引き寄せの法則~目標設定とポジティブ思考~




明けましておめでとうございます。

今年も自分の人生を豊かにするためにサッカーを通して勉強しよう!!

さっそくだが、【引き寄せの法則】という言葉を聞いた事があるだろうか??

新年になり、初詣に行き、おみくじを引くと思う。

その時、「大吉」でろ!!

って強く願ったら「大吉」を本当に引いてしまう!!

まぁ~そんな感じで、

強く願い、ポジティブに物事を捉えることができれば運を引き寄せる

事ができるという法則。

新年迎えてすぐだし、今年はポジティブに、運を引き寄せられるように毎日を過ごしてみよう。

目標設定と思いの強さ

何で、この【引き寄せの法則】を書こうかと思ったかというと、

全少を振り返った時、この引き寄せの力というものを強く感じたからだ。

結果は、目標には届かなかったが、実力以上の力を大会中に感じていたのは確か。

何とも表現し難い、見えない力引き寄せたと感じている。

うちのチームの監督はこの大会に向けて強い「覚悟」があった。

もちろん、スタッフも「日本一」を獲ってやる!

という強い思いがあったた。

子ども達自身も、「日本一」を強く思い、保護者の方も「日本一」を本気で目指していた。

もし、この思い(目標設定)が、予選リーグ突破だったら、予選リーグで敗退してただろう。

もし、監督、スタッフ、子ども達、保護者の方々の気持ちが、大会途中で満足に変わってしまったら、その時点で負けてただろう。

何かあの時は、「日本一」を獲ってやる!!

っていう凄い空気が流れていた。

大会を勝ち進んでいくためには、絶対にも必要だ。

今回であれば、2位のワイルドカードで決勝トーナメントに進めた事。

しかもそれが1点の争いだった事。

フロンターレと逆山だった事。

このレベルになると、相手チームとの相性もある。

決して相性いいチームと戦ったわけじゃないが、

何となく勝ちを引き寄せる空気が流れていた。

目標設定が高いところにあった事と、関わる全ての人の思いの強さが

勝ちを引き寄せたんだと思う。

実力も必要

もちろん、運だけで勝てるんならこんな楽な事はない。

運を引き寄せるための、日頃の積み重ねと、実力が伴う必要がある。

コツコツ努力する事をやめてはいけない。

そして、みんなの思いが一致している事。

今日こんな事を書いたのも、実は、ここに繋げたかったからだ。

まとめ

【引き寄せの法則】は、個人の物の考え方に関するものだけではなく、

サッカーチーム、もしくは会社のような組織の中にも通ずる考え方だと思う。

どのクラブにも大なり小なり問題があると思うが、

何かを本気で目指す時、

同じベクトルを向いていないと勝ちを引き寄せる事はできない。

出れないからと不満を口にしたり、態度に出したりしては、勝ちは逃げていく。

全国大会に限らず、

実力あるチームが内部のゴタゴタで負けていく事はよくある。

自ら勝ちを手離しているようなものだ。

もったいない。。。

今年1年間、個人としてもチームとしても最高の結果を引き寄せられるように、

今日立てたであろう目標に、強い気持ちと、ポジティブな思考を持って過ごしてみよう。

きっと【引き寄せの法則】が働いてくれるはずだ。

はてブてシェアをお願いします!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

筑波大学体育専門学群卒業。大学4年次に【日本一】を経験する。卒業後、地元熊本に帰り、高校保健体育の教員として3年間教育現場に立つ。 その後、現在のソレッソ熊本で指導を始め、現在に至る。ソレッソ熊本で指導を始めておよそ10年間。 その中で培ってきた経験を、ブログという形で発信し、独自の視点で少年サッカーについての考えを述べていきたい。