スペインと日本におけるドリブルに対する考え方の違い~戦術的思考の必要性~




速くはできるが、遅くが苦手。

少年サッカーの特徴の一つだと思う。

特にドリブルの使い分けができない子が多い。

スペインでは、ドリブルという表現はなく、

コンドゥクシオン=運ぶ

レガテ=抜く

が日本で認識されているドリブルを表現する言葉だという。

さらに、この2つの言葉は、

・目の前に人がいない状況

・目の前に人がいる状況

で使い分けられるべきと認識されている。

サッカーを戦術的に捉えようとするスペインならではの考え方だと思う。

ドリブル=足元の技術と捉える

認識不足であればごめんなさい。。。

少年サッカー現場において、ドリブルを趣向するチームは、この考えがベースになっているのではないかと感じる。

ドリル練習を繰り返し、ひたすら1対1を繰り返し・・・。

ドリル練習を繰り返すことで、ボールは足元から離れづらくなる。

ある程度スピードに乗った状態でも自在にボールを操れるようになる。

1対1を繰り返すことで、1対1の場面では、なかなかボールが取られなくなるようになる。

観ている者は、それを華麗と思い、個の能力が高いと捉える。

育成段階において、「技術の獲得」は、大事なファクターの1つだ。

だから、ドリル練習も、1対1も必要。否定する事はない。

自主練するなら、有用な手段だと思う。

特定の事を繰り返すと、それ自体は強化されるが、同時に、柔軟さを失っていっていることを知っておかなければいけない。

つまり、、、

いつ?どこで?どういうドリブルをするのか?

という思考の柔軟さ、戦術的視点がなくなってしまう。

ドリブルに戦術的視点を

そう考えると、スペインで表現される

コンドゥクシオンレガテという考え方がしっくりきてしまう。

速くはできるが、遅くは苦手を解決するために必要な考え方になると思う。

少年サッカーと言えど、戦術抜きにサッカーは語れない。

育成年代と言えど、戦術的視点は子ども達の将来にとって必要。

状況に応じてドリブルを使い分けできる事が必要だ。

ドリブルは、相手ゴールを割るための1つの手段として捉えるべきだろう。

ドリブルする事自体が目的になってはいけない。

※参考記事

手段の目的化に対する懸念

まとめ

子ども達が、ドリブルの大切さを理解するには、

ドリブルを手段の1つという事を伝えないといけない。

また、ドリブルミスに対して、

なぜそのドリブルがいけなかったのか?

他の選択肢はなかったのか?

を考えさせる機会を与えないといけない。

子ども達も、単にドリブルだけを切り取って成功・失敗に一喜一憂(自己満足)する事なく、

味方・敵との関りの中でサッカーが成立しているのを知っておかなくてはいけない。

だとしたら、戦術論は必ず必要だ。

良い選手とは?の定義を考えてみよう。

また、それを考える際には、一つの事(例えばドリブルが上手い)に特化することなく、

色んな角度からサッカーを捉え、定義づける事をおすすめする。

その方が、きっとその子の可能性は広がるだろう。

はてブてシェアをお願いします!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

筑波大学体育専門学群卒業。大学4年次に【日本一】を経験する。卒業後、地元熊本に帰り、高校保健体育の教員として3年間教育現場に立つ。 その後、現在のソレッソ熊本で指導を始め、現在に至る。ソレッソ熊本で指導を始めておよそ10年間。 その中で培ってきた経験を、ブログという形で発信し、独自の視点で少年サッカーについての考えを述べていきたい。