積極性と集中力と学んできた事の積み重ね




少年サッカーあるある。

質を求めると(意識すると)、量(運動量)が減る。

量(運動量)を求めると(意識すると)、質が低下する。

子どもって単純だから、1つの事に集中するのは得意だけど、

意識する事が増えると、集中力が分散されてしまう。

むしろ、集中力が次々に移動してしまう。

何であれ、何かを獲得しようとするならば、そこに意識をフォーカスしないといけないが、

せっかく学んだ事を忘れてはいけない。

積み重ねの中で、1つ1つ獲得していく作業が必要だ。

子どもは、学ぶ意欲がある

特に、好きな事であれば、好奇心旺盛で学ぶ意欲も高い。

大好きなサッカーであればなおさらだ。

だが、大事な事が1つある。

自ら積極的である事!!

この姿勢がなければ、せっかく意欲があっても獲得までに至るスピードは半減。

受け身の姿勢であれば、

ただただ、楽しいで終わってしまうおそれがある。

好きこそ物の上手なれ

なんだが、せっかくなら、そこに積極性というものを持って欲しい。

最初は飛びついてよし!

積極的にとにかくチャレンジする事。

だが、成長を望むのであれば、

積極性と集中力と学んできた事の積み重ね

を意識する必要がある。

ゲーム中に起こる現象

はじめにも書いたが、ゲーム中よく起こる現象として、

質と量(運動量)の関係

がある。

これは、頭の使い方が問題!!

質を意識するあまりに、頭で考えすぎになりすぎて、動く事を忘れ、

量(運動量)を求めるあまりに、がむしゃらになりすぎて、考える事を忘れてしまう。

本当に子ども達は単純だ。

良い選手というのは、

質も量(運動量)も伴った選手

だと思う。

ハードワークする事が当たり前になってきている中で、

上手いだけの選手では評価されないし、

がむしゃらに頑張るだけの選手も評価されない。

質、量(運動量)ともに高いレベル

を求める事が必要だ。

まとめ

いい選手になるためには、誰にも負けない武器を身につける事も必要である。

だが、育成年代において1つの事に集中しすぎると、

大切である「柔軟さ」を失うリスクがある。

子どもは好奇心旺盛だ。

それゆえ、たくさんの事にチャレンジさせながらも、

1つ1つ積み重ねている大切さも意識させなければいけない。

何でもできるベースができてからこそ、武器が光る。

ベースがない武器は、本当の意味での武器とは言えない。

ゲーム中によく起こる現象として、

質と量(運動量)の関係性

の中で、良い選手を考えてみたが、

一言で言うならば、良い選手とは、

何でもできる選手(笑)

時間もスペースもなくなってきている現代サッカーにおいて、

これはできます!

これとこれはできます!!

では、ゲームの中で柔軟に判断しプレーする事はできない。

育成年代と呼ばれるうちに、色んな事にチャレンジし、色んな事をしっかり吸収する事。

積極性と集中力と学んできた事をしっかり積み重ねる事で、柔軟性を身に付けて欲しい。











クリックをお願いします!!

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村


少年サッカーランキング

関連記事



サッカーで子どもをぐんぐん伸ばす11の魔法

池上正 小学館 2008年01月28日
売り上げランキング :

by ヨメレバ

少年サッカーは9割親で決まる

島沢優子/池上正 カンゼン 2014年06月
売り上げランキング :

by ヨメレバ

はてブてシェアをお願いします!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

筑波大学体育専門学群卒業。大学4年次に【日本一】を経験する。卒業後、地元熊本に帰り、高校保健体育の教員として3年間教育現場に立つ。 その後、現在のソレッソ熊本で指導を始め、現在に至る。ソレッソ熊本で指導を始めておよそ10年間。 その中で培ってきた経験を、ブログという形で発信し、独自の視点で少年サッカーについての考えを述べていきたい。