子ども達の判断を奪わないために~ロングボールを許容する態度を持とう~




自分がサッカーを始めたのは、小学校4年生。

実は、それまではプロ野球選手になることが夢で、よく父とキャッチボールをしていた。

4年生になり、部活動に入ろうとしたが野球部がなく、仕方なくサッカー部に入ったんだが、それから「ボールを蹴る事」に夢中になり、それからサッカーにのめり込んだ。

昼休みも友達とボールを蹴るようになり、休みの日もサッカーをして遊ぶ。

だんだんボールを遠くに蹴ることができるようになってきた。

今の子ども達は、自分なんかよりずっと早くサッカーを始めている。

当時の自分と比べると、比べ物にならないくらいテクニックはあるし、ボールも蹴ることができる。

だが、ボールを蹴る事に関しては、もっとできないといけないと思っている。

サッカーにおけるロングボールの重要性

サッカーにおいて、キックは大切な技術の1つである。

狙った場所へ正確にパスできると、自分のプレーの幅も広がる。

だが、ゲーム中に気になるのは、パスミスが多いという事。

特に、ロングボールに関しては、そもそも遠くにボールを蹴れないし、キックの種類も少ないような気がする。

それでも、自分と比べると数倍キックの質は高いんだが・・・。

ロングボールが何故か「いけない事」と勘違いされているような育成現場。

敵の背後に大きなスペースがあるなら、走り込む味方に対しロングボールを蹴る事は良い選択になる。

逆サイドにフリーの味方がいるなら、鋭いロングボールで大きなサイドチェンジができれば、状況を変える事ができる。

小さいときは、とにかくドリブルができる事。

小さいときは、ゲームの組み立て方を学ぶために短いパスを多用する事。

こんな考えが、「ロングボールを蹴る事」を躊躇させているんじゃないだろうか。

もちろん、ドリブルの技術を磨くことも、短いパスを繋いでいく事も大切。

だが、「ロングボールを蹴る事」「いけない事」として捉えてしまうと、選択肢は減っていき、ボールを蹴れない子ども達が増えていく。

ロングボールを蹴るときの条件

そう言いながらも、指導中よく「蹴るな~~~!!!」と言う事がある。

それは、ロングボールを蹴るときの条件を満たしていない時。

あまりにもロングボールに頼ってしまい、「何でもかんでも蹴ってしまえ」になると、ドリブルの技術は身につかないし、判断することもなくなってしまう。

まさに、さっき述べたのとは逆の現象。

ドリブルが足につかない、判断ができない選手が増えていくのは、それこそ大問題である。

なので、ロングボールを蹴る際は、しっかり条件を確認したほうがいい。

・しっかり味方がロングボールを受ける準備ができているかどうか?

→動き出しがある。フリーの状態でいる等

・しっかりロングボールを蹴れる状態に自分がなっているかどうか?

→無理な態勢じゃないか。しっかり蹴れる場所にボールが置けているか等。

・しっかり判断した上で、ロングボールを選択したかどうか?

→いくつかの選択肢の中で選択したか。しっかり見て判断したか等

この3つの条件が揃っていれば、ロングボールを蹴ってもいいし、蹴るべきだと思っている。

そしたら、「蹴るな~~~!!!」なんて言わない。

まとめ

サッカーの醍醐味は色々あるが、「観ている人をハッと驚かすようなプレーも」サッカーの醍醐味の1つである。

物凄いロングパスを通す小学生を見ると、思わず「スゲー」という言葉が出てしまう。

色んな種類のボールを蹴り分ける小学生を見ると、思わず「スゲー」という言葉が出てしまう。

だが、そんなプレーを見る事は少ない。

もちろん、「ロングボールを蹴る」ためには、身体的な能力(体格)も関わってくると思うが、育成現場において「ロングボールを許容する態度」も必要じゃないかと思う。

キックで沸かせるような選手がもっと育ってもいい気がするが・・・。

サッカーは、判断のスポーツである。

色んな考えがあっていいと思うが、「ロングボールをいけない事」と捉える事が、「子ども達の判断を奪わない事」にならない事を願う。

はてブてシェアをお願いします!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

筑波大学体育専門学群卒業。大学4年次に【日本一】を経験する。卒業後、地元熊本に帰り、高校保健体育の教員として3年間教育現場に立つ。 その後、現在のソレッソ熊本で指導を始め、現在に至る。ソレッソ熊本で指導を始めておよそ10年間。 その中で培ってきた経験を、ブログという形で発信し、独自の視点で少年サッカーについての考えを述べていきたい。