サッカーにおけるハードワークの意味を考える




ゲーム中にハードワークを求める。

単純に走れた方が、攻撃においても守備においても数的優位を作れるからだ。

しかし、ただ単に走り回れとは言わない。

よく誤解されがちなのは、

ハードワーク=とにかく走る

という事。

サッカーは、状況判断を伴うスポーツ。

いつ、どのように相手より走るのか?

が重要になってくる。

ハードワークとは?

以前、サッカーにおける走りの中身について書いた事がある。

※参考記事

マインドセットの重要性~単調に「走る」練習の中で思う事~

その中でも、いつスプリントできるかが重要だと思っている。

・数的優位を作る時

・チャンス、ピンチの時

・攻守の切り替えの時

・相手を抜き去る、ボールを奪いに行く時

等々。。。

サッカーにおいて、スプリントを要する場面はたくさんあり、

そこで相手より走れるかが重要だ。

そう考えると、ただ単に走るだけでは、大事な場面でスプリントができない。

結果的にハードワークが、ただのがむしゃらになってしまい、

走る事が効果的ではなくなってしまう。

ハードワーク=効果的にスプリントをする事

と考えたい。

ハードワークするのに必要な事

最低限必要になるのは、持久力。

持久力がなければ、スプリントを繰り返す事はできない。

そのうえで、必要な事は、

いかに、力を抜く場面を作れるか?

ハードワークという言葉と矛盾するようだが、

この考え方が必要になってくると思う。

適切にポディションを取れていれば、その分スプリントする回数も減るだろうし、

スプリントする距離も減る。

かつて、日本代表の監督だったオシムさんは、

「考えて走る」事が大切と言っていた。

「考えて走る」事は、「効果的に走る事」=「ハードワークする事」

と理解している。

これは、日頃のトレーニングから、考えてプレーする事を意識しないとできない。

力を抜く場面を作る事を意識するならば、

なぜ、無駄に走らないといけなかったのか?

を自己分析してみると良い。

そうする事で、ハードワークの本質が分かってくると思う。

まとめ

走る事の重要さは、サッカーにおいて語られる事が多いが、

子ども達に走る事を要求する時は、

いつ?どういう走りが必要なのか?

を理解させないといけない。

無駄な動きをなくすことが、プレーに余裕を生み、適切な判断と、技術(質)の低下を防ぐ事につながると思う。

子ども達自身も走る事にネガティブなイメージを抱くことなく、

考えて走る事を、サッカーにおいて重要な技術の一つとして捉えて欲しい。

どんな場面でも顔を出せる選手が増えれば、攻撃においても守備においても優位な状況を作れるはずだ。

ハードワーク=とにかく走る

という間違った理解は、非効率的なプレーを招いてしまう。。。

 

はてブてシェアをお願いします!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

筑波大学体育専門学群卒業。大学4年次に【日本一】を経験する。卒業後、地元熊本に帰り、高校保健体育の教員として3年間教育現場に立つ。 その後、現在のソレッソ熊本で指導を始め、現在に至る。ソレッソ熊本で指導を始めておよそ10年間。 その中で培ってきた経験を、ブログという形で発信し、独自の視点で少年サッカーについての考えを述べていきたい。