勝利至上主義論に見えるギャップ




昨日・今日と明後日から開幕するU-12全日本少年サッカー選手権大会の事前合宿で宮崎でトレーニングマッチをやっている。

関東・関西を勝ち抜いたチームとの最終調整。

最終調整なんだが、調整と言えないくらいの激しさがある。

この時期になると、

「勝利至上主義」になるのような、

大会に対して否定的な論調が聞かれるようになるが、

自分は、この大会は絶対に必要だと思っている。

この大会に出た上で語るのなら、議論の余地があるが、

もし、経験なくして「否定」する指導者がいるとするなら、

それは耳に入らず素通りしてしまう。

今日いた指導者達は皆、「日本一」を目指している。

そんな大人の「本気」に子ども達は、「夢を持つ事」の大切さを学ぶ。

「勝利至上主義」なんて言葉は、勝手に言葉が独り歩きしたようなもの。

勝ちを目指して何が悪い?

「日本一」目指すのなら、勝つことだけ考えてては到底無理。

子ども達をしっかり育成がする勝つことに繋がる。

それは、ピッチレベルとピッチ外のレベルでの育成。

「勝利至上主義」と否定する論調と現場で見る「日本一」を目指す子ども達・指導者の姿に大きなギャップを感じる。

「本気」の勝負が子ども達を研ぎ澄ます

お互いの意地と意地がぶつかり合う。

そんな試合は、子ども達の感覚をより一層研ぎ澄ましていく。

何とかゴールをこじ開けよう

何としてもゴールを守るんだ

そんな執念は、キャパを越えたものを発揮させようとする。

つき動かしてるのは、「勝利」の二文字。

そんな勝負を否定される中で育つ子が、素晴らしい選手に育つ??

疑問だ。

「日本一」を目指せる大会があっていい。

目指す中で、研ぎ澄まされる経験が、大人が予想しないくらいの成長を促してくれるはずだ。

理想論じゃ片付けられない可能性の塊が、この大会にはある。

まとめ

自分自身、こんなブログを書き続けてるくらいだから、あれこれ理想論を語る事は好き。

だが、そんな理想論が跳ね返されるのを期待してるのも事実。

明後日から始まる「日本一」をかけた戦い。

「意地」と「プライド」をかけた中で、子ども達がどう化けるのかが楽しみで仕方ない。

目標があるから強くなれる。

夢があるから成長できる。

ただ単に上手くなりたいでは足りない。

「勝利」を目指していいじゃないか。

「勝ちへの執着」は、時に子ども達を想像以上に成長させてくれると信じている。

理想論じゃ語れない「育成の芯」がこの大会にはある気がしてならない。











クリックをお願いします!!

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村


少年サッカーランキング

関連記事



これを観たらサッカーの概念が変わる!

はてブてシェアをお願いします!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

筑波大学体育専門学群卒業。大学4年次に【日本一】を経験する。卒業後、地元熊本に帰り、高校保健体育の教員として3年間教育現場に立つ。 その後、現在のソレッソ熊本で指導を始め、現在に至る。ソレッソ熊本で指導を始めておよそ10年間。 その中で培ってきた経験を、ブログという形で発信し、独自の視点で少年サッカーについての考えを述べていきたい。