サッカーにおける癖の解釈とその改善方法について




子ども達のサッカーを指導していると、

「それさっき言ったばっかしなのに、また同じミスじゃん!!」

と気になるプレーを繰り返し、指摘する事が多々ある。

いわゆるプレーのというやつ。

癖と言うのは、

人が無意識のうちに、あるいは特に意識することなく行う習慣的な行動。手足や体の動かし方、話し方などで同様な状況のもとで常に自動的に繰り返される傾向。(ウィキペディアより)

と解釈される。

良い習慣であるならばそのままにしておくが、ミスの原因がこのにあるならば、しっかり指摘し、直してあげないといけない。

今日は、プレーにおける癖の解釈とその改善方法について書いてみようと思う。

プレーの癖とは??

例えば、右からきたボールは右足で止める。

左からきたボールは左足で止める。

のように、全てのプレーを利き足のみでプレーしようとする癖。(子ども達のプレーの癖で一番多いと思う。)

利き足だから、無意識レベルで止めようとすることは、当たり前と言えば当たり前。

また、ミスが起こらないように、止めやすい足で止めるというのは、適切と言えば適切。

だが、攻撃報方向の対して適切な視野を確保するためには、

ボールがきた方向より遠い足でボールを止める事は、基本のはずだ。

さらに、ある特定の場面になった時に同じプレーを繰り返してしてしまう癖もある。

ワンツーしようとして味方が走ったらDFの動きがどうであれ、パスを出してしまう。

味方がスルーパスを受けようとして走り出したら、必ずスルーパスを狙ってしまう。

こういったプレーにおける癖には、いくつかの解釈の仕方がある。

プレーにおける癖の解釈

まずは、初めの利き足で止めてしまうような癖。

これは、技術的なミスと解釈することができる。

そして、次の、ある特定の場面になった時同じプレーを繰り返す癖。

これは、判断のミスと解釈することができる。

サッカーにおいて、技術的なミス・判断ミスは必ず起こるものである。

ただ、それが本人の癖によるミスであれば、その癖を改善してあげればミスの確率は減っていく。

プレーにおける癖の改善方法

技術的なミスによる癖の場合は、そのほとんどは、意識しながら反復する事で改善されることが多い。

技術の習得段階には、

1.知らない(そのミスがなぜなのかが分からない)

2.知っているができない(意識をするが、技術が足りない)

3.意識すればできる(プレッシャーがないなど、余裕がある時には意識してできる)

4.意識しなくてもできる

という4段階がある。

この4段階を経て、改善していかなければいけない。

同じように、判断ミスによる癖においても、段階としては、技術の習得と同じように癖を改善していく必要がある。

ここで厄介なのは、判断ミスは、単純に反復すればいいというものではないという事だ。

サッカーは、状況が刻一刻と変わっていくスポーツ。

ある特定の状況が、全く同じ場面(ボールを受ける位置・味方の状況・相手の状況)として現れる事はない。

自身の見方・考え方の癖から改善していく必要がある。

そのためには、

・正しいサッカーに対する理解(原理・原則、プレーの優先順位の理解)

・相手をしっかり見る事

・頭の中のイメージの書き換え

が必要だ。

まとめ

今日は、サッカーにおける癖の解釈とその改善方法について考えてみた。

サッカーは、ボールを扱う技術とともに判断力を上げる事が大切である。

普段何となくプレーしていると、この2つの改善は難しい。

少年サッカーにおいて、よくあるのは、体格・身体能力の優位さによってこの2つを補おうとする事。

また、それを、プレーが成功したらその結果だけを見てよしとするところ。

体格・身体能力は大人になるにつれて優位さがなくなっていく。

大切なのは、技術と判断力にフォーカスしてトレーニングをしていく事だ。

普段のトレーニングの中で、意識しながらプレーし、自分のミスをしっかりフィードバックしていく良い習慣を身につける事が、子ども達には必要だと思う。

図解 うまくなる技術 行動科学を使った自己成長の教科書 [ 石田 淳 ]

価格:1,512円
(2018/12/2 01:36時点)
感想(0件)

はてブてシェアをお願いします!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

筑波大学体育専門学群卒業。大学4年次に【日本一】を経験する。卒業後、地元熊本に帰り、高校保健体育の教員として3年間教育現場に立つ。 その後、現在のソレッソ熊本で指導を始め、現在に至る。ソレッソ熊本で指導を始めておよそ10年間。 その中で培ってきた経験を、ブログという形で発信し、独自の視点で少年サッカーについての考えを述べていきたい。