サッカー脳を強化する~脳はワクワクが大好き~

明日から大体の子ども達が冬休み。

長期とまではいかないが、

休みが長くなるとクラブチームは遠征が入る。

これまでの取り組みを集中して試す場だ。

一皮むけて新年を迎えるか?

何となく遠征に行って、何も得ぬまま新年を迎えるか?

自分達の意識次第だ。

さて、学校では今日通知表をもらったはず。

サッカーの取り組みだけでなく、学校生活をきちんと送れてるかな??

学校生活とサッカーの取り組みはリンクしていると思う。

だが、通知表となると・・・。

経験上、

学業の成績=サッカーの理解度が高いとならないのが面白い。

サッカー脳というものがあるのかもしれない。。。

サッカー脳を育てるためには?

まずは、

サッカーが好きである事

というのが重要である。

サッカーが好きであれば、日常の中に、サッカーの事が勝手に意識される。

Jリーグや海外の試合が気になり、テレビやYouTubeを見る。

コンディションを気にして、食事に気を付ける。

ストレッチを欠かさなくなる。

自主練をする。

など、生活の中の優先順位にサッカーの事が入ってくるはずだ。

好きこそものの上手なれ

とは、こういう事を言うんだと思う。

次に大切なのが、

イメージを膨らます事

サッカー脳を強化するには、脳の中にサッカーのイメージを入れてあげる事が大切だ。

練習を振り返って、課題を整理する。

イメージトレーニングをする。

練習中であれば、テーマを意識しながらトレーニングに取り組む

など、イメージする事で、プレー空間が広がっていく。

以前、脳科学者の茂木先生の本を読んだ事がある。

そこには、脳はワクワクが大好きと書いてあった。

サッカーの事を考えるとワクワクするようであれば、

サッカー脳が強化されてるという事だろう。

決して学業を疎かにしても良いという訳ではない

だったら、四六時中サッカーの事だけ考えとけばいいや!!

とはいかない。

勉強をする事で、論理的思考力は高まり、結果的にサッカーの上達に繋がっていく。

最初に、

学業の成績=サッカーの理解度が高いとならないのが面白い。

と書いたが、少なからず

勉強を疎かにしている子

よりは、

勉強もしっかりやれる子

の方がサッカーの理解度は高くなると思う。

学業の成績=サッカーの理解度が高い

とならないのは、おそらく、

サッカーに対する興味が薄い

サッカーに対する真剣度が足りない

だから、脳がワクワクする事なくサッカー脳が強化されない。

という事だろう。

まさしく、好きこそものの上手なれだと思う。

まとめ

サッカー脳を鍛える事は重要である。

身体能力・技術が多少劣っていても、

戦術理解力とクリエイティブさ(創造力)

でカバーできる。

むしろ、重宝されるかもしれない。

よく、賢い選手と表現する事があるが、

賢い選手=サッカー脳が優れている

という事だろう。

サッカー脳は鍛える事ができるはずだ。

冬休みの宿題もあるだろうが、遠征ではサッカーにしっかり集中し、

年末・年始はボーッと過ごす事なく、一年間のサッカーを振り返ってみてはどうだろう??

脳をワクワクさせて新年始めの練習を迎えられたら最高だ。

※参考記事

脳をフル活用する事のすすめ~「言語化」と「論理的思考」~











クリックをお願いします!!

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村


少年サッカーランキング

関連記事



サッカーで子どもをぐんぐん伸ばす11の魔法

池上正 小学館 2008年01月28日
売り上げランキング :

by ヨメレバ

少年サッカーは9割親で決まる

島沢優子/池上正 カンゼン 2014年06月
売り上げランキング :

by ヨメレバ

はてブてシェアをお願いします!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

筑波大学体育専門学群卒業。大学4年次に【日本一】を経験する。卒業後、地元熊本に帰り、高校保健体育の教員として3年間教育現場に立つ。 その後、現在のソレッソ熊本で指導を始め、現在に至る。ソレッソ熊本で指導を始めておよそ10年間。 その中で培ってきた経験を、ブログという形で発信し、独自の視点で少年サッカーについての考えを述べていきたい。