100%の力を出しきる事の大切さ~たった1%の差が未来を変える~




自分自身に嘘をついていませんか?

サッカーは、紙一重の部分で勝負が決まるといっても過言ではない。

相手より少しでも速く。

相手より少しでも強く。

その少しの差で、自分達のボールになるか、相手チームのボールになるかが決まる場面がたくさんある。

また、得点シーンや失点シーンの場面でも、あと一歩の違いで、結果が変わる事もたくさんある。

その違いは、もしかしたら100%の力と99%の力の差くらいかもしれない。

だが、その1%への拘りがチームを勝利に導いたり、敗者へ変えたりする。

もちろん、その1%の拘りで評価される事も、評価されない事もある。

その差というのは、見ている者にとっては、

単純な能力の差

としてうつるかもしれない。

真実は、見ている者には分からず、分かるのは、事実だけだ。

その1%の差を知っているのは、自分自身だけである。

あなたは、自分自身に嘘をつかず、常に100%の力でプレーする事ができますか??

100%の力を出しきるとは?

とは言うものの、常に全力を出し続けるというのは、サッカーでは難しい。

たとえ、少年サッカーの場合でも、20分の前後半を常に全力で戦っていては、

体力はすぐに消耗してしまい、大事な場面で力を発揮する事ができなくなってしまう。

常にというのは、

然るべき場面で、100%の力を出しきるという事。

玉際の攻防。

スペースへの抜け出し。

最後の場面でのシュートブロック。

攻守の切り替え。

こういった場面で、100%の力を出しきる事が大切である。

玉際で相手に譲る。

スペースへのボールに追いつかないと諦めてしまう。

相手がシュートを打つ場面で、スベれるのにスベらない。

きついからと攻守の切り替えをさぼる。

出しきる事と、諦める事には、メンリティーの部分が大きく関わる。

そして、出しきる場面と、抜く場面をしっかり頭で考え、判断し、決断しなくてはいけない。

そういった意味では、100%出しきる事には、色んな要素が関係していて、

100%の力というのは、自分自身しか分からない。

例えば、前に走り込めるスペースがあったとする。

そこで走らなかったのは、

スペースを認識してないのかもしれないし、単純にきついからやめたのかもしれない。

理由を聞かれても、何とでも答える事ができる。

100%の力を知っているのは、自分自身だけである。

限界を越えろ!!

こうなると、懸念されるのが、

あれこれ考え過ぎて知らず知らずのうちに力をセーブしてしまう事。

判断しようとする事は大切だが、決断する事ができなくなってしまう。

そこで、自分に常に問い正して欲しい。

積極的に自分を追い込んでプレーできてますか?

まずは、

ピッチに立っている以上、自分を信じてプレーする事ができないといけない。

自分を信じれないと、迷いが生じ、判断と決断が鈍ってしまう。

そして、

誰よりも頑張る姿勢を持ってプレーし続けなくてはいけない。

そうすれば、きっと自分の限界を少しずつ越えていく事ができるだろう。

結局は、自分自身のサッカーに対する姿勢が大切という事である。

まとめ

サッカーをする上で、100%の力を出しきる事なんか当たり前の事だと思う。

このベースがなければ、いくら技術を身につけようが、理論を身につけようが、

自分の本当の力にはなってくれない。

必ず、大切な時にボロが出てしまう。

大事な場面でのミス。

大事な試合で力を発揮できない。

これは、自分自身に嘘をついた代償と言っても過言ではない。

逆に、

常に自分自身に嘘をつかず、100%出しきる姿勢を持ち続けていたら、

チャンスが転がりこんでくると思う。

こればっかしは、言葉であれこれ説明ができない。

たまたまかもしれないし、ただ記憶に残ってるだけかもしれないが、

大事な試合で結果を残せる選手というのは、

日頃から真剣にサッカーと向き合い100%の姿勢を貫ける選手だ。

もう一度聞く。

あなたは、自分自身に嘘をつかず、常に100%の力でプレーする事ができますか??

見ている人は騙せても、自分自身に嘘をつく事はできない。

たった1%の差で未来の姿が変わることを覚えておいて欲しい。

はてブてシェアをお願いします!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

筑波大学体育専門学群卒業。大学4年次に【日本一】を経験する。卒業後、地元熊本に帰り、高校保健体育の教員として3年間教育現場に立つ。 その後、現在のソレッソ熊本で指導を始め、現在に至る。ソレッソ熊本で指導を始めておよそ10年間。 その中で培ってきた経験を、ブログという形で発信し、独自の視点で少年サッカーについての考えを述べていきたい。