サッカーにおける【駆け引き】が上達する方法




サッカーにおける【駆け引き】とは?

サッカーにおける【駆け引き】には、

・ボールを持っている状態

・ボールを持っていない状態

での【駆け引き】がある。

サッカーの楽しい部分は、相手と【駆け引き】しながら攻撃・守備をする事。

それは、個人戦術の部分もあるし、チーム戦術の部分もある。

今日は、サッカーが上達法するために、個人戦術の部分にフォーカスして、

【駆け引き】する時のポイントについて考えていきたい。

【駆け引き】ができる選手は、プレーに余裕があるし、見ている人をワクワクさせてくれる。

サッカーは、常に相手が存在するスポーツ。

【駆け引き】する事を覚え、よりサッカーを楽しく、そして上達するようになろう。

間合いを意識する。

相手と対峙した時、ドリブルする場面でも、守備をする場面でも、

必ず相手と自分とのあいだには、間合いというものが存在する。

自分にとっての間合いの感覚がない選手は、ドリブルで仕掛ける時によくぶつかったり、

守備をする場面では、簡単に相手にかわされたりする。

それは、

基準が自分の感覚のみ

になっているから。

自分の感覚でドリブルも守備もできる事は、大切だが、

相手との関係の中で、自分の感覚が生かされないといけない。

感覚というのは、対峙した時の間合いの感覚だと思う。

この感覚というのは、トレーニングする事で覚えていくしかなく、

適切な間合いはこれくらいだというものは、人それぞれになってくる。

ドリブルする際、スピードのある選手は、間合いがあった方がいいだろうし、

逆に、テクニックでドリブルを仕掛ける選手は、間合いが近い方がいい。

自分に有利な間合いを知る事で、【駆け引き】ができるようになる。

ボールを持っていない状態の時も同じ。

ボールを受ける時の相手との間合い(距離感)

インターセプトできる間合い(距離感)

自分がプレーしやすい間合いを知ろう。

スピードの緩急を意識する

いくらスピードがある選手でも、ずっと同じスピードで仕掛けてくる選手であれば、対応は簡単だ。

それは、次のプレーの予測がつくから。

つまり、【駆け引き】なしで、単純であるからだ。

スピードがない選手でも、緩急を意識しながら、相手との【駆け引き】ができる選手は、ドリブル突破をする事ができる。

ゆっくりから速く。

速くから突然ストップする。

など、スピードの緩急をつけてみよう。

ボールを受ける際も、止まってる状態からタイミングを見計らい動き出す事もスピードの変化。

タイミングさえよければ、なかなかDFは動き出しにはついていけない。

守備においても、わざとマークを外しておいて、ボールが入った瞬間に一気に寄せるなど。

【駆け引き】の中に、スピードの変化があれば、相手は戸惑うはずだ。

スピードの変化を意識し、プレーにメリハリををつけるだけで、相手との【駆け引き】が生まれる。

まとめ

サッカーの面白いところは、相手との【駆け引き】があるところだ。

【駆け引き】のない単純な勝負は、見ている人を退屈にさせる。

自分達の長所を生かし、相手の長所を消す事も【駆け引き】をする上では大切だ。

では、どうやったら【駆け引き】が上手くなるのか??

それは、毎日トレーニングの中で【駆け引き】する事を意識するしかない。

相手を騙す、相手の裏をかく事を楽しんでプレーしてみるといい。

【駆け引き】の楽しさを知ることで、プレーの幅は広がり、どんどん上達していく。

ボールを扱う技術も、ドリブルの技術も、ボールの受け方も、

【駆け引き】の中で、相手を意識しないとその能力が発揮される事はない。

【駆け引き】ないプレーは、自己満足で終わってしまう。

つまり、サッカーにおいては効果的ではないという事だ。

【駆け引き】上手な選手は、見ている人をワクワクさせる。

ぜひ、毎日のトレーニングの中でしっかり頭を使い、【駆け引き】上手な選手になって欲しい。











クリックをお願いします!!

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村


少年サッカーランキング

関連記事



サッカーで子どもをぐんぐん伸ばす11の魔法

池上正 小学館 2008年01月28日
売り上げランキング :

by ヨメレバ

少年サッカーは9割親で決まる

島沢優子/池上正 カンゼン 2014年06月
売り上げランキング :

by ヨメレバ

はてブてシェアをお願いします!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

筑波大学体育専門学群卒業。大学4年次に【日本一】を経験する。卒業後、地元熊本に帰り、高校保健体育の教員として3年間教育現場に立つ。 その後、現在のソレッソ熊本で指導を始め、現在に至る。ソレッソ熊本で指導を始めておよそ10年間。 その中で培ってきた経験を、ブログという形で発信し、独自の視点で少年サッカーについての考えを述べていきたい。