答えはシンプルだから、後は実行するのみだ。











クリックをお願いします!!

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村


少年サッカーランキング

関連記事



サッカーで子どもをぐんぐん伸ばす11の魔法

池上正 小学館 2008年01月28日
売り上げランキング :

by ヨメレバ

少年サッカーは9割親で決まる

島沢優子/池上正 カンゼン 2014年06月
売り上げランキング :

by ヨメレバ

はてブてシェアをお願いします!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

筑波大学体育専門学群卒業。大学4年次に【日本一】を経験する。卒業後、地元熊本に帰り、高校保健体育の教員として3年間教育現場に立つ。 その後、現在のソレッソ熊本で指導を始め、現在に至る。ソレッソ熊本で指導を始めておよそ10年間。 その中で培ってきた経験を、ブログという形で発信し、独自の視点で少年サッカーについての考えを述べていきたい。