サッカーが上手くなるための大切なスキル~思考の整理とコミュニケーション能力~




コーチの言ってることが分からない。

だから、上手くプレーで表現できない。

ここで問題になるのは、

・コーチが上手く伝えることができてないのか?

・子ども達が理解する事ができてないのか?

よく見る光景は、

「何で分からないんだよ!!」

とコーチが頭を抱える姿。

恥ずかしい事に、自分にも思い当たる節がある。。。

だが、子ども達も「分かりません」の一言はない。

まずは、良好な関係を築く事が必要だろう。

自分の意見を持つ

プレーについて、意見を求める事がある。

大体の子どもは、答える事が苦手。

おそらく、感覚的には分かっていても、上手く言葉で表現する事ができないんだろう。

それ以前に、なぜ?の答えが出ないのなら、考える習慣をつけないといけないのだが。。。

言葉で表現する事は、大切な作業。

言葉に変えることで、より思考は整理される。

そして、何より、言葉に出す事=コミュニケーションを取る事に繋がり、より信頼関係が築ける。

指導の経験上、気が強い選手ほど自分の意見をしっかり持っていて、コミュニケーションを取ることができる傾向があるのだが、

そこに、性格は関係ないと思っている。

自分の意見を伝える事ができるのも、サッカーにおいて必要な技術だ。

ピッチ上の問題を誰が解決するのか?

もちろん、コーチもコーチングしながらピッチ上の問題を解決する努力をする。

だが、やっている選手と見ているコーチとの間に感覚のズレが生じる事もある。

また、声が届かない事もある。

特に公式戦なんかは、気分の高揚と、応援の声などで、声はきちんと選手に届かない。

ピッチ上の問題は、ピッチにいる選手同士で解決しないといけない場面は山ほどある。

そこで、それぞれがコミュニケーションを取れるかどうか?

良い選手、強いチームになるには、コミュニケーションを取れる事が、必須の条件になるだろう。

その出発点は、自分の意見が言える事

そのためには、日頃から、思考の整理をする事が大切だ。

思考の整理をするために

分からない事を分からないままにしておかない。

分からない事があれば、コーチに聞く事ができなければいけない。

それを、自分の頭で考え直す事で、思考の整理ができる。

また、サッカーノートをつける事を習慣にしてもいい。

中村俊輔オリジナルサッカーノート3冊セット ([バラエティ]) [ 中村俊輔 ]

価格:648円
(2018/12/9 01:43時点)
感想(53件)

自分の思った事を書くことで、思考は整理されるはずだ。

ここまでできたら、最終段階。

後は、自分から積極的にコミュニケーションを取れるようにならないといけない。

苦手でも、自分の意見を言う事にチャレンジする事が大切だ。

コーチにだって分からない事はたくさんある。

指導者と選手。

選手同士。

この間でかわされるコミュニケーションが活発なほど、指導者も子ども達も成長し、チームは強くなっていくと思う。

同じベクトルを持って成長していける。

自分の意見を言える事、コミュニケーションを取れる事をサッカーが上手くなるための大切なスキルである。

ぜひ磨いていって欲しい!!











クリックをお願いします!!

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村


少年サッカーランキング

関連記事



サッカーで子どもをぐんぐん伸ばす11の魔法

池上正 小学館 2008年01月28日
売り上げランキング :

by ヨメレバ

少年サッカーは9割親で決まる

島沢優子/池上正 カンゼン 2014年06月
売り上げランキング :

by ヨメレバ

はてブてシェアをお願いします!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

筑波大学体育専門学群卒業。大学4年次に【日本一】を経験する。卒業後、地元熊本に帰り、高校保健体育の教員として3年間教育現場に立つ。 その後、現在のソレッソ熊本で指導を始め、現在に至る。ソレッソ熊本で指導を始めておよそ10年間。 その中で培ってきた経験を、ブログという形で発信し、独自の視点で少年サッカーについての考えを述べていきたい。