サッカーが上手くなるためのすごくシンプルな方法

近道なんてない!!

もっとドリブルで相手をかわしたい!

もっとパスを通せるようになりたい!

もっとヘディングができるようになりたい!

こう思っている君。

もうあなたは、サッカーが上手くなるための方法を知っています。

なぜって?

それは、自分というプレーヤーをしっかりと理解しているから。

上手くなるための一歩目は、

自分を理解する事

からはじまります。

おそらく~になりたい!

の~に入るのは、自分が今苦手にしている事、もしくは課題と思っている事でしょう。

もしくは、自分の特徴や武器と思ってる事かもしれません。

いずれにしても、

自分に必要だ!!

って思っているところに目が向いている。

これが一番大事なんです。

けど、大半の人はそこで終わってしまいます。

頭の中で、妄想を膨らませるだけ膨らませて、願望のまま終わってしまうパターン。

これでは、絶対に上手くなんてなれません。

では、どうしたらいいか??

答えはシンプル!

行動にうつしちゃえばいいんです。

行動にうつす時のポイント

では、どんな練習をすればいいか?

これが次にぶつかる壁だと思います。

今の世の中は、その気になれば、何でも知識を拾える時代になっています。

ユーチューブ、ブログ、サッカー専門サイト・・・。

無料で拾い放題。

例えばパスが上手くなりたかったら、

アシスト集の動画を見て、パスの練習動画を見て、自分のイメージと擦り合わせて、いざ行動(練習)。

はい、今大事な事を言いました!!

自分のイメージと擦り合わせてというのがポイント。

普通は見て、真似して、上手くなった気になって終わってしまいますが、

自分というフィルターを通してやるとより行動(練習)する事に意味付けができるでしょう。

意味付けができてくると、より成功の実感を持つ事ができます。

成功する実感を積み重ねると、より自信が芽生えてきます。

自信が芽生えてくると、よりたくさんの事にチャレンジしたくなります。

ただ単に行動(練習)するのではなく、しっかり自分の頭で考えて、行動(練習)できるといいですね。

気持ちの持ち方

サッカーはミスがよく起こるスポーツです。

足でボールを扱うんだから当たり前ですよね。

ミスしないようにしよう。

と思っても、なかなか完璧にプレーし続ける事はできません。

メッシでも、クリロナでもミスをする事があります。

それなのに、完璧を求めてプレーが消極的になってしまうとどうなるでしょう?

チャレンジする事を辞めてしまいます。

常にポジティブ思考で、ミスしても次チャレンジして成功すればいいや!

という気持ちでいる事が大切です。

気持ちが消極的な時と、積極的な時ではどっちがいいプレーができていますか?

きっと、積極的な時だと思います。

気持ちの持ち方次第で、チャレンジの回数が増えます。

チャレンジの回数が増えると、できる事が増えます。

失敗なんて怖くないと思ってチャレンジした方がいいですよね!

まとめ

サッカーが上手くなる方法は、実はみんな知っています。

上手くなるための特効薬がない事もおそらく知っているでしょう。

けど、それを行動にうつす事ができるのは、一握り。

そして、行動し続ける事ができるのはさらに一握り。

上手くなりたい!!

と思うだけではいけません。

その出発点からどうやって自分の思うゴールに向かって行くかが大切です。

サッカーは、知れば知るほど奥が深く、難しくなっていきます。

だけど、難しくなっても上手くなるためにやる事は、とてもシンプルなんです。

難しく考えれば考えるほど、上手くいかなくなる。

こんな経験は、サッカーに限らずあると思います。

深く考える事は必要ですが、複雑にする必要はありません。

できるだけシンプルに、そしてポジティブな気持ちを持ってに行動にうつす

きっと誰でも上手くなる可能性を秘めています。

成長への一番の近道は、シンプルに努力をし続ける事です。











クリックをお願いします!!

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村


少年サッカーランキング

関連記事



サッカーで子どもをぐんぐん伸ばす11の魔法

池上正 小学館 2008年01月28日
売り上げランキング :

by ヨメレバ

少年サッカーは9割親で決まる

島沢優子/池上正 カンゼン 2014年06月
売り上げランキング :

by ヨメレバ

はてブてシェアをお願いします!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

筑波大学体育専門学群卒業。大学4年次に【日本一】を経験する。卒業後、地元熊本に帰り、高校保健体育の教員として3年間教育現場に立つ。 その後、現在のソレッソ熊本で指導を始め、現在に至る。ソレッソ熊本で指導を始めておよそ10年間。 その中で培ってきた経験を、ブログという形で発信し、独自の視点で少年サッカーについての考えを述べていきたい。