マインドセットの重要性~単調に「走る」練習の中で思う事~




雨が降っていてグラウンドが使用できない。

子ども達のコンディションをなるべく落とさないために、

「走る」トレーニングを行う。

よくある事だと思う。

普段の練習で、ただ単に「走らせる」事はないが、たまに「走り」だけのトレーニングをやると、

色んなものが見えて面白い。

走りとプレーの相関関係

サッカーの試合中、実際にプレーしている状態というのは、全体の2/3程度だという。

そのうち、約70%は、ウォーキングまたはジョギングなどの有酸素運動。

残り30%は、スプリントや連続した動きで、

その30%のうちの9割30メートル以下

さらにその5割10メートル以内。

というのが、サッカーのゲームの中身と考えられている。

これは、90分のゲームにおけるプレーの分析だから、

少年サッカーの場合は、もっとプレーの中での「走り」の比重は大きいはず。

という事は、サッカーにおいて「走れる」というのは、大切な能力になってくる。

当然、

「走れる」=「プレーパフォーマンスが高い」

という相関関係が生まれてくる。

単調に「走る」事に意味を持てるか?

これってすごく大事。

もちろん、「走り」にも種類があるし、発達段階に応じて、

「走るトレーニング」を効果的に行わなければならないが、日常の練習で時間をとるとなると難しい。

どうしても、雨を利用するしかない。

そこで見えてくるもの。

自分のために自分を追い込めるか?

走ることが得意な子、苦手な子がいるのは分かるが、コーチの目は節穴ではない(笑)

頑張ってる、頑張ってないくらいはすぐに見て分かる。

これにも、面白い相関関係があって、

頑張れる子は、ゲーム中も頑張れる。

頑張れない子は、ゲーム中も大事なところで頑張れない。

つまり、単調な練習にこそ、その子の性格の根っこの部分が見えてくるものだ。

「走る」能力が高くて、頑張れるメンタリティーがあるのは、それだけで武器

技術レベルが同等なら、間違いなく、

走れて、頑張れる子をゲームでも使いたくなる。

まとめ

「走り」と聞くだけで、思考にブロックがかかり、

嫌という感情が沸く子がほとんどだろう。

だが、サッカーにおいて「走り」の重要性を理解してみるとどうだろう?

また、

「精神的にも強くなれる」

と思って、走ってみたらどうだろう?

マインドセットをし直すだけで、単調に「走る」だけでも、

自分のために必要な練習と思えてくる。

楽な方か?キツいが自分のためになる方か?

選ぶのは自分次第。

サボりたければサボればいい。

ただ、全ては自分のパフォーマンスに返ってくる事を忘れてはいけない。











クリックをお願いします!!

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村


少年サッカーランキング

関連記事



サッカーで子どもをぐんぐん伸ばす11の魔法

池上正 小学館 2008年01月28日
売り上げランキング :

by ヨメレバ

少年サッカーは9割親で決まる

島沢優子/池上正 カンゼン 2014年06月
売り上げランキング :

by ヨメレバ

はてブてシェアをお願いします!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

筑波大学体育専門学群卒業。大学4年次に【日本一】を経験する。卒業後、地元熊本に帰り、高校保健体育の教員として3年間教育現場に立つ。 その後、現在のソレッソ熊本で指導を始め、現在に至る。ソレッソ熊本で指導を始めておよそ10年間。 その中で培ってきた経験を、ブログという形で発信し、独自の視点で少年サッカーについての考えを述べていきたい。