積み重ねた経験と思考の足跡~インテリジェンスさを発揮するには~




手の内を知り尽くした相手との勝負は難しい。

選手の特徴から、チーム戦術(戦い方)までバレバレ。

力が拮抗してなければバレバレでも大丈夫なものの、力が拮抗してると、あれこれ考えるより、

どう力を発揮させるか?

に注力しなければいけなくなる。

ある意味ゲームとしては面白くない。

策を打とうにもバレバレなら、意味ないし、それなら打ち合った方が面白い。

でも、それだけじゃないんだよ!!

だが、ゲームに勝つにはそれを打開しなくてはいけない。

相手の裏をかくために偶然狙い(笑)?

そんな、単純な話でサッカーは片付かない。

特に、レベルが上がれば上がるほどね。

なら、どうする??

個のインテリジェンスにかけるしかない。

そのインテリジェンスは、どうやって磨かれるのか??

ズバリ、、、

蓄積された経験+思考の足跡をつけていく事。

これしかない!!

経験ばっかり積んでも、適当に試合していては、何も身に付かない。

遠征に行って、みんなと楽しんで、頑張った気になって終わり。

遠征費のムダ!!

だが、そこに考える事が加わると、それはしっかり思考の足跡となって脳に刻まれる。

すると、自分のプレーの引き出しが増え、インテリジェンスを発揮するのである。

もう1つ大切な事

思考の足跡をつけるもう1つの方法。

それは、

ピッチ外で学ぶ事。

要は、脳ミソを使いなさいって事だ。

映像を見てもいいし、本を読んでもいい。

個人的には、本をお薦めするけど。。。

本を読むと、想像力が掻き立てられ、イメージが広がる。

しかも、サッカーの本だけじゃなく、色んな本をね。

サッカーバカにならないし、物の見方が増えることが、サッカーの上達にも必ずつながるはずだから。

サッカーはチームスポーツだけど、結局のところゲームを決定づけるのは個の力。

手の内がバレてようが、想像を越えるような事をやらないといけない。

それが、本物の力なんだと思う。

今日、全日本U-12サッカー選手権大会でベスト8進出を決めた。

相手は、サガン鳥栖。

手の内が全てバレてる相手。

しょっちゅう練習試合やってるから(笑)

難しいゲームだったが、それぞれの個が輝いてくれた。

前のゲームは何だったんだっていうくらい(笑)

明日は、今日以上に化けてくれる事を期待している。

相手は江南南。

相手に不足なし!!











クリックをお願いします!!

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村


少年サッカーランキング

関連記事



サッカーで子どもをぐんぐん伸ばす11の魔法

池上正 小学館 2008年01月28日
売り上げランキング :

by ヨメレバ

少年サッカーは9割親で決まる

島沢優子/池上正 カンゼン 2014年06月
売り上げランキング :

by ヨメレバ

はてブてシェアをお願いします!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

筑波大学体育専門学群卒業。大学4年次に【日本一】を経験する。卒業後、地元熊本に帰り、高校保健体育の教員として3年間教育現場に立つ。 その後、現在のソレッソ熊本で指導を始め、現在に至る。ソレッソ熊本で指導を始めておよそ10年間。 その中で培ってきた経験を、ブログという形で発信し、独自の視点で少年サッカーについての考えを述べていきたい。