本物の技術とは?~技術の捉え方と身につける方法~




さて、リニューアル一発目。

今日の出来が今後のアクセスを占う(笑)

な~んてねっ!!

肩肘張らず、しっかり自分が思った事、経験の中で感じている事を文字に起こしてみよう。

そのリニューアル一発目を飾るのは、、、

本物の技術とは??

これに決まり!!

ソレッソの練習の中で、スタッフの中でも共通の認識があるのは、この部分。

技術の本質について、書いてみようと思う。

そもそも、技術とは??

まずは、本物の技術を語る前に、サッカーにおける一般的な技術の解釈について。

サッカーにおける技術とは?
・ボールを飛ばす技術(キック・ヘディング・スローインなど)

・ボールを止める技術(ファーストタッチ)

・ボールを運ぶ技術(突破のドリブル、キープのドリブル)

・ボールを奪う技術(敵から奪う、こぼれ玉を拾う)

・状況に応じたプレーを選択できる技術(判断)

これくらいかな。

また、サッカーにおける技術を心理学的な観点で見た場合、技術は、

オープンスキルクローズドスキル

に分けられる。

では、サッカーにおける、オープンスキルとクローズドスキルを分けてみましょう!!

オープンスキル
刻々と変化する状況の中での技術(流れの中でのプレー)
クローズドスキル
比較的安定した状況での技術(ゴールキック、コーナーキック、フリーキック、ペナルティーキック)

サッカーの技術とは、このように分けられると思う。

では、本題。。。

 本物の技術とは??

本物の技術とは何か??を考えるときに一番大切なのは、

どんな状況でも、技術を発揮できる。

これが、全てだと思う。

サッカーは、相手がいるスポーツで、相手によって、または、ボールが移動する事によって、刻々と状況が変わるスポーツ。

それが、厳しければ厳しいほど、プレーの精度に差が出てしまう。

よくある話で、公式戦の時など、次の試合のために、相手チームを分析するが、

「めちゃくちゃ上手い!!」と思ってたチームが、やってみると案外何ともなかったというケースは多々ある。

その逆も然り。

「大したことないじゃん!!」と思ってたチームがめちゃくちゃ上手く、コテンパンにやられるケースだって多々ある。

つまり、相手によって(相手のプレッシャーの強さによって)技術は大きく左右される。

では、本物の技術を身につけるにはどうしたらいいか?

本物の技術を身につける方法

これは、、、

日常で、できるだけ厳しい状況(環境)を作り出す

これができるかどうかが大切だと思う。

日常が緩いと、いざプレッシャーが強い相手と試合をした時に、技術を発揮することができない。

「そんな技術偽物だ~~!!」

って言いたくなる。

てゆーか、言ってるかな(笑)

だから、常に日常の練習では、プレッシャーがある状況を意識して作り出すようにしている。

それは、オーガナイズの部分で工夫することもあるが、一番は、

子ども達を本気にさせる事

これが大事!!

子ども達が本気になり、日常が変わると技術の定着のスピードは格段に上がる。

よく、技術を身につけるために、わざとプレッシャーが緩い状況を作り出し、プレーがしやすいようにする事を大切にするという考え方も聞くが、

それよりは、本気になった子ども達が、上手くいかない事で試行錯誤し、自分の頭で考え出し、自分なりの答えを見つけていくほうが、技術は身につきやすいと思う。

イメージとしては、

与えられた技術より、自分の力で獲得した技術

という感じかな。

また、トレーニングマッチの相手によって、厳しい環境を子ども達に与える事も大切。

先日、サガン鳥栖とトレーニングマッチをやったが、お互い「意地」と「プライド」のぶつかり合い。

激しい球際はもちろんの事、ゴール前の攻防は、見ごたえあるものだった。

ゲームが終わった後の子ども達は疲弊していたが、それ以上に、充実感がある目をしている。

そんな質の試合を日常(週末)に作って上げれるかどうかも、本物の技術を身につけるのには大切だと思う。

まだまだ、本物の技術について書きたいことはあるが、今日はこの辺で・・・。

という事でまとめると、、、

ソレッソの日常は、激しい

目の色が変わるくらい本気が大事ってことさっっ!!

ちなみに、、、

あと一つ大事だと思ってることは、

「特化しない事」

これについては、また機会があったら書くことにします。

乞うご期待を!!

全部で2400文字程度。

所要時間1時間程度。

ちなみに、現在の時刻は深夜1時。。。

俺もブログの更新本気で頑張ろっかな!!

ぜひ、これからも覗いてみてくださ~い!!

はてブてシェアをお願いします!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

筑波大学体育専門学群卒業。大学4年次に【日本一】を経験する。卒業後、地元熊本に帰り、高校保健体育の教員として3年間教育現場に立つ。 その後、現在のソレッソ熊本で指導を始め、現在に至る。ソレッソ熊本で指導を始めておよそ10年間。 その中で培ってきた経験を、ブログという形で発信し、独自の視点で少年サッカーについての考えを述べていきたい。