想定外を想定内にする方法~技術・予測・経験値~




想定外がたくさん起こるのがサッカーの面白いところの一つ。

普段歩くことくらいにしか使わない足でボールを扱わなければいけないから、当然ミスがつきものになる。

ルーズボールという言葉がある。

ルーズボールとは、誰のコントロール下にも入っていないボールの事。

そこで、球際のバトルがある。

ボールは、どっちに渡るか分からない。

もしくは、どっか予想もしない所に転がっていく。

まさに、想定外。

次々に変わる状況、しかも想定内で全てが進まない。

想定外の事に対応できる技術の高さと、予測、それを支えるための経験値が必要だ。

想定内のプレーをするために

自分の思った場所にボールを置ける事(ファーストタッチ)

自分の思ったところにボールを蹴れる事(キックの質・パスの質)

自分の思ったようにボールを運べる事(ドリブルの質)

この3つの技術が高ければ、最低限、自分のコントロール下にある時は、ある程度想定内のプレーができる。

ある程度と述べたのは、それでもミスが起こるのがサッカーだからだ。

そして、相手がいる事を忘れてはいけない。

相手が見えてなければ、いくらコントロール・キック・ドリブルの質が高くても、

無用の長物にしかならない。

相手がいる中で、技術を発揮する事が必要だ。

加えて、プレッシャーがかかる、かからないで技術の質は変化する。

どんなプレッシャーの中でも、技術を発揮できなければいけない。

そう考えると、想定内でプレーが進むことは難しい。

想定外のプレーとは

一つは、今述べたように、想定内でプレーしようとして、できなかったプレー。

自分のイメージした通りにならないんだから、想定外なのは当たり前。

そして、冒頭で述べたルーズボール。

もしくは、相手のコントロール下にボールがある状況で、予測とズレたプレーをされた時。

これらは、ボールを中心に考えた時の想定外である。

技術的に起こる想定外とも言える。

これに加え、

状況(戦況)に視点を移した時に考えられる想定外がある。

・逃げ切れると思った時の失点。

・交代直後の失点。

・開始早々のビハインド

この種の想定外は、ゲームプランを変えてしまう。

いわゆる戦術的に起こる想定外だ。

素晴らしいプレーが連続されるのもサッカーの面白さの一つだが、

想定外が起こるところにも、観る人は面白さを感じる。

まとめ

プレーする選手は、想定外が起こる事を準備しておかなくてはいけない。

それは、技術をつける事もそうだし、常に状況判断できるように周りを観ておく事もそう。

いい準備をする事が、想定外を想定内に近づける唯一の方法だ。

その上で、予測というものが必要になってくる。

また、想定外の事が起こると、メンタル的に崩れるような選手は、シミュレーションをしておかなくてはいけない。

いわゆるイメージトレーニング。

一番は、経験則の中であらゆる状況のストックができていて、頭と体が反応してくれることだが、

それだけでは、十分な対応はできない。

色んな経験の中からイメージをどんどん膨らませていく事も必要である。

うちのチームでは、基本技術の徹底に加え、様々な経験を子ども達にさせるよう意識している。

子ども達の経験値が増え想定外に対しての良い準備ができるようになるためだ。

技術的にも戦術的にも、子ども達が身をもって体感した経験値こそが、

想定外を想定内に近づけてくれる良い準備につながると思っている。











クリックをお願いします!!

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村


少年サッカーランキング

関連記事



サッカーで子どもをぐんぐん伸ばす11の魔法

池上正 小学館 2008年01月28日
売り上げランキング :

by ヨメレバ

少年サッカーは9割親で決まる

島沢優子/池上正 カンゼン 2014年06月
売り上げランキング :

by ヨメレバ

はてブてシェアをお願いします!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

筑波大学体育専門学群卒業。大学4年次に【日本一】を経験する。卒業後、地元熊本に帰り、高校保健体育の教員として3年間教育現場に立つ。 その後、現在のソレッソ熊本で指導を始め、現在に至る。ソレッソ熊本で指導を始めておよそ10年間。 その中で培ってきた経験を、ブログという形で発信し、独自の視点で少年サッカーについての考えを述べていきたい。