全少予選準決勝で得た学び~個対組織の構図の先にあるもの~




6年生達が目標にしていた全国大会出場まであと2つ。

最終日の1試合目は、準決勝第2試合目。

アップを横目に、準決勝第1試合目を見ていると予想通り、難しいゲーム。

スコアは4対1で終わったものの、それぞれの時間帯があり、ゴールを効率よく奪ったUKI-C FCが勝利した。

ここまでくると、勝負は何が起こるか分からない。

そして、いよいよ準決勝。

対WINGS戦がキックオフ。

ゲーム展開について

相手のシステムは、2バック。アンカー気味に1枚。その前に3枚でワントップ。

事前に見てた通りの布陣。

ポディションのバランスをしっかり取りながら、丁寧にパスを繋ぎ攻撃を仕掛けてくる。

試合前のミーティング、アップでは、守備の確認をした。

対するうちは、3-2-2のシステム。

ゲーム序盤。

相手のトップ下の選手の位置どりが、思ったより高く、整理するのに苦労する。

それにより、うちの中盤2枚は後ろに重くなり、ボールの奪い所が整理できない。

攻撃に移ろうにも、重たくなった中盤と全線との距離が出てしまい、攻撃も淡白になってしまう。

何度か迎えるピンチが、失点を予感させるも、何とか序盤を乗り切る。

ここで、監督がシステムを整理。

相手のトップ下の選手を整理するために、中盤の1枚をアンカー気味に、もう1枚の中盤を前気味に出し、相手のアンカー気味の選手の整理と、攻撃の軸を作る。

均衡が破れたのは、そのすぐ後。

劣勢だったが、個の打開から先制。

その後は、ある程度ゲームコントロールしながら進める事ができた。

結果、3対0の勝利。



このゲームから得た学びとは??

ミーティング・アップで準備したにも関わらず、ゲームの入りで戸惑ってしまった。

結局は、

蓋を開けてみなければ分からないし、選手が柔軟性を持っていなければ、ゲームには勝てない。

という事だろう。

また、このゲームには、

個対組織の構図があった。

この構図の中で、ゲームを決めたのは何だったのか??

それは、チームの色ではなく、個の判断力

だったように思う。

個対組織。

どちらが良いかの優劣はつけられない。

そこに、サッカーの面白さと、答え探しの楽しさがある。

サッカーに答えはない。

と度々言ってるが、勝ったから正解。負けたから不正解の世界じゃないのが、育成年代の難しさ。

難しいからこそ、うちはその答えの1つに「勝利」という解を持っている。

この準決勝を経て、また子ども達は、少し成長してくれたと思う。

「勝利」という解の中には、「経験を得る」というプレゼントがついてくる。

あと1つで、全国大会出場。

相手チームのサッカーからうちが学ぶべき事もたくさんあった。

相手チームに感謝!!

次は、決勝戦について書こうと思う。

お楽しみに!!











クリックをお願いします!!

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村


少年サッカーランキング

関連記事



サッカーで子どもをぐんぐん伸ばす11の魔法

池上正 小学館 2008年01月28日
売り上げランキング :

by ヨメレバ

少年サッカーは9割親で決まる

島沢優子/池上正 カンゼン 2014年06月
売り上げランキング :

by ヨメレバ

はてブてシェアをお願いします!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

筑波大学体育専門学群卒業。大学4年次に【日本一】を経験する。卒業後、地元熊本に帰り、高校保健体育の教員として3年間教育現場に立つ。 その後、現在のソレッソ熊本で指導を始め、現在に至る。ソレッソ熊本で指導を始めておよそ10年間。 その中で培ってきた経験を、ブログという形で発信し、独自の視点で少年サッカーについての考えを述べていきたい。