全日決勝戦を観戦して




全日決勝は、

川崎フロンターレ対大阪市ジュネッス

個人的には川崎フロンターレとやった実感があるのでフロンターレ有利と見ていた。

川崎フロンターレは、うちとやった時と同じ

システムは、3-2-2。

対するジュネッスは、

2-3-2が攻撃時のベース。

守備時には、4バック気味で、2トップの1人が守備に落ちる4-2-1のシステム

それを、子ども達がボール状況を判断しながらポディションをとってた。

試合内容

フロンターレの印象として、グループでパスを回しながら崩していくのかと思ってたが、うちとやった時と同じように、

個の能力を活かしながら攻撃をする。

というやり方だった。

中央に170センチを越える5番の選手。

左サイドバックに個で打開できる7番の選手を配置。

この二人を中心に攻撃を仕掛けていた。

ジュネッスは、

システムをうまく変化させながら、チームで細かくパスを回し攻撃を仕掛ける。

その中心にいるのが、小さな10番の選手。

そして、ドリブルで仕掛けれるし、ボールも収まるし、まさにストライカータイプの9番の選手が攻撃の中心。

展開的には、ジュネッスがボールを握りながらフロンターレがカウンター気味に対抗する構図に見えた。

どちらも特徴がはっきりしていて、その質も高く、

観ている方は、お互いどう打開するのかが楽しみになるような展開だった。

得点経過

前半は、どっちもゴールを割る事ができず、0対0で折り返す。

後半。

1点が勝負を決めるかと思われたが、

フロンターレの7番の選手が上手く抜け出しシュート。

こぼれ玉を5番の選手が押し込み先制。

すると、ジュネッスはさらにシステムを変更。

3-2-2に変え攻撃を仕掛ける。

そして、やっと追い付く。

9番の選手が前を向きいいタイミングでスルーパス。

難しい角度だったが、左サイドの選手が落ち着いて右隅にボールを流し込んだ。

振り出しに戻り、ジュネッスはまたシステムを元にもどす。

すると、今度は、ジュネッスがショートカウンター気味で右サイドを抜け出し、センターリング。

9番の選手が流し込み勝ち越しに成功した。

残り時間も気になるところ。

このまま終わるのかと思われたが、

すぐに7番の選手の強烈ミドルがネットを揺らす。

同点!!

最後まで、展開は変わらず、PKで川崎フロンターレが優勝した。

判断力の重要さ

両チームとも特徴は違うものの、ゲームの流れを判断しながらプレーできる力がある。

フロンターレにおいては、攻撃へのスイッチの切り替え。

ジュネッスにおいては、ポディションを変えれるという柔軟さ。

個々の「判断力」がなければ、成立しない。

スタンドから見ていても、それぞれのポディションが大きくズレる事なく、リスク管理もしっかりしていた。

もちろん、ゲームを監督もコントロールしているが、全てをコントロールはできない。

そうなると、個々で積み重ねられた判断力が重要になる。

日頃から判断あるトレーニングをしている証拠だろう。

ボールを扱う技術にも目を見張るものがあったが、「判断力」の素晴らしさに目を奪われた。

個対グループの構図は、育成論の中で幾度となく交わされる。

だが、答えがあるとしたらどっちも大切という事だろう。

それぞれに判断があり、プレーしていれば、子ども達の成長につながるように思う。

ミスしたらトライ。

この順序のなかに、振り返りがあれば、個人の能力に応じて自ずと答えが見つかっていくはずだ。

大切なのは、指導者が判断を奪ってはいけない事。

楽しく伸び伸びと、ミスも認める我慢強さも必要だ。

決勝戦を総括すると、見応えのある質の高いゲームだった事に間違いはない。

俺らもこの舞台で戦いたかったな。。。

やはり、そう思ってしまう決勝戦だった。











クリックをお願いします!!

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村


少年サッカーランキング

関連記事



これを観たらサッカーの概念が変わる!

はてブてシェアをお願いします!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

筑波大学体育専門学群卒業。大学4年次に【日本一】を経験する。卒業後、地元熊本に帰り、高校保健体育の教員として3年間教育現場に立つ。 その後、現在のソレッソ熊本で指導を始め、現在に至る。ソレッソ熊本で指導を始めておよそ10年間。 その中で培ってきた経験を、ブログという形で発信し、独自の視点で少年サッカーについての考えを述べていきたい。