少年サッカー この時期あるある進路問題




もう時期的に中学校での進路を選ぶ段階。

ジュニアユースがあるクラブでサッカーをしてた子は、

・エスカレーターで上がる

・別のクラブでやる

・部活でやる

・違う競技にうつる

・サッカーをやめる

こんな選択肢がある。

ジュニアユースが上にないクラブの子は、

エスカレーターで上がる以外の選択肢。

中学生になると、学業との両立がありどの選択肢を選べばいいか迷うところだろう。

本人の意志が一番大切だが、情報を与えてあげるのは、指導者と親の役目。

子ども達が、現時点で考えられるベストな選択をできるようアドバイスしたい。

選択肢の判断基準は何か??

送迎・月謝・練習時間・場所・コーチ・レギュラーになれるかどうか?

色んな判断基準があるだろうが、結局、一番の悩みになってくるのは、学業との両立だろう。

子ども達の本分は学生だ。当然、そうあるべきとも思う。

物理的に無理なものはしょうがないものを除き、

自分の将来から逆算して(せめて高校まで)、進路を選択をしなければいけない。

6年生ともなると、意外と自分の事は判断できると思う。

今の時代、情報を拾おうと思えば、いくらでも拾えるし、色んな人とも繋がれるだろうから。

もしかしたら、子ども達の方が、情報をもってる事だってありえる。

本人の意志と、親の思いのすり合わせが大切かな。

でも、結局は・・・

進んだ先で、どれだけ目標をぶらさずに自己管理できるかどうかだと思う。

中学生になって親の言うことなんか聞かない。

指導者も親も導きはするだろうが、あとは、本人次第だ。

そこでラインを越えてしまったら、しっかり話し合えばいい。

そして、また選択。

指導者にも親にもおんぶに抱っこじゃ~つまらん!!

自分で未来を切り開けるように、最良の選択ができる事を願う。

自分自身で納得しなきゃサッカーも学業も中途半端になってしまう。

これだけは、自信持って言えるかな!!

指導者も親も、自分で出した結論を否定することはない。

「覚悟」を決めてくれたのなら、背中を押してやるだけだ。











クリックをお願いします!!

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村


少年サッカーランキング

関連記事



これを観たらサッカーの概念が変わる!

はてブてシェアをお願いします!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

筑波大学体育専門学群卒業。大学4年次に【日本一】を経験する。卒業後、地元熊本に帰り、高校保健体育の教員として3年間教育現場に立つ。 その後、現在のソレッソ熊本で指導を始め、現在に至る。ソレッソ熊本で指導を始めておよそ10年間。 その中で培ってきた経験を、ブログという形で発信し、独自の視点で少年サッカーについての考えを述べていきたい。