成長するための気づきを得るために~「素直さ」「謙虚さ」「柔軟さ」の必要性~




今日のトレーニングの中で、変化が見られた子がいた。

指導者として、この瞬間がたまらなく嬉しい。

できた事は、すごく当たり前の事で、

「それなら、最初からやれよ!!」という話にもなるが、

何度言っても変化しなかった子が、吹っ切れたかのよう頑張る姿を見て、

これからひと伸びするだろうなと感じた。

自分自身で気づく事の大切さ

その子は元々攻撃が大好きな選手。

おそらく自信を持っているんだろう。

ボールを持たせたら、思わず「上手い!!」と言わせるようなプレーをする。

だが、守備ができない。

正確には、やってるつもりなんだろうが、明らかにボールを持っている時と気持ちの入り方に違いが見える。

何度も何度も指摘してもずっと変わらない。

それが、今日は違った。

息を切らしながら、必死にボールを追いかける。

何がきっかけかは正直分からない。

言ってることは、いつもと同じだったはずなのに、急にスイッチが入ったみたいだ。

今日に限って、気分が良かったのか?

今日に限って、言われる事が悔しかったのか?

いずれにせよ、自分自身で何かに気づき、自分なりにスイッチを入れたはずだ。

もしかしたら、やればできるって感じたのかもしれない。

そんな姿を見ると、褒めたくなる。

「やればできるだろっっ!!」って

きっかけに気づくために

今日のこの子の変化を見て、結局は、自分自身で気づかないといけないと改めて感じた。

いくら指摘されようが、本人が聞く耳持たずだったら、指摘した言葉は素通りしてしまう。

それを、気づかせるのが指導者の力量なのかもしれないが、

受け取る側にも必要なものがあると思う。

それは、「素直さ」と「謙虚さ」だろう。

指摘されるのが大好きな子はいないはず。

だが、指摘される事で自分がもっと成長できると思える「素直さ」と「謙虚さ」があれば、言葉が素通りする事はない。

それは、全てを聞き入れなさいとは少し違う。

しっかり耳を傾け、受け入れた後、自分の頭で自分に必要かどうか考えなさいという事だ。

指導者の言葉だけではなく、変わるきっかけは、日常にいつも転がっている。

「素直さ」と「謙虚さ」があれば、それに気づけるはずだ。

まとめ

子ども達は、いつも成長したいと願っているはず。

だが、まだまだ心が成熟してない分、頑固な部分も多々ある。

「素直であれ」

「謙虚であれ」

と言っても、気づかないのかもしれない。

そこは、指導者として何とか気づかさせてあげないといけない部分。

子ども達には、ぜひ「素直さ」「謙虚さ」に加えて「柔軟さ」を持って欲しいと思っている。

僕は、このポデイションしかできません。

僕は、攻撃しかできません。

では、色んな事に気づく機会すら失ってしまう。

「柔軟さ」を持ってサッカーに取り組む事も、自分が変わるきっかけになるはずだ。

「素直」で、「謙虚」で、「柔軟」であれば、日々のトレーニングがもっと自分自身を成長させてくれるだろう。

そこから、自分自身で気づきを得て努力する事ができれば、さらに成長できると思う。











クリックをお願いします!!

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村


少年サッカーランキング

関連記事



サッカーで子どもをぐんぐん伸ばす11の魔法

池上正 小学館 2008年01月28日
売り上げランキング :

by ヨメレバ

少年サッカーは9割親で決まる

島沢優子/池上正 カンゼン 2014年06月
売り上げランキング :

by ヨメレバ

はてブてシェアをお願いします!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

筑波大学体育専門学群卒業。大学4年次に【日本一】を経験する。卒業後、地元熊本に帰り、高校保健体育の教員として3年間教育現場に立つ。 その後、現在のソレッソ熊本で指導を始め、現在に至る。ソレッソ熊本で指導を始めておよそ10年間。 その中で培ってきた経験を、ブログという形で発信し、独自の視点で少年サッカーについての考えを述べていきたい。