個とチームが成長するために~コミュニケーション能力の必要性~




子ども達の性格は、十人十色。

自分を表現することが得意な子もいれば、苦手な子もいる。

競技スポーツにおいては、気が強く勝気な子が目立つし、自分を表現することが得意な傾向があるが、

心の奥底に闘志をメラメラ燃やし、堂々とプレーできる子もいる。

ソレッソの指導方針の中に、

「子どもの心に火をつける」

というキーワードがある。

子ども達も、一人の人間。

その子の性格をよく分かってないと、全ての子ども達に同じアプローチをしていては、全員の心に火をつけることができない。

DISC(行動特性によるタイプ分け)

職場の研修で、DISC理論というものを学んだ。

人を行動特性によりタイプ分けすると、いずれかに当てはまり、それぞれで考え方や受け捉え方が違う。

タイプによって接し方を変えると関係性がスムーズにいきますよという理論だ。

子ども達を指導する際、まずは関係作りから始めると思う。

関係作りをし、お互い信頼関係が築けていないと、言葉もうまく耳に入っていかない。

それぞれの性格を理解し、接し方を変える事は自然とやっている事だとは思うが、

改めて、指導者と子ども達の間で交わされるコミュニケーションの重要性を感じる事ができる。

また、子ども達同士でも、お互いの性格を知る事によって、よりチームワークはより密になってくると思う。

まずは、自己分析してみては??

チームという組織を強化する事の重要性

サッカーは、チームスポーツ。

いくら素晴らしい個が集まろうが、それぞれがわがままで自己中心的な考え・プレーをしていては、チームは強くならない。

個を理解し、まとめるのが指導者の役割であるが、

チームとしてのを作っていくための、子ども達自身のコミュニケーション能力も

チームを強くする上では大切である。

卒業論文で、「組織の規模をめぐる問題が部員の意識構造に及ぼす影響」について研究した。

組織の規模がいくら大きくなっても、

・明確な目標がある事

・我々意識がある事

は、強いモチベーションを維持してくれる。

つまり、子ども達に「このチームが好き」という思いがなければ、チームなんて強くはならない。

チームが好きになるには、チームがそれぞれの子ども達にとって「居場所」にならなくてはいけない。

指導者と子ども達。

子ども達同士で、良好な人間関係を築いていく事が大切だ。

個が伸びれば、チームは強くなる。

チームが強くなれば、個も成長する。

まとめ

「子どもの心に火をつける」をキーワードに、それぞれの個を理解し、

「チーム愛」を育てていく事が大切だ。

子ども達には、サッカーを通してコミュニケーションスキルを学び、

社会に出ても立派な人間と評価されるような大人に育ってほしい。











クリックをお願いします!!

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村


少年サッカーランキング

関連記事



サッカーで子どもをぐんぐん伸ばす11の魔法

池上正 小学館 2008年01月28日
売り上げランキング :

by ヨメレバ

少年サッカーは9割親で決まる

島沢優子/池上正 カンゼン 2014年06月
売り上げランキング :

by ヨメレバ

はてブてシェアをお願いします!!

2 件のコメント

  • チームに所属し、積極的に関与するだけの「何か」がないといけない。
    組織の規模に甘えず、visionを共有しなくてはならない。
    ここにいるという誇りが持てないといけない。
    多様な価値を持つ子どもたち相互も、理解し合いながら、指導者も、一緒になって価値を「共創」しないといけない。
    好循環の時も、悪循環の時も。
    そういう感じでしょうか。
    きっと、こうした環境の中で、チームの一員として参加した経験が、後々の社会活動に繋がるんでしょうね。「個」も「和」も両方必要。
    昨日の「夢は自分を強くする」のお話にも、自分の理解に触れられていました。
    夢がはっきりすれば、自分をしっかり見直して、日々、そこに向かうための準備をする事ができると。オリンピアンは、そういう部分に関して、一番諦めの悪い人種なのだとか。
    引き続き、お付き合いいただければと思います。m(_ _)m

    • VCおせわがかりさん
      初コメントです(笑)。ありがとうございます。
      まさに、コメントをいただいた通りです!!
      この記事に書いてはいませんが、価値を「共創」するために、うちのチームでは、「競争」と「共奏」がキーワードとしてある気がします。同じベクトルを向いて進むには「言葉の力」が必要で、その言葉をコミュニケーションの中で上手く伝えられるように意識しているところです。初コメント嬉しかったです(笑)いいネタが浮かんできました。今後とも、当ブログをよろしくお願いします!!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUTこの記事をかいた人

    筑波大学体育専門学群卒業。大学4年次に【日本一】を経験する。卒業後、地元熊本に帰り、高校保健体育の教員として3年間教育現場に立つ。 その後、現在のソレッソ熊本で指導を始め、現在に至る。ソレッソ熊本で指導を始めておよそ10年間。 その中で培ってきた経験を、ブログという形で発信し、独自の視点で少年サッカーについての考えを述べていきたい。