失敗から学べてますか?サッカーに応用できる因数分解の考え方

失敗のしっかりとした分析が、次の成功に繋がる

今日の朝、Voicyっていうラジオを聞きながら試合会場へ向かってると、

因数分解というキーワードが出てきた。

ビジネスモデルの話で、

例えば、担々麺を因数分解すると、

麺、スープ、ゴマ転々・・・

に因数分解でき、

さらに、麺だったら、

絡みらすい、ストレート、ちぢれ・・・

と発想が広がり、新しい発見が浮かんでくる。

ある事を掘り下げるとき因数分解をしてみればいいよという話だった。

これ、サッカーの失敗における考え方に応用できるって思ったんで、因数分解をキーワードに書いていきたい。

失敗を因数分解してみる

このブログで何度も言ってるが、サッカーはミスが起こりやすいスポーツ。

それ故に、

失敗の後どう対処するか

が次の成長に向けて大事になってくる。

例えば、パスミスをしました。

これを因数分解してみよう。

・視野の確保ができてなかった。

・ファーストタッチが悪くパスのタイミングを逃した。

・パススピードが足りなかった。

理由は様々。

その状況によって、導き出される解も違ってくるだろう。

そして、それをさらに掘り下げる。

改善するには?って考えるといい。

視野の確保ができてなかったなら、

・身体の向きを考える。

・ボールを受ける前に首を振る。

これもまた、様々な解が導きだされるはずだ。

このように、失敗を因数分解しながら、失敗の原因を考え、改善策まで掘り下げる。

後は、トレーニングで意識するだけ。

このプロセスが、失敗した後の対処で必要になってくる。

同じ失敗を何度も繰り返す選手がいるが、おそらく失敗後の自己分析が足りないのだろう。

ミスがたくさん起こりやすいスポーツなのに、ミスを放置し続けると、なかなか成長には繋がらない。

よく、

「失敗を恐れずチャレンジしなさい」

と言うのだが、失敗の後の自己分析がなければ、

そのチャレンジ自体が意味を持たなくなってしまう。

チャレンジは、成長するために必要な事。

そのチャレンジが無駄にならないように、失敗後の自己分析を必ずするようにしなければいけない。

まとめ

ビジネスモデルの掘り下げ方とは、少し解釈が違うかもしれないが、

因数分解というキーワードをもとに、

失敗への対処法を考えてみた。

これは、プレーにおける失敗の切り取りだけでなく、サッカーの色んな場面に応用できると思う。

同じような負け方をするのは何故か?

というテーマで掘り下げてみたり、

公式戦で緊張するのは何故か?

をテーマに掘り下げてみたり。

結局、何が言いたいかというと、

ただプレーするだけで満足せず、しっかり頭も使いなさい

という事。

たまたまラジオで拾った事も、見方を変えればサッカーに応用できた。

何となく日常生活を送っていてはもったいない。

アンテナ張って、自分の成長に繋がる種を探し続けてみよう。

その作業は、きっと成功へと繋がるはずだ。











クリックをお願いします!!

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村


少年サッカーランキング

関連記事



サッカーで子どもをぐんぐん伸ばす11の魔法

池上正 小学館 2008年01月28日
売り上げランキング :

by ヨメレバ

少年サッカーは9割親で決まる

島沢優子/池上正 カンゼン 2014年06月
売り上げランキング :

by ヨメレバ

はてブてシェアをお願いします!!

1 個のコメント

  • Нi, Neat post. Tһere is aan issue wіth yοur weeb site in wweb
    explorer, could check tһiѕ? IE ѕtill iss tһe market chiief аnd
    а gooԀ part оf ᧐ther ppeople wil leave оut your
    fantastic writing because ߋf thiѕ problеm.

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUTこの記事をかいた人

    筑波大学体育専門学群卒業。大学4年次に【日本一】を経験する。卒業後、地元熊本に帰り、高校保健体育の教員として3年間教育現場に立つ。 その後、現在のソレッソ熊本で指導を始め、現在に至る。ソレッソ熊本で指導を始めておよそ10年間。 その中で培ってきた経験を、ブログという形で発信し、独自の視点で少年サッカーについての考えを述べていきたい。