移籍論争に見える大人のエゴ




少年サッカーを大きく分けてみると、

1~3年生までをキッズ

4~6年生までをジュニア

という風に分けられる。

キッズを一度区切りに、

サッカーを辞めてしまう子。

他チームに移籍する子。

他チームから移籍してくる子。

キッズからジュニアへ移行するこの一区切りは、クラブ経営において重要な時期になる。

子ども達や、保護者の方にとっても重要な分岐点になるだろう。

うちの子はサッカーが向いてないんじゃないだろうか?

このレベルにはついていけないなぁ~。

もっと高いレベルでやりたい!!

色んな事を考慮しながら4年生以降の進路を決定すると思う。

もちろんここで一区切りがあるものの、ジュニア年代になっても同じ悩みは続いていく。

ジュニア以降になると、いわゆる公式戦と呼ばれるものが始まる。

そう、本格的なサッカーの幕開け!!

それに対応するかのように、キッズの時は目立たないようなクラブ間の移籍について、

移籍論争が勃発していく。

移籍への考え方

移籍容認派、移籍否定派。

どちらもいると思う。

自分は、昔は移籍否定派(笑)

今まで育ててきたのに。。。

チーム愛が足りないな~。

どのクラブに行っても同じだよ!!

言ってみれば、心の狭い指導者だった。

もちろん、その子の事を考えて残った方が賢明だよ!って思った事もあったが、

基本的には、

移籍=ダメな事!!

と決めつけていた。

今は、少し心に余裕が出てきたのか、移籍していく子に若干の寂しさを感じるものの、

移籍容認派。

少しでもネガティブな気持ちがありながら、自チームでやるのなら、

他のチームに目を向けてみてもいいのかなと思う。

クラブの数は増え続けている。

部活動と違い、クラブには経営というものがぶら下がっている。

各クラブ生き残るために、特徴を打ち出す事により、

子ども達にとっては、選択の幅が広がっている。

子ども達の将来を本気で考えているなら、選択を制限する理由はない。

もちろん、相談されたら自分の正直な意見は伝えるつもりだが。

どういう気持ちで移籍を考えているのか??

これをしっかり子ども達自身が考えれてるかが重要である。

小学校も高学年になるくらいには、きちんと自分の意見くらいは持っているはず。

もし、明確な理由がなければ、移籍はしない方がいい。

同じ事を繰り返すリスクがあるからだ。

また、まさかないとは思うが、、、

親のエゴで移籍させる。

これは絶対にいけない。

例えば、その子がめちゃくちゃ上手くて、もっと高いレベルでやらせた方がいい

と思ってもだ。

子ども自身が、今いるクラブで仲間と楽しくやれているなら、

例え上手くて、高いレベルでやらせたいと思っても移籍はするべきではない。

逆に、今のレベルではとてもそのクラブでは無理だよと親が思っても、

子ども自身が、チャレンジしたいという気持ちがあれば、移籍させてあげるべきだ。

まとめ

移籍論争が起こる理由は、

大人の事情があるからに他ならない。

これは何とも悲しいが、事実である事に間違いない。

結局は、多少の差はクラブによってあるものの(環境差)、上手くなるならないを決定づけるのは、

子ども達自身の意識

だと思う。

常に向上心を持ち続け、夢を追いかけていれば、夢に近づくし、

不満を持って毎日を過ごしていれば、いくら環境が良くてもその子の将来は、明るいものにはなっていかない。

どのクラブも指導者も、子ども達の将来を預かってる以上

責任もって一生懸命やってると思う(じゃなかったら、今すぐ移籍すべき!!)

移籍と言うから聞こえが悪いものの、

子どもにとって必要な選択

と考える事ができれば、答えは容認するしかないだろう。

子ども達は意外と賢い。

時に、自分の意見を隠す術も持っている。(顔色を伺って)

子ども達の本心を引き出し、最善の選択を子ども達自身でさせる。

これが徹底できれば、妙な移籍論争は起こらないだろう。

子ども達の将来が輝くためには、大人が子どもになってはいけない。。。











クリックをお願いします!!

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村


少年サッカーランキング

関連記事



サッカーで子どもをぐんぐん伸ばす11の魔法

池上正 小学館 2008年01月28日
売り上げランキング :

by ヨメレバ

少年サッカーは9割親で決まる

島沢優子/池上正 カンゼン 2014年06月
売り上げランキング :

by ヨメレバ

はてブてシェアをお願いします!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

筑波大学体育専門学群卒業。大学4年次に【日本一】を経験する。卒業後、地元熊本に帰り、高校保健体育の教員として3年間教育現場に立つ。 その後、現在のソレッソ熊本で指導を始め、現在に至る。ソレッソ熊本で指導を始めておよそ10年間。 その中で培ってきた経験を、ブログという形で発信し、独自の視点で少年サッカーについての考えを述べていきたい。